マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道 | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年09月20日(水)

富士急行線がビール列車に! 9月29日から「プレミアムフライ電」を運行

富士急行は9月29日、プレミアムフライデーを楽しみ尽くすビール列車「プレミアムフライ電」を運行する。同車両では、電車内で富士山の天然水を使用した「ふじやまビール」が飲み放題になるほか、さまざまな特別企画を用意。走行中の電車内でビールを飲むという、普段味わえない非日常体験を楽しめる。

[10:14 9/20]

鉄道ニュース週報 第88回 モニターツアー23時間で完売 - 大きく育て! 北海道の観光列車

「北海道にも周遊観光列車を」という構想の下、日本旅行がモニターツアーを企画した。9月15日15時に発売したところ、2泊3日コースは20分で完売、1泊2日コースは翌日14時までに完売となった。モニターツアーのため低価格という要素もあるとはいえ、このスピード感は北海道の鉄道旅行人気を裏づけている。

[10:00 9/20]

2017年09月19日(火)

東武動物公園駅西口の駅名「子供祭り駅」に! ももクロ玉井詩織がやって来た

東武スカイツリーライン東武動物公園駅西口の駅名が、9月19日から10月18日まで「ももいろクローバーZ」(ももクロ)のライブイベント「子供祭り 2017」にちなみ、「子供祭り駅」に変更される。東武動物公園駅では9月19日、ももクロのメンバーの玉井詩織さんが登場し、「子供祭り駅」駅名看板設置記念イベントが開催された。

[21:33 9/19]

京阪特急「鳩マーク」現行3000系にも - 車体前面に液晶ディスプレイを設置

京阪電気鉄道の車両3000系の前面デザインが一新され、京阪特急のシンボル「鳩マーク」や快速特急「洛楽」の文字・マークを表示する液晶ディスプレイと装飾灯が設置された。「テレビカー」の愛称でも親しまれた旧3000系から8000系へ受け継がれた「鳩マーク」が、現行の3000系でも使用されることになった。

[19:43 9/19]

京王電鉄の新型車両5000系、デビュー前に試乗「京王らしくない」走りを体感

台風の接近する中、若葉台駅4番線ホームに悠然と入線したのは、9月29日から営業運転を開始する京王電鉄期待の新型車両5000系。9月17日に試乗会が行われ、一般の参加者らが多数乗車した。この5000系は走りのなめらかさという点で優れていると感じる。いままでの京王線の車両からは想像もできない走りだ。

[07:00 9/19]

JR東日本「Kenji」編成で仙台~気仙沼間の直通臨時快速列車、10~11月運行

JR東日本仙台支社・盛岡支社は13日、仙台~気仙沼間で10~11月にかけて直通臨時快速列車を運行すると発表した。車両はキハ58系「Kenji」編成(3両編成)で定員130名。運行日は10月9・10・17・18日と11月3・4・10・11日の計8日間。仙台~気仙沼間を東北本線・大船渡線経由で1日1往復運転し、途中駅には停車しない。

[05:04 9/19]

2017年09月18日(月)

伊豆箱根鉄道が創立100周年 - 西武多摩川線開業100周年とコラボ企画を実施

伊豆箱根鉄道は10月4日から、西武鉄道とコラボレーションした企画電車を運行する。伊豆箱根鉄道は、前身となる駿豆鉄道が事業を継承してから今年で創立100周年。同じ西武グループである西武鉄道が運営する西武多摩川線武蔵境~白糸台間も10月22日に開業100周年を迎えることから、両社のコラボによる企画電車の運行を決定した。

[16:34 9/18]

西武鉄道「多摩川線開業100周年」イベント開催 - 伊豆箱根鉄道とのコラボも

西武鉄道は29日から「多摩川線開業100周年」のイベントなどを開催する。多摩川線武蔵境~白糸台(旧北多磨)間が10月22日に開業100周年を迎えるにあたり、9月29日から12月31日まで「多摩川線開業100周年期間」とした。期間中はオリジナルヘッドマーク(シール)を付けた電車を3編成運転するほか、さまざまなイベントを実施する。

[16:24 9/18]

西武安比奈線「休止」から約54年「廃止」から約3カ月 - 廃線跡の周辺を行く

今年6月1日、西武鉄道は安比奈線の鉄道事業を廃止したとニュースリリースで告知した。1963(昭和38)年に休止となり、復活への期待感が高まった時期もあったが、今年5月31日をもって正式に廃止となった。休止から約54年。廃止から約3カ月。安比奈線の現状は、どうなっているだろうか。

