【レビュー】

キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 - 標準ズーム+単焦点レンズで楽しむ女性ポートレートの巻

1 キット付属の標準ズームレンズを使いこなす

 
  • <<
  • <

1/2

キヤノン「EOS M2」は、手のひらサイズのコンパクトボディに、APS-Cサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラだ。その魅力のひとつは、多彩なEF、EF-S、EF-Mレンズのすべてが利用できること。長期レポートの第1回は、基本レンズである標準ズームと、アダプターを介して装着できる低価格の単焦点レンズを取り上げよう。

「EOS M2」レンズキット

関連記事
キヤノン、撮像面位相差AFが大幅に性能向上したミラーレス一眼「EOS M2」(2013年12月3日)

キヤノンのミラーレス「EOS M」シリーズには、専用の「EF-M」レンズとして、今のところ標準ズーム、広角ズーム、望遠ズーム、広角単焦点レンズの4本がラインアップされている。まだ種類は豊富とはいえないが、いずれもコンパクトで使い勝手のいいレンズである。

このうち基本の1本といえるのは、EOS M2の各種レンズキットの付属レンズでもある標準ズーム「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」だ。ビギナーなら、あれこれと交換レンズを揃える前に、まずはこの標準ズームをきっちりと使いこなすことをオススメする。

スペック的に際立ったところはないが、低価格ながら写りは良好だ。解像感はまずまず高く、各種の収差は目立たないように低減されている。また210gと軽量ながら、外装やマウント部に剛性感の高い金属素材を採用している点もポイントが高い。同社の一眼レフ「EOS Kiss」シリーズのキットレンズに比べ、見た目の高級感で上回る。

下の写真は、この標準ズームの18mm側で写したもの。露出をややオーバー気味に設定することで、夕方ながら昼間のような明るいイメージにしてみた。

マニュアル(F5.6 1/15秒) ISO100 ホワイトバランス:オート 焦点距離:18mm レンズ:「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(原寸大画像を見る)

次の写真は、同じ場所で外部ストロボを発光させて撮ったもの。撮影時刻はほぼ同じだが、こちらは露出を2段下げることで、背景を見た目に近い明るさで再現した。ストロボのオン/オフによって、まったく雰囲気が異なる写真になることが分かるだろう。

マニュアル(F5.6 1/60秒) ISO100 ホワイトバランス:オート 焦点距離:18mm レンズ:「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(原寸大画像を見る)

次は、同じく外部ストロボを使いながら少しトリッキーな撮り方を試したもの。シャッター速度を1/5秒の低速にセットし、シャッターを切ると同時にあえてカメラを動かすことで、ブレを作り出した。

マニュアル(F8 1/5秒) ISO100 ホワイトバランス:オート 焦点距離:18mm レンズ:「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(原寸大画像を見る)

また「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」は、接写に強いことも特長だ。最短の撮影距離はズーム全域で25cmで、最大撮影倍率は0.25倍。マクロレンズほどではないが、ちょっとした接写が楽しめる。

マニュアル(F11 1/200秒) ISO100 ホワイトバランス:オート 焦点距離:24mm レンズ:「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(原寸大画像を見る)

マニュアル(F8 1/200秒) ISO100 ホワイトバランス:オート 焦点距離:38mm レンズ:「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」(原寸大画像を見る)

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) キット付属の標準ズームレンズを使いこなす
(2) フィルム時代から人気の低価格単焦点レンズを試す
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