マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道 | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年07月21日(金)

JR四国、予土線「鉄道ホビートレイン プラレール号」にちなんだ企画を開催

JR四国は8月1日から、車内にプラレール車両を展示した「鉄道ホビートレイン プラレール号」にちなんだ企画「よどせんキーワードラリー2017」を実施する。キーワードをすべて集めて専用応募ハガキで応募すると、「プラレール」シリーズの大型駅「ガチャッと! アクションステーション」などが抽選で当たる。

[19:42 7/21]

JR西日本323系、初の車内イベントを10月開催 - 沿線の中学校吹奏楽部が演奏

JR西日本は21日、大阪・天満を中心に開催される天満音楽祭とのコラボ企画として、大阪環状線沿線の中学校吹奏楽部による車内吹奏楽ライブを開催すると発表した。323系8両編成を団体貸切列車として使用し、大阪駅を起点に大阪環状線を外回りに1周運行。323系を貸切運行する車内イベントはこれが初めてという。

[19:34 7/21]

JR西日本、会社発足30周年で新幹線も使える乗り放題きっぷや記念駅弁発売へ

JR西日本の7月定例社長会見にて、会社発足30周年の取組みが発表された。お得なきっぷや記念駅弁の発売、各車両所の公開に合わせた記念イベントなどを予定している。JR西日本エリアで使える乗り放題きっぷも発売予定で、新幹線や特急列車も含めて1日乗降り自由となり、価格は1万円程度になるという。

[19:13 7/21]

JR西日本・JR九州、2020年度までに山陽・九州新幹線車内の防犯カメラ増設へ

JR西日本は19日、山陽・九州新幹線に設置している防犯カメラについて、従来のデッキ部・デッキ通路部に加え、客室内にも設置すると発表した。山陽・九州新幹線で使用されるN700系(8両編成)全19編成が対象。同日にJR九州も、九州新幹線車内の防犯カメラ増設(同社保有のN700系・800系全編成が対象)について発表している。

[18:56 7/21]

JR九州、久大本線の特急「ゆふ」7/24から日田~大分・別府間で1日2往復運行

JR九州は20日、今月発生した九州北部豪雨の影響で運休している特急「ゆふ」について、7月24日から日田~大分・別府間で運行を再開すると発表した。運転区間を短くした上で1日2往復の臨時特急として運転を再開することとした。7月31日までの臨時運転とし、8月以降の運転計画については決まり次第、発表する。

[18:22 7/21]

伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」JR横浜駅から運行開始 - 専用ラウンジも公開

伊豆急行と東京急行電鉄は21日、横浜駅にて伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の運行開始記念イベントを実施した。「THE ROYAL EXPRESS」の初列車は横浜発伊豆急下田行で運行され、11時50分頃にJR横浜駅を発車。これに先立ち、東急東横線横浜駅に設置された利用者専用ラウンジ「THE ROYAL LOUNGE ~YOKOHAMA~」などもお披露目された。

[15:31 7/21]

2017年07月20日(木)

東武鉄道SL「大樹」観光アテンダントが個性生かした観光案内で"おもてなし"

東武鉄道は19日、SL「大樹」における「おもてなし」の内容について発表した。車内では観光アテンダントが手作りの観光案内やグルメ情報などで地域の魅力を発信するという。各種案内物を中心に楽しさの伝わる観光PRを実施し、乗客の好みに合わせて日光市内のグルメを提案するなど、各アテンダントの個性を生かした「おもてなし」を行う。

[19:21 7/20]

JR東日本、八王子駅の美化工事を実施へ - 駅案内サインなどの視認性も向上

JR東日本八王子支社はこのほど、JR発足30周年と八王子市制100周年に合わせ、八王子駅の美化工事を実施すると発表した。駅舎の各部や案内サインをリニューアルしてわかりやすさを高めるとともに、地域のモチーフをデザインに取り入れることで地域に密着した駅をめざす。

[14:30 7/20]