[08:00 9/18]

2017年09月17日(日)

京王電鉄5000系、新型車両の試乗会を開催 - 若葉台駅から多摩動物公園駅へ

京王電鉄は17日、新型車両5000系の試乗会を実施した。試乗会の列車は若葉台駅から相模原線・京王線経由で多摩動物公園駅まで走行。車内では「鉄道BIG4」としても知られる岡安章介さん(ななめ45°)、南田裕介氏らによるトークイベントも行われた。新型車両5000系は9月29日から京王線を中心に通常列車で営業運転を開始する。

[16:05 9/17]

2017年09月16日(土)

日本旅行、道北・道東方面を訪ねる観光列車モニターツアー - 10月以降実施

日本旅行と日本旅行北海道は、道北・道東を周遊する観光列車によるモニターツアーを実施すると発表した。JR北海道の協力により運行する観光列車に貸切バスを組み合わせ、鉄道から離れた見どころも訪ねる企画とする。北海道が実施する観光列車旅行者動向調査事業の一環で、日本旅行はツアーの企画・催行と旅行者動向調査を道から受託した。

[20:39 9/16]

東京メトロ、綾瀬車両基地を11/12一般公開 - 1万5,000人を招待、新規出展も

東京メトロは11月12日、綾瀬車両基地を一般公開するイベント「メトロファミリーパーク in AYASE」を開催する。事前応募制で、1万5,000人を招待する。今年は新規出展として、普段は絶対に見られない「電車のおなか」が見られる「激撮! 電車VR体験」や、ドラえもんと一緒に楽しむ「すすメトロ! 検定」のブースが登場する。

[20:18 9/16]

伊予鉄道5000形、新型LRT車両2両が9/21デビュー! 記念クリアファイルも発売

伊予鉄道は21日から、新たに導入した新型LRT車両5000形2両の営業運転を開始する。5000形は「乗ってみたくなる未来型流線形デザイン」(伊予鉄道)が印象的な低床バリアフリー型車両。「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」として実施しているオレンジ色のカラーリングにより、愛媛らしさを表現している。

[19:54 9/16]

鉄道トリビア 第422回 東京モノレール&京急線の一部区間に"タダ乗り"できる方法がある

先頃、東急電鉄が池上線の開業90周年を記念し、10月9日に全線無料にすると発表して話題になった。じつは他にも、都内に隠れた無料乗車制度がある。それは東京モノレールと京急空港線。それぞれ一部区間と聞けば納得。羽田空港に関する制度だ。詳細は羽田空港国内線旅客ターミナルのサイト内でも紹介されている。

[08:00 9/16]

2017年09月15日(金)

東京メトロ・東京都交通局、九段下駅に3線共通改札口を設置 - 乗換え改善へ

東京メトロと東京都交通局は14日、九段下駅における東京メトロ東西線・半蔵門線と都営新宿線のさらなる利便性向上施策として、3線共通改札口の設置と乗換えエレベーターの整備を進め、駅の環境整備の工事も開始すると発表した。3線共通改札口と乗換えエレベーターの供用開始は2020年3月末を予定している。

[19:57 9/15]

京王電鉄『けものフレンズ』コラボでスタンプラリー - ヘッドマーク掲出も

京王電鉄と多摩動物公園、井の頭自然文化園は、9月21日から10月22日まで「京王の電車に乗って動物たちに会いに行こう! 多摩&井の頭 Zoo×けものフレンズ すたんぷらりー」を開催する。期間中、多摩動物公園・井の頭自然文化園と最寄り駅である多摩動物公園駅・吉祥寺駅にスタンプ台を設置する。

[17:39 9/15]

JR北海道「ニセコエクスプレス」引退へ - 11月にラストラン、記念乗車券も

JR北海道は14日、キハ183系5000番台「ニセコエクスプレス」車両が11月で引退すると発表した。これに先立ち、10~11月にかけて札幌~蘭越間でラストラン運転を行う。特産品販売やご当地キャラクターの登場などで乗客を歓迎するほか、営業運転開始当時の「ニセコエクスプレス」を図柄にした記念乗車券なども発売される。

[16:35 9/15]

JR西日本、三江線廃止で定期乗車券も段階的に発売取りやめ - 3/31営業終了

JR西日本米子支社は15日、三江線江津~三次間を含む定期乗車券の段階的な販売の取りやめについて発表した。三江線は2018年3月31日をもって営業終了(廃止予定日は2018年4月1日)し、4月1日から三江線を含む乗車券類は使用不可に。これにともなう6カ月定期乗車券・3カ月定期乗車券・1カ月定期乗車券の発売を取りやめる日が発表された。

[16:04 9/15]

【特別企画】作家の有栖川有栖と脚本家の今井雅子が審査!南海電鉄小説コンテスト開催

マイナビニュースは、南海電鉄、小説投稿サイト『エブリスタ』と共同で、9月15日正午より南海電鉄沿線やグループ施設を舞台とした小説を募る「南海電鉄小説コンテスト」を開始する。テーマは「人と街への想いが繋ぐ沿線の物語」。応募期間は11月13日正午まで。

[12:00 9/15]

京王電鉄と岐阜県高山市、農産物を高速バスで運ぶ「貨客混載」事業スタート

京王電鉄と岐阜県高山市は、高速バスを活用して飛騨高山の農産物を東京へ輸送する「貨客混載」の取組みを9月14日から開始した。輸送する農産物は飛騨高山産のトマト・ホウレンソウ・モモ・ナス・トウモロコシ・キュウリなどを想定しており、1便あたり20kg詰めの保冷コンテナ3~6個分を運ぶという。

[07:00 9/15]

2017年09月14日(木)

「JR北海道わがまちご当地入場券」をコンビニ「セイコーマート」でも販売へ

JR北海道は13日、同社の駅がある各自治体で1種類ずつ発売している「JR北海道わがまちご当地入場券」について、道内最大手のコンビニチェーン「セイコーマート」での販売を開始すると発表した。買いやすくしてほしいとの要望の多かった23カ所について、コンビニでの取扱いを開始することにしたとのこと。

[20:56 9/14]

三菱重工とJR西日本「第14回三原浮城まつり」で高速AGTパレードなどを実施

三菱重工業とJR西日本広島支社は11月4・5日の2日間、地元企業による地域共生活動の一環として広島県三原市内で開催される「第14回三原浮城まつり」に合わせ、三原城築城450年を記念した共同イベントを開催する。「三原浮城まつり」のメイン行事のひとつとして、公共交通システムに親しめる各種展示や体験プログラムなどを実施する。

[20:32 9/14]

「東京モノレールまつり」10/7開催 - 普段は入れない昭和島車両基地を開放

東京モノレールは10月7日、「東京モノレールまつり」をモノレール昭和島車両基地内にて開催する。今年で2回目の開催で、昨年は2,667名が来場。普段入ることのできないモノレール車両基地を開放し、ここでしか体験できないさまざまなイベントを実施する。また、鉄道部品およびモノレールグッズの販売も行う。

[20:15 9/14]

東武動物公園駅「子供祭り駅」に!? ももクロのライブと連動、記念乗車券も

東武鉄道は12日、東武スカイツリーライン東武動物公園駅西口の駅名を人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)のライブイベントの名称である「子供祭り駅」に変更すると発表した。東武動物公園内の多目的ステージ「ハッピーオンステージ」の新ステージこけら落としとして、9月23日に開催されることを記念して企画された。

[20:07 9/14]

西武鉄道『ラブライブ! サンシャイン!!』スタンプラリー、ラッピング電車も

西武鉄道は9月16日から10月15日まで、『ラブライブ! サンシャイン!!』をテーマとしたスタンプラリーを開催する。「ラブライブ! サンシャイン!!『Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR』」を記念して実施され、スタンプを集めるとアニメのキャラクターを描いた限定ブロマイドがもらえる企画で、期間中にラッピング電車も運行される。

[19:56 9/14]

2017年09月13日(水)

JR東日本、奥羽本線神町駅で建替え - 9/29から仮駅舎、来年2月から新駅舎に

JR東日本仙台支社は12日、奥羽本線神町駅の建替えに着手すると発表した。新駅舎は白を基調とした外壁に木目調の腰壁を施した外観で、屋根は片流れ式。駅名のローマ字表記や待合室上方にある明り取り窓など、細部に既存駅舎のデザインを残す。建替え工事にともない、9月29日から仮駅舎を使用開始する。

[19:08 9/13]

京成バス、環七シャトルバス「シャトル☆セブン」新型車両を公開! 写真55枚

京成バスは13日、江戸川営業所にて環七シャトルバス「シャトル☆セブン」新型車両のお披露目会・試乗会を開催した。新型車両は連接バスを除く路線バスの中で最も定員が多い長尺車両を採用しており、定員は86名(座席29名+立席56名+乗務員1名)。デザインも一新され、現行車両12両のうち9両を新型車両に代替するという。

