iPhoneやAndroidの画面録画機能を利用する方法

iPhoneではiOS 11から、AndroidではAndroid 11から画面録画機能が標準搭載されました。これらの画面録画機能を使って、Twitter DMの動画をダウンロードすることなく録画するという方法もあります。

iPhone「画面収録」機能の使い方

iPhoneの画面録画機能は、正式には「画面収録」と呼ばれます。下記の手順で、「コントロールセンター」にある二重丸の画面収録ボタンをタップすると、3秒間のカウントダウンの後に画面録画が開始されます。

コントロールセンターに画面収録ボタンがない場合は、「設定」から「コントロールセンター」に進み、「画面収録」の左にある「+」ボタンをタップすると追加できます。

  • iPhoneの「画面収録機能」を活用してDMの動画を保存する方法

    「コントロールセンター」を呼び出し、二重丸の画面収録ボタンをタップすると録画が開始されます

コントロールセンターの呼び出し方は、機種によって二通りに分かれます。

  • iPhone X以降のFace IDモデル: 画面の右上端から下方に向かってスワイプ
  • iPhone 8以前およびiPhone SE 第2世代のTouch IDモデル: 画面の下端から上方に向かってスワイプ

画面録画を終了するには、次の3つの方法があります。

  • サイドボタンを押して画面をオフにする
  • 画面上部の赤いステータスバー、あるいは画面左上の赤い時計表示をタップする
  • コントロールセンターを再度呼び出して、画面収録ボタンをタップする

【関連記事】
iPhoneで画面録画する方法 - 音声の含め方やYouTube録画の解説も

Android「スクリーンレコード」機能の使い方

Android 11から可能となった画面録画機能は「スクリーンレコード」という名称です。録画する手順は下記の通りですが、もし「スクリーンレコード開始」ボタンが見当たらない場合は、ドロップダウンメニュー左下の編集ボタンから追加しましょう(Android 10以前では不可)。

  • Androidの「スクリーンレコード」を活用してDMの動画を保存する方法1

    【1】画面上端から下にスワイプし、ドロップダウンメニューを表示します

  • Androidの「スクリーンレコード」を活用してDMの動画を保存する方法2

    【2】さらに一段引き出し、出てきたメニューを右にスライドし、「スクリーンレコード開始」をタップ。次の確認画面で「開始」をタップします

録画を終了するときは、再び画面上端から下方にスワイプし、「タップして停止」をタップします。

まとめ

TwitterのDMで送受信した動画を保存する方法について紹介してきました。ブラウザ拡張機能「Video DownloadHelper」は無料版では連続したダウンロードができず、スマホの画面録画機能では動画コンテンツ以外の要素も収録されるという欠点があります。この記事で紹介した中では、「TwiDropper」がもっとも優れたツールであると言えるでしょう。

記事作成の過程では、スマホアプリの「Clipbox+」も試しました。しかし、筆者のAndroidスマホでは正しく動作せず、iPhoneではDMに添付された動画はダウンロードできるものの、通常のツイートに添付された動画のダウンロードができなかったため、掲載を見送っています。

DMで送られてきたとはいえ動画の著作権は相手にあります。相手の了承なく自分のアカウントから公開ツイートに添付したり、他のSNSで拡散する行為は、相手からの印象が悪くなるだけでなく、著作権の侵害にあたります。また、DM動画自体が違法コンテンツであった場合は、ダウンロードするだけでも改正著作権法に触れてしまいます。Twitter上の動画の扱いには十分注意しましょう。

【関連情報】
(編集部補足)改正著作権法について