鉄道事業者51社局など、エスカレーター「手すりにつかまろう」キャンペーン

全国の鉄道事業者などがエスカレーターの安全利用を呼びかける「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンが21日からスタートする。「乗ったら、つかまる!」のマナーを文字とイラストで表したB1判の統一ポスターを貼り出す。JR東日本グループは同様のデザインのB3判ポスターも独自に制作し、グループ内24社の商業施設などに貼り出す。

[14:23 7/20]

JR西日本、北陸・東北新幹線金沢~仙台間で団体用直通新幹線 - 10月に運行

JR西日本金沢支社は、北陸新幹線・東北新幹線を大宮駅での乗換えなしで結ぶ団体用直通新幹線を10月に運転すると発表した。金沢~仙台間にて、仙台行・金沢行を1本ずつ運行する予定となっている。10月23日の金沢発仙台行、10月25日の仙台発金沢行ともにE7系での運転となる。

[13:51 7/20]

JR北海道、特急「ニセコ」今年はキハ183系 - ニセコ経由で札幌~函館間運行

JR北海道は今年もニセコ駅経由で札幌~函館間を結ぶ臨時特急「ニセコ」を運行する。キハ183系0番台4両編成を使用し、急行「ニセコ」で使用していたデザインのヘッドマークを掲出。「大人の休日倶楽部パス」の設定期間に合わせ、8月31日から9月12日までのうち9月6日を除く計12日間運行される。

[13:34 7/20]

2017年07月19日(水)

東武鉄道SL「大樹」試乗会で鬼怒川温泉~下今市間走行! SL展示館なども公開

東武鉄道は8月10日からSL「大樹」の運行を開始する。これに先立ち、7月19日に報道関係者向けの試乗会が実施された。鬼怒川線の鬼怒川温泉駅から下今市駅まで12.4kmを約35分かけて走行し、その後はSL展示館や転車台広場の公開も行われた。SL「大樹」は5月14日から試運転を開始しており、乗客を乗せた運行への準備が進んでいる。

[22:21 7/19]

京王電鉄5000系、新型車両を公開! ロング・クロスシート転換も - 写真100枚

京王電鉄は19日、新型車両5000系の撮影会(報道公開)を実施した。同社初というクロスシート・ロングシートの両方に転換できる座席を搭載した10両固定編成の車両で、9月29日に京王線内で通常列車として先行デビュー。2018年春から有料の座席指定列車として、平日・土休日夜間に新宿~京王八王子・橋本間で運行される予定となっている。

[21:05 7/19]

鉄道ニュース週報 第79回 伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」がJR横浜駅発着になった事情

伊豆急行と東急電鉄は7月15日、水戸岡鋭治氏デザインの伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の車両を公開した。7月21日から横浜~伊豆急下田間で運行開始する。ここで2つの疑問を感じる人もいるかもしれない。「なぜ東急電鉄が関係するか」「どうして東京駅ではなく、横浜駅発着か」。じつはこの列車、東急電鉄にとって大きな意味がある。

[10:00 7/19]

2017年07月18日(火)

西武鉄道、南入曽車両基地にて8/19「電車夏まつり」臨時電車で洗車台通過も

西武鉄道は8月19日、新宿線南入曽車両基地(埼玉県狭山市)で「南入曽車両基地 電車夏まつり 2017」を開催する。親子で楽しく鉄道を体験してもらうイベントとして毎年開催され、13回目となる今年は人気の電車との綱引き、乗務員室での記念撮影、子供用制服撮影、線路点検に使用するレールスターや軌陸車の乗車体験などの体験が用意される。

[09:16 7/18]

「東急線電車スタンプラリー」2017年は前期・後期に分けて夏休み期間に開催

東京急行電鉄は7月15日から8月31日まで、「親子でめぐろう! 東急線電車スタンプラリー 2017」を開催する。親子で楽しい思い出を作ってもらうことを目的に、2014年から毎年開催している恒例企画。今年は開催期間を8月6日までのファーストステージと8月7日から期間終了までのセカンドステージに分け、18駅にスタンプ台を設置する。

[09:06 7/18]

「JR東日本おみやげグランプリ」総合グランプリは新宿駅の人気お菓子に決定

JR東日本はこのほど、会社発足30周年を記念して実施した「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」の結果を発表した。ウェブとはがきによる投票の結果、東京都からエントリーした「バターフィナンシェ」が総計9万4,300票の最多得票を獲得して総合グランプリに選出された。

