【レポート】

肉が主役のラーメン! 茨城「豚斬りらーめん」は肉をまとった"塔盛り"だった

 

まずはその名前にびっくりするはず。「豚斬りらーめん」と書いて「ぶったぎりらーめん」と読む。看板には期待を裏切らない盛りっぷりのラーメンの写真が、そして、「ガッツリ系」と書かれたのぼりがひらめいている。デカ盛りを愛する全国の猛者たちよ、この看板の下に来たれいっ!

武士のシルエットが描かれた「豚斬りらーめん」の看板。看板にど~んとデザインされた肉の塔が、文字通り看板メニューの「豚斬りらーめん」(1,100円)だ

チャーシューにファイヤー!!

「豚斬りらーめん」は茨城県水戸市に店を構えるラーメン店。JR常磐線「赤塚駅」からクルマで約5分のところにあり、店のそばには駐車場も設けられている。

「ガッツリ系」ののぼりに胸躍る

店に入り、早速看板メニューである「豚斬りらーめん」(1,100円)をオーダー。「作っているところも撮影しますか? 」と、屋良朝徹(やらちょうてつ)店長が厨房に招き入れてくれたので中をのぞいてみると、そこには大判チャーシューが6枚横たわっていた。

それをガスバーナーで一気にあぶると、えも言われぬ幸福な香りがふわり。「ボー」という豪快な音に、ジュワジュワと脂の焦げる音も。そんなチャーシューをのせれば、豚斬りらーめんの完成だ。

バーナーで炙る! 一気に炙る!!

このカタチ、"塔盛り"と呼ぼう

その姿は"山盛り"というよりも、ズンっとそり立った尖塔風の"塔盛り"の方がイメージにピッタリだ。「デザインで高さにはこだわってます。ゆでたキャベツとモヤシを6枚のチャーシューで固めてあります。目を引くみたいで、みんな記念撮影をしていますね」と屋良店長。写メを撮りたくなるのは大いに納得だ。

モヤシをてっぺんにのせた「豚斬りらーめん」はシルエットも美しい。写真は無料でアップグレードできる大盛りバージョンだ

この塔、海面(スープ面)から20cmはあるだろう。屋良店長からは「食べ方も楽しんで」との声援をいただたいところで、はるかなる塔の登頂(完食)にチャレンジだ! まずはあぶりチャーシューからいただくと、脂身の甘さの余韻を残しながらあっという間に口の中でとろけてしまった。

続いて、尖塔の土台であるモヤシとキャベツに箸を伸ばす。濃厚チャーシューを中和するかのように、ゆで野菜をダイレクトに盛っているようだ。そして、野菜とスープに埋もれた中から麺を持ち上げる。極太麺だ。ざらっとした独特の歯ごたえ。全粒粉のような独特な歯ごたえなのだが、その正体は独自製法のため秘密とのこと。ただ、全粒粉ではないことは教えていただいた。

トンコツなのでパンチの効いたこってりスープかと思いきや、予想に反してさっぱりとした味わい。屋良店長によると、「透明感を大切にして、麺に絡むのを心がけています」とのこと。スープを飲むとまたチャーシューを食べたくなる。自然と食が進むのは、味のバランスがいいからだろう。

上から見ると肉がパッと咲いているのが分かる

"限定解除"のナンバーワンメニュー

この"塔盛り"豚斬りらーめん、提供を始めた頃は1日20食限定だったという。今は看板メニューとして注文も増えてきたため、"限定解除"で提供している。同店のメニューには「豚斬りの台湾まぜそば」(780円)など女性向けを意識したものもあるが、2014年11月11日11時の開店以来、ずっと1位をキープしつづけているのがこの豚斬りらーめんなのだそうだ。そこまでの人気となれば、限定とか言ってられないだろう。

仕込み中のチャーシャーがプカプカ。この肉がラーメンを決めると言っても過言ではない

「普通、女性はラーメン屋さんでチャーシュー麺は食べないですよね? ウチでも豚斬りらーめんは男性向けかなと考えてたのですが、フタを開けてみると、おひとりでの女性のお客さまやカップルで来て女性が食べていらっしゃることもあります」と屋良店長。確かに、このあっさり系トンコツは女性が好むというのも理解できる。とは言え、この頃の女性たちはやはりパワフルなのか……。

店長の屋良朝徹(やらちょうてつ)さん

お得な学生ラーメンに大盛りも無料

また、同店には学生の客も多いようで、「学生ラーメン」(600円)も用意している。さらに、学生だけじゃなくみんなにもサービスということで、麺と野菜がアップする大盛りを無料で対応している。「おなかいっぱいになってほしくって」という屋良店長の熱い想いを受けてか、昼時の注文はほとんど大盛りなんだとか。

大盛りにも無料で対応してくれる

「ラーメンでなくて、みなさん『肉を食べに行こう』みたいな感じでいらっしゃるようです」と屋良店長。肉を本命にしてラーメンをいただく、ラーメン店ではなかなかない発想だろう。しかし、実際に目の前にしてその味を堪能してみると、なるほど、確かに肉を食べた幸福感に包まれる。「豚斬りらーめん」という店名通り、豚肉を存分に楽しめることは間違いないので、ぜひおなかをすかせてしっかり味わっていただきたい。

●information
豚斬りらーめん
茨城県水戸市西原2-6-26
営業時間: 11:00-14:30、17:30-22:30
定休日: 火曜日

※記事中の情報・価格は2015年10月取材時のもの。価格は税込

筆者プロフィール: ベル・エキップ

取材、執筆、撮影、翻訳(仏語、英語)、プログラム企画開発を行うライティング・チーム。ニュースリリースやグルメ記事を中心に、月約300本以上の記事を手がける。メンバーによる書籍、ムック、雑誌記事も多数。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『マクロスΔ』、BD&DVD第2巻の各種イラスト&キャストコメント紹介
[23:16 7/25] ホビー
[篠原信一]久々の柔道着は「コスプレじゃない!」 リオ五輪の仕事はまだ来ず…
[22:52 7/25] ホビー
オネエがテーマのアンソロ「オネエと私」表紙は雪広うたこ、コガシロウも参加
[22:44 7/25] ホビー
CORSAIR、Cherry MXスイッチ採用のメカニカルゲーミングキーボード
[22:17 7/25] パソコン
アフタヌーンで四季賞発の新鋭2人がW新連載、次号「げんしけん二代目」完結
[22:16 7/25] ホビー