[18:08 9/13]

鉄道ニュース週報 第87回 地方鉄道に朗報か - 新車購入を国が支援、2018年度予算で計上へ

老朽化した車両を維持して運行している地方鉄道に対して、国の支援が決まりそうだ。国土交通省は車両購入費や改良費について、最大3分の1を支援する仕組みを検討しているという。省エネルギー化による経営面効率化、バリアフリー車両の導入による利用促進が期待できる。しかし、由緒ある車両の廃車が進むかもしれない。

[11:30 9/13]

大阪市、地下鉄民営化後の制服デザインを公表 - 「関西屈指の鉄道会社」へ

大阪市はこのほど、大阪市営地下鉄民営化後の新会社で着用する制服のデザインを公表した。「安全、信頼感、親しみやすさというコンセプトのさらなる追及」と「洗練性の向上や仕事のしやすさ」の2点を両立させたデザインに。新会社での営業を開始する2018年4月1日から着用する。

[08:03 9/13]

2017年09月12日(火)

阪急京都線、くるりと連携「沿線再発見スタンプラリ」第2弾 - 9/13から実施

阪急電鉄は9月13日から、ロックバンド・くるりと連携し、「くるり×阪急京都線 沿線再発見スタンプラリー『京都の大学生』編」を実施する。くるりのメンバーが京都出身で、ボーカルの岸田繁さんが阪急電車のファンであることなどから、阪急電鉄とくるりによるスタンプラリーが昨年秋に開催され、今回はその第2弾となる。

[23:50 9/12]

大阪市営地下鉄、ハロウィーンのイベント列車で"いつもと違う野田阪神駅"へ

大阪市交通局は11日、市営地下鉄千日前線でハロウィーンにちなんだイベント列車を10月28日に運行すると発表した。イベント列車は小学生以下の子供と保護者を対象とした「カーニバルトレイン」と、大人向けの「ホラートレイン」の2本。乗車は事前応募制で、9月29日まで応募を受け付ける。

[23:21 9/12]

JR西日本キハ40形「サイクル県やまぐち」ラッピング車両、山口線などで運行

JR西日本は山口県の推進する「サイクル県やまぐち」プロジェクトの機運醸成とPRを目的に、このほど同プロジェクトのラッピング車両の運行を開始した。キハ40形1両の外観を「サイクル県やまぐち」のロゴやサイクルスポーツのイメージなどで装飾し、山口線を中心に山陰本線、岩徳線、芸備線で運行する。

[23:09 9/12]

JR九州「ななつ星 in 九州」2018年春・夏出発分は10/1受付開始 - 新商品も

JR九州は11日、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の2018年春・夏(2018年3~9月)出発分の予約受付について発表した。JR九州企画・実施分の旅行商品は10月1~31日に予約を受け付け、乗車前日に「プレミアムな前夜祭」を楽しめる新商品や、魅力ある九州を乗車前に訪ねる「プレミアムな九州の旅」旅行商品も同時に受け付ける。

[10:24 9/12]

2017年09月11日(月)

大井川鐵道、臨時急行に愛称「奥大井」9/15から - 元南海&近鉄の車両で運行

大井川鐵道は11日、多客期に運行される大井川本線金谷~千頭間の臨時急行電車に「奥大井」の愛称を付けると発表した。国鉄時代、東海道本線静岡駅から直通運転を行った「奥大井」の愛称を復活させ、「臨時急行電車への親しみやすさの向上と『奥大井』の知名度アップ及び入込客増加によるさらなる地域貢献を図りたい」としている。

[20:07 9/11]

JR西日本「パンダくろしお1・2号」10月に臨時列車、新大阪~白浜間で運行へ

JR西日本は10月14・15日、臨時列車「パンダくろしお」を運行する。8月5日から運行開始したラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を使用し、10月14日に新大阪発白浜行「パンダくろしお1号」、10月15日に白浜発新大阪行「パンダくろしお2号」を設定した。ともに全車指定席での運行となる。

[12:43 9/11]

2017年09月10日(日)

鉄道ニュース・プラス 第5回 JR九州、特急「ゆふいんの森」臨時運行 - 北九州市内も走行

福岡県・大分県を中心に被害をもたらした「平成29年7月九州北部豪雨」から2カ月が経過した。鉄道においてはJR九州の久大本線・日田彦山線などが被災し、現在も一部区間で列車の運転見合わせが続く。久大本線経由の特急「ゆふいんの森」「ゆふ」も従来の列車は運休とされ、区間を変更しての臨時運行が実施されている。

[17:00 9/10]

2017年09月09日(土)

鉄道トリビア 第421回 京王井の頭線、なぜ小田急電鉄の路線にならなかったのか?