[08:51 7/18]

大阪市営地下鉄四つ橋線23系、内装を地名にちなんだデザインにリニューアル

大阪市交通局は13日、大阪市営地下鉄四つ橋線23系の内装リニューアルを発表した。今回のリニューアルでは4つの橋がかかる様子を上から見た「四ツ橋柄」と、路線カラーでもある水をイメージしたブルーを取り入れた。「四つ橋」の地名の由来をモチーフに取り入れ、明るく親しみやすいデザインとした。

[08:45 7/18]

2017年07月17日(月)

鉄道なんでもアンケート 第4回 鉄道旅行で訪れたい都道府県 - それでも北海道強し! 45%占める

全国各地で新たな観光列車やクルーズトレインが登場し、注目を集める鉄道旅行。これらの列車に乗って、どこへ旅してみたいだろうか。今回はアンケートに答えたマイナビニュース会員1,006名のうち、「鉄道旅行をしたいと思う」と回答した852名に「鉄道旅行で最も訪れたい都道府県」について教えてもらった。

[08:00 7/17]

2017年07月16日(日)

JR大船渡線「ポケモントレイン」ピカチュウだらけのリニューアル車両が登場

JR東日本が大船渡線で運行している「POKEMON with YOU トレイン」がリニューアルされ、7月15日から運行されている。リニューアル車両は「親子でピカチュウと楽しむ列車」をコンセプトに、外観・車内ともにピカチュウをイメージしたデザインに。7~9月は土休日を中心に、7月29日から8月20日まで毎日運行される予定となっている。

[19:31 7/16]

"幻のホーム"JR両国駅3番ホームがギョーザステーションに! +ビールで450円

味の素冷凍食品は7月14~28日の期間限定で、JR総武線両国駅3番ホーム上に「ギョーザステーション」を展開している。これは、同社の「ギョーザ」発売45周年を記念したもので、「みんなの元気だ。イザ! ギョーザ」のスローガンのもと、「ギョーザ」を食べる楽しさを体感してもらうことを目指している。

[11:22 7/16]

鉄道トリビア 第413回 新製車両のトイレ、1列車1カ所以上は車いす対応と定められている

JR北海道の新型気動車H100形の報道資料を見て、「座席が少ない……」と思った。置換え予定のキハ40形の座席数は48席、H100形の座席数は36席。なんと4分の3になっている。理由はロングシートの増加とバリアフリー対応トイレ。車いす利用者がほとんどいない路線でも大型トイレは必要だ。法令できちんと定められている。

[08:00 7/16]

2017年07月15日(土)

伊豆急行「THE ROYAL EXPRESS」全車両の車内公開! 7/21デビュー、写真123枚

伊豆急行と東京急行電鉄は15日、伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の車両お披露目セレモニー・車両内覧会を実施した。伊豆急行「アルファ・リゾート21」(2100系5次車。1993年デビュー)を改造した8両編成、定員約100名の観光列車で、デザイン・設計は水戸岡鋭治氏が担当。7月21日から横浜~伊豆急下田間で運行開始される。

[22:54 7/15]

2017年07月14日(金)

小田急電鉄「モーニングウェイ号」朝の特急ロマンスカー、新たな愛称が決定

小田急電鉄は14日、朝の時間帯に運転する特急ロマンスカーの愛称を「モーニングウェイ号」に決定したと発表した。東京メトロ千代田線へ直通する特急ロマンスカーは「メトロモーニングウェイ号」となる。複々線完成にともなう2018年3月のダイヤ改正からこの愛称を使用し、本数も増発して通勤時間帯の着席ニーズに対応する。

[22:32 7/14]

「JR東日本30周年記念入場券」22万円以上! ウェブ限定7/21から購入申込受付

JR東日本は14日、会社発足30周年を記念して発売する「JR東日本30周年記念入場券」の購入申込み方法を発表した。同社の1,634駅分の硬券入場券と、入場券を収納するためのバインダーをセットにしたもので、価格は22万8,760円。300セット限定で発売され、販売数量を上回る申込みがあった場合は抽選となる。

[20:13 7/14]

JR西日本「パンダくろしお」287系の車体も車内もパンダだらけ! 8/5運行開始

JR西日本は14日、和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」とコラボした特急「くろしお」のラッピング列車「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」の運行を発表した。特急「くろしお」に使用される287系の車両前頭部をパンダフェイスとするなどラッピングを施し、8月5日から運行開始される。

[19:41 7/14]

アストラムライン新型車両11編成、2019年度から順次導入 - 三菱重工が製造

広島高速交通は14日、アストラムラインの新型車両の導入について発表した。全24編成の車両更新を2期に分けて実施し、1期目の新型車両11編成(計66両)の製造を三菱重工業に発注したとのこと。三菱重工業も同日、アストラムラインの新型車両の受注を発表しており、既存車両の更新向けとして、2019~2025年度にかけて納入するとしている。

[16:49 7/14]

近鉄「しまかぜ」1位 - 阪急交通社、観光列車名検索数の年間トップ10を発表

阪急交通社はこのほど、同社旅行サイトのサイト内検索における観光列車名のキーワードランキングを発表した。この調査は2016年5月1日から2017年4月30日までの検索数合計を集計したもの。発着地は単一キーワードによる検索数を元にしており、表記揺れや複合キーワードによる検索はそれぞれ別キーワードとして集計している。

[13:32 7/14]

鉄道なんでもアンケート 第3回 「青春18きっぷ」だけじゃない! 鉄道旅行で使ったお得なきっぷは?

旅行などで鉄道を利用する際、どんなきっぷを利用しているだろうか。1日乗車券や往復割引きっぷなど、さまざまな割引きっぷがあり、工夫次第ではぐんと旅費を抑えられるかもしれない。前回は「青春18きっぷ」の旅を紹介したが、今回はマイナビニュース会員515名に「青春18きっぷ」の他にもお得なきっぷを利用したことがあるか、聞いてみた。

[06:00 7/14]

2017年07月13日(木)

「JR北海道わがまちご当地入場券」北海道・青森県の101市町村で順次発売へ

JR北海道は20日から、地域の名所などをあしらった「JR北海道わがまちご当地入場券」を販売開始する。JR北海道の駅がある北海道の100市町村と青森県今別町が対象。入場券の表面は各自治体を列車が走る風景写真とし、裏面はその地域の観光名所やご当地グルメなど、各自治体のPR画像を載せる。

[21:09 7/13]

JR北海道、根室本線東鹿越~上落合間の復旧費用は概算10億5,000万円と計上

JR北海道はこのほど、2016年8月の台風10号による集中豪雨で被害を受けた根室本線東鹿越~上落合間の被災状況と復旧費用の概算を公表した。昨年冬期前までにすべての被災箇所を調査することができず、今年5月に残りの箇所の調査を実施したという。おもな被災箇所は4カ所。復旧工事の費用を概算で10億5,000万円と計上している。

[20:40 7/13]

東武鉄道、とうきょうスカイツリー駅付近の高架化に着手 - 2024年度完成へ

東武鉄道はこのほど、墨田区が進める東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近の連続立体交差事業において、墨田区との施行協定を7月7日付で締結し、事業に着手すると発表した。踏切1カ所が廃止されて安全性が向上するほか、鉄道により分断されていた市街地を一体化することで総合的なまちづくりを図る目的がある。

[20:30 7/13]

鉄道ニュース週報 第78回 JR八戸線に在来型気動車、新潟・秋田地区は電気式気動車 - その違いは?

