【レポート】

バルタン星人が高笑い「新たなメニューを楽しむがよい」- 「帰ってきた怪獣酒場」に潜入してきました

担当ぱぴい  [2015/04/14]

今年3月に惜しまれつつ閉店したウルトラ怪獣がテーマの居酒屋「怪獣酒場」が、4月15日より「帰ってきた怪獣酒場」として復活オープンすることに先がけて、前日の14日にマスコミ向け内覧会が行われた。

店長・バルタン星人がグドンと(グドンが吊り上げたツインテール)と共に「帰ってきた怪獣酒場」でお出迎え

「怪獣酒場」は、ヒーローたちに叩きのめされたウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、明日への新たな悪巧みをする居酒屋。期間限定で一部の時間帯を地球人に開放していたが、ウルトラ戦士に見つかり、宇宙警備隊からの警告状が届いて閉店に追い込まれていた。しかし、地球人たちの熱狂的支持により再解放が決定し、「帰ってきた怪獣酒場」として再開放を決定――というのがリニューアルのコンセプト。場所は「怪獣酒場」と同様に、神奈川県・川崎市のNOF川崎東口ビルB1Fで、店内には2月末にウルトラ戦士との攻防が行われた際の、怪獣酒場での出来事が映像として流れている。この日の内覧会では、前回同様、「怪獣酒場」店長のバルタン星人が地球人たちを出迎えた。

入り口には、ゼットンの像に代わり、宇宙ロボットキングジョーの像を設置。ウルトラセブンをしても倒せなかった怪獣として、怪獣たちが敬意を込めて建てたという。また、レジにはコダイゴンの社(やしろ)風神棚が置かれ、人間たちの神棚を、どういうわけか勘違いしてそれっぽく設置されたという。「真実の口」を模した、おなじみの「ジャミラの真実の口」も復活を果たしている。

「帰ってきた怪獣酒場」は川崎の「NOF 川崎東口ビル」の地下で営業再開

入り口ではキングジョーが地球人をお出迎え

レジ付近にはコダイゴンが祭られている

店内は「地球侵略を企てる者」「ヒーロー対策を練るもの」など、いくつかのテーマゾーンに分かれている。「怪獣エリア」は、宇宙大怪獣ベムスターやミサイル超獣ベロクロンなど、怪獣をテーマにしたボックス席と、怪獣フィギュアをじっくり眺められるカウンター席を用意。さらに『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』のパネルやフィギュアを追加し、大小合わせて200体以上を展示している。

怪獣たちがウルトラ戦士の技や能力、変身アイテムや地球防衛隊のメカニック等を研究する「光の国/地球 戦力研究室」では、『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』の装飾や展示物を追加・変更。また、宇宙人たちが過去の地球侵略作戦を振り返りながらリベンジを企てている個室の「作戦計画室」では各席の装飾が追加されているほか、宇宙談話をする宇宙人(フック星人・スチール星人)や、天井にナースの姿を見ることができる。

「怪獣エリア」には、フィギュアを愛でられるボックス席とゆったり座れるボックス席

「光の国/地球 戦力研究室」「宇宙人エリア」も新しくなった

誕生日の地球人のみが入室できた「野望の部屋」は、ペガッサ星人のいる「要望の部屋(ダーク・ゾーン)」へと生まれ変わっていた(窓ごしの撮影はいつでもOK)。内覧会には、アンヌ隊員によく似ている女優・ひし美ゆり子が撮影モデルとして登場。「要望の部屋」には、誰かに宛てた要望を書いて入室することになっており、ひし美は「老後はペガッサ君と居たい」としたため、「もう、地球の男はキライ。ペガッサ君のようなシャイでかわいい子がいい」と笑顔で"地球の男に飽きた宣言"。

ひし美ゆり子が「要望の部屋」にてアンヌ隊員とペガッサ星人の名シーンを再現

「帰ってきた怪獣酒場」でも個性的なメニューが用意されている。蟹肉や蟹味噌をふんだんに使った贅沢なピラフ『バルタン星人のおもてなし』(1,380円/税別)や、大海老2尾を生ベーコンで巻いたジャンボエビフライ『グドンのおススメ!ツインテールフライ』(1,280円/税別)といった人気メニューはそのままに、ゴモラの尻尾を模したロースとビーフ『大阪城の悔恨~自虐のローストビーフ~』(1,780円/税別)や、タッコングが好きなオイルと、自身に似ているタコを使用した『タッコングのおススメ!オイルと蛸のハーモニー』(1,180円/税別)などのスペシャルメニューが登場。今回は、もれなく箸置きとして利用できる『オリジナル小皿』(全8種からランダムで1つ)や、料理1品注文するごとに、怪獣のコースター(全45種からランダム)が1つプレゼントされる。また、グッズコーナーには、新たに「怪獣酒場」限定の『怪獣珍味 タッコングの皮(たこカマ)』(500円/税別)や、『手ぬぐい(怪獣&宇宙人)2 紫』(700円/税別)などが販売されている。

『タッコングのおススメ! オイルと蛸のハーモニー』

『大阪城の悔恨~自虐のローストビーフ~』

料理を注文するとプレゼントされる怪獣コースター

内覧会には店長のバルタン星人が登場し、怪獣酒場の再解放を喜んだ後、「地球人たちよ、我々は帰ってきた! この日のために、怪獣たちが店内や新たなメニューを仕込んでくれたので、楽しむがよい」とファンへ向けたメッセージを伝えた(今回もバルタン星人の言語がわかる人間が通訳)。また、通常は地球での営業時間に怪獣は登場しないが、再スタートにあたり、ファンへの感謝の気持ちに答えるべく、バルタン店長が酒場に登場し、あいさつするという。日程は4月15日、17日、18日、24日、25日、28日、29日の営業時間中、数回姿を現す予定(2ショットでの写真撮影は禁止)。

(C)円谷プロ

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ
東京と千葉の境、江戸川に浮かぶ謎の島へドライブに行ったら…
[14:00 5/29] エンタメ
明石家さんまの"落ち込まない思考法"「己を過信せず、今日が己の頂点」
[13:58 5/29] エンタメ
日本最大級のコスプレ専用スタジオに潜入『マツコ会議』
[13:40 5/29] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR