【レポート】

明治大学「メガ盛り」学食メニュー、意外な食べ方で学生に人気

 

飲食店の中には、大盛りを超えた"メガ盛り"メニューを食べられる店もある。中には学生食堂で"メガ盛り学食"を提供している大学もあるが、このメガ盛り学食、一部の元気な学生だけの特権と思っている方も少なくないのではないだろうか。ところが明治大学・駿河台キャンパスの学食で食べられる「トリプルカレー」と「トリプルラーメン」は、他の"メガ盛り"とはちょっと違った楽しみ方ができるそう。実際に学食にお邪魔して食べてみた。

明治大学・駿河台キャンパスの学食「スカイラウンジ暁」

見た目はかわいい「トリプルカレー」

東京の街を一望できる

明治大学・駿河台キャンパスの学食「スカイラウンジ暁」は、キャンパスの中心にある「リバティタワー」にある。地上23階・高さ約120mのこの建物の17階に位置する学食は、窓から東京の街並みを一望できる絶好のロケーション。窓際のカウンター席もあり、1人でも使いやすい空間設計となっている。

この学食で提供しているメガ盛りメニューが、「トリプルカレー」と「トリプルラーメン」だ。まずは「トリプルカレー」から紹介しよう。

トレーとほぼ同じ大きさの平皿に、ラグビーボール型に盛られたご飯が3つ並んだ「トリプルカレー」(540円)。一塊だとメガ盛りのご飯も、3つに分かれているとなんだかかわいらしい。一見「これなら食べられるかも」という錯覚に陥るが、ボリュームはしっかりあるので心して注文していただきたい。

「トリプルカレー」(540円)

iPhone 6との大きさ比較

見た目はかわいらしい

カレーは甘めでコクがあり、後味がかすかにピリッと辛い程度。辛いものが苦手な人でも問題なさそうだ。具材もニンジンにタマネギ、鶏肉と至ってオーソドックスで、シンプルながら飽きのこない味わい。

食うか食われるかの「トリプルラーメン」

続いていただいた「トリプルラーメン」は、麺が3玉分入ったメガ盛りラーメンとなっている。今回いただいた「しょうゆ味」は、ネギやワカメ、チャーシューなどのオーソドックスな具と、だしの効いたスープの旨みを味わえる王道のラーメンだ。

「トリプルラーメン」しょうゆ味(610円)

iPhone 6と

具材のゆで卵が遠くに見える

ラーメンの器は筆者の顔よりもはるかに大きく、のぞき込むと器の奥にある具材が遠くに見えるほど。まるでラーメンの海だ。巨大な器に顔を突っ込むようにして麺をすすっていると、自分がラーメンを食べているのかラーメンが自分を食べているのかよくわからなくなる。

今回はしょうゆ味をいただいたが、同学食ではタンメンや味噌ラーメン、担々麺やチャーシュー麺なども用意している。価格はそれぞれ異なるが、通常のラーメンメニューにプラス230円で「トリプルラーメン」となる。なお、しょうゆ味の価格は610円(通常盛りで380円)。

分け合って食べる「メガ盛り」

この「トリプルカレー」と「トリプルラーメン」。多い日でそれぞれ5~6食が注文されるそうだが、同校の学食担当者によると、何も大食い自慢の学生だけが頼むわけではないそうだ。

ご飯が3つに分かれた「トリプルカレー」はもちろん、「トリプルラーメン」も2~3人でシェアして食べる学生の姿が見られるという。同学食では取り分け用の容器も用意しており、「トリプルラーメン」のような汁物でも分けながら味わえるのだ。

分け合いながら味わえる

明治大学・駿河台キャンパスの「トリプルカレー」と「トリプルラーメン」は、誰でも気軽に楽しめる良心的なメガ盛りメニューだった。胃袋に自信のない方は、ぜひ数人でおいしく楽しく味わってみてほしい。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