JR東日本が八戸線に在来型気動車キハE130系500番台を導入し、新潟・秋田地区に電気式気動車GV-E400系を導入すると発表した。なぜすべて新型の電気式気動車にしないのだろう。八戸線に既存の方式の気動車が導入された理由は2つありそうだ。その背景を探ると、JR東日本の非電化路線向け車両の方向性が見えてきた。

[06:00 7/13]

2017年07月12日(水)

JR北海道H100形「DECMO(デクモ)」新型車両は電気式気動車、試作車が2月落成

JR北海道は12日、新型一般気動車の試作車(量産先行車)について発表した。おもにローカル線で運行されるキハ40形の老朽取替用として導入が計画され、車両形式はH100形、愛称名は「DECMO(デクモ)」。JR東日本の新型車両GV-E400系とほぼ同一仕様の電気式気動車となり、2018年2月に試作車(量産先行車)2両の落成を予定している。

[19:07 7/12]

JR東日本、新幹線のトンネル・橋りょう大規模改修に向けて材料・工法を公募

JR東日本は6日、今後予定している新幹線の橋りょうやトンネルの大規模改修に備え、構造物の寿命を50年程度延ばすことができる材料や工法を公募すると発表した。今後の着工に向けて工事計画の具体化を進めるにあたり、さらなる施工の効率化やコストダウンに努める上で材料や工法の公募が必要だと判断した。

[06:00 7/12]

2017年07月11日(火)

相鉄「アルミ車両運行50周年記念入場券」発売へ - 特製ホログラムカードも

相模鉄道は15日から「相模鉄道アルミ車両運行50周年記念入場券セット」を販売開始する。同社初のアルミ車両6000系(6021号車)が1967年7月に運行開始してから今年で50周年を迎えることを記念した商品。相鉄線8駅のD型硬券入場券8枚と特製ホログラムカード、台紙がセットになって販売される。

[19:17 7/11]

「鉄道カラオケ」に最適! 京急電鉄の車内を再現したカラオケルームが品川に

全国でカラオケ店舗を展開するスタンダードは20日、京急電鉄の車内を再現した「京急電鉄カラオケルーム」を都内の「JOYSOUND品川港南口店」にオープンする。「リアル運転士・車掌体感ルーム」「KEIKYU車内体感ルーム」の2室あり、「鉄道カラオケ」をよりリアルに体感してもらうために企画された。

[19:03 7/11]

東武鉄道、コロコロ40周年&東京スカイツリータウン5周年スタンプラリー実施

東武鉄道は7月15日から9月3日まで、東京スカイツリータウンや東武鉄道の駅と沿線施設を巡る「コロコロコミック40周年&東京スカイツリータウン開業5周年記念スタンプラリー」を実施する。「コロコロコミック」とのコラボレーション企画で、「スカイツリータウン ソラマチコース」「東武鉄道下町コース」の2つのコースを設定した。

[18:35 7/11]

東京メトロ「週刊少年ジャンプ」スタンプラリー7/15から - 記念24時間券も

東京メトロは、六本木森アーツセンターギャラリーで開催される「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.1」(7月18日から10月15日まで開催)に合わせ、7月15日から「週刊少年ジャンプ with 東京メトロスタンプラリー」を開始する。歴代の代表作の中から10作品のキャラクターをデザインした記念24時間券セットも発売される。

[18:23 7/11]

JR九州「ゆふいんの森」7/15から臨時運行 - 小倉経由で博多~由布院間2往復

JR九州は11日、特急「ゆふいんの森」の臨時運行について発表した。7月15日から1日2往復、博多~由布院間を小倉駅・大分駅経由で結ぶ。このルートで7月31日まで運行され、「8月以降については準備が出来次第、ホームページにてお知らせします」「夏休みのご旅行などに、特急『ゆふいんの森』をぜひご利用ください」(JR九州)とのこと。

[17:32 7/11]

京王線調布駅周辺の商業施設「トリエ京王調布」、オープン日が9/29に決まる

京王電鉄は調布駅周辺の商業施設「トリエ京王調布」を9月29日に開業すると発表した。A館にはファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランなど63店舗が入る。B館はカフェとなる1階の一部を除き、全館が家電量販店「ビックカメラ」に。C館には全11スクリーンのシネマコンプレックスがオープンするほか、カフェ・レストランなとができる。

[13:23 7/11]

東急田園都市線、特急「時差Bizライナー」運行開始 - 平日朝のみ、7/21まで

東急田園都市線の臨時特急「時差Bizライナー」が11日から運行開始し、朝6時台に中央林間駅から渋谷・押上方面(東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線経由)へ走行した。東急電鉄の車両5000系による運行で、ヘッドマークが掲出され、行先表示器には「ライナー」と表示された。「時差Bizライナー」は7月21日まで平日朝に運行される。

[08:48 7/11]

2017年07月09日(日)

JR九州、久大本線バス代行輸送開始へ - 日田彦山線は大行司駅の駅舎が倒壊

JR九州は一部区間で運転見合わせが続く久大本線・日田彦山線の7月10日の運転計画について発表した。うきは~日田間が終日運転見合わせとなる久大本線では、7月10日から筑後吉井・うきは~日田間でバスによる代行輸送が開始される。日田彦山線は添田~夜明間が終日運転見合わせとなり、代行輸送などは計画されていない。

[23:32 7/9]

JR東日本10/14ダイヤ改正 - 常磐線いわき~竜田間&水郡線普通列車も見直し

JR東日本水戸支社は7日、常磐線・水郡線で10月14日に実施するダイヤ改正の概要について発表した。この中で、常磐線いわき~竜田間の運転間隔を見直し、いわき駅での特急「ひたち」との接続を改善することも発表。いわき~竜田間では7月22日から一部の普通列車に651系(4両編成)を導入する予定で、10月14日のダイヤ改正後も継続される。

[15:29 7/9]

京王電鉄5000系、新型車両が通常列車で9/29デビュー! 外観・車内の写真公開

京王電鉄は7日、新型車両5000系の営業運転開始について発表した。9月29日から京王線内で、通常列車として営業運転を開始する。クロスシート・ロングシートに転換できる座席を備え、2018年春から運行開始する有料の座席指定列車にも使用される予定で、通常列車はロングシート、座席指定列車はクロスシートで運行される。

[12:32 7/9]

2017年07月08日(土)

叡山電鉄『NEW GAME!!』ラッピング車両7/29運行開始 - コラボきっぷ発売も

叡山電鉄は7月29日から、テレビアニメ『NEW GAME!!』のラッピング車両を運行開始する。722号車をラッピング車両とし、車体側面と車内に『NEW GAME!!』のキャラクターを装飾する。芳文社発行の漫画雑誌「まんがタイムきらら」とのコラボレーション企画の一環で、コラボきっぷも発売される。

[16:10 7/8]

JR四国「夕焼けビール列車20周年記念号」、キハ32形・キハ54形で当時を再現

JR四国は7日、毎年夏に運行している「夕焼けビール列車」が20周年を迎えたことから、運行開始当時を再現した「夕焼けビール列車20周年記念号」を運行した。運行開始当時を再現するため、キハ32形とキハ54形を連結した編成で、予讃線松山~伊予長浜間で運転された。

[16:02 7/8]

JR北海道「フラノラベンダーエクスプレス」車両変更、キハ261系トラブルで

JR北海道は5日、札幌~富良野間を運行する特急「フラノラベンダーエクスプレス」について、7月8~15日に一部便の使用車種を「ノースレインボーエクスプレス」車両からキハ183系特急車両に変更すると発表した。特急「宗谷」「サロベツ」の一部列車に「ノースレインボーエクスプレス」車両を充てるための措置となる。

[15:32 7/8]

JR西日本『たたら侍』オフィシャルツアー「やくも」車両で団体臨時列車運行

JR西日本が映画『たたら侍』のロケ地を中心に奥出雲の魅力を満喫するツアーを発売した。エイベックス・トラベル・クリエイティヴならびに日本旅行との共同企画で、一部ツアーでは特急「やくも」車両による団体臨時列車を運行し、ロケ地をめぐる。「やくも」車両を使用する団体臨時列車は9月17・18日に岡山~出雲市間で運行される。

[15:09 7/8]

鉄道トリビア 第412回 東急大井町線、路線図から名前が消えた「空白の16年間」があった

東急大井町線は大井町~二子玉川間を結ぶ10.4kmの路線。二子玉川駅から田園都市線溝の口駅まで線路を延ばし、ほとんどの列車が溝の口駅を発着する。開業は1927(昭和2)年7月6日で、先日、開業90周年を迎えたばかり。歴史のある路線だけど、ある時期だけ「大井町線」ではなかった。それはどんな理由で、当時の路線名は何だったのだろう。

[08:06 7/8]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事