京王電鉄の井の頭線は渋谷~吉祥寺間を結ぶ12.7kmの複線電化路線だ。途中駅に下北沢駅があり、若い人たちに人気のエリアを通る。下北沢駅は小田急小田原線と乗換え可能だけど、乗換え改札口がない。なぜなら、かつて井の頭線も小田急電鉄の路線だったから。では、一体なぜ、井の頭線は京王電鉄に"移籍"したのだろう。

[08:00 9/9]

2017年09月08日(金)

新京成電鉄「ラーメン得々スタンプラリー」ふなっしーどんぶりセット当たる

新京成電鉄は7月から展開しているふなっしー地上降臨5周年と新京成開業50周年のコラボ企画の第3弾「新京成ラーメン得々スタンプラリー」を10月1日から12月15日まで開催する。ふなっしーが選んだ沿線の12店舗のうち3店舗を巡ると抽選で300名に、12店舗すべてのスタンプを集めるともれなく非売品のふなっしーどんぶり&れんげセットが当たる。

[18:26 9/8]

JR東日本115系湘南色「かぼちゃ電車」車内をハロウィーン仕様にラッピング

JR東日本高崎支社はこのほど、10月初旬から下旬にかけて車内をハロウィーン仕様にラッピングした115系1編成(3両)を運行すると発表した。外観は普通の塗装のままだが、車内の側面やドアをお化けやコウモリ、クモの巣などハロウィンの意匠で装飾する。運行エリアは群馬県内と一部栃木県内とされている。

[18:13 9/8]

JR東日本「まもレール」10月から提供、子供たちの駅通過時刻を保護者に通知

JR東日本とセントラル警備保障は共同で、子供たちが駅改札を通過した時刻などを保護者に通知する「子ども見守りサービス『まもレール』」を10月1日から提供する。子供が交通系ICカード「Suica」「PASMO」で対象駅の自動改札を通過すると、事前に登録した保護者のスマートフォンなどに利用駅と通過時刻、ICカードのチャージ残額が通知される。

[17:15 9/8]

JR東日本、常磐線普通列車グリーン車「1回乗ってみようキャンペーン」開始

JR東日本東京支社は「モバイルSuica」会員を対象とした「常磐線普通列車グリーン車とにかく1回乗ってみようキャンペーン」を9月8日から開始する。エントリーするだけで、抽選で1,000名に「Suica」グリーン券が当たる。10月14日のダイヤ改正で品川駅へ直通運転を行う列車が増発され、常磐線の利便性がさらに向上することを受けて実施される。

[17:02 9/8]

2017年09月07日(木)

JR東日本、町田駅4番線八王子寄りに特殊な仕様のホームドア - 9/23試行開始

JR東日本横浜支社は6日、特殊な形状となるため他の箇所より設置が遅れていた町田駅4番線の一部のホームドアについて、9月23日始発から試行開始すると発表した。今回設置する2扉は、従来設置していた「スマートホームドア」と異なり、バー全体が車両の停止位置に合わせて左右に可動する仕様とした。

[19:58 9/7]

近鉄、五位堂検修車庫・高安車庫などで「きんてつ鉄道まつり」10~11月開催

近畿日本鉄道は、恒例の「きんてつ鉄道まつり」を10月28・29日に五位堂検修車庫(奈良県香芝市)と高安車庫(大阪府八尾市)で、11月11・12日に塩浜検修車庫(三重県四日市市)でそれぞれ開催する。今年は近鉄名古屋キャンペーン「いこーや なごーや」にちなみ、名古屋の魅力を発信する企画を用意し、鉄道ファン以外も楽しめるイベントをめざす。

[19:26 9/7]

東急電鉄、池上線「生活名所」プロジェクト - 1日フリー乗車券の無料配布も

東急電鉄は6日から、池上線沿線の魅力を発信する「生活名所」プロジェクトを開始した。「人の暮らしに根付いている」「だれでもウエルカムであること」など5つの条件に該当する池上線沿線のスポットを「生活名所」に認定し、魅力を発信する取組みで、池上線全線に乗降り自由となる1日フリー乗車券の無料配布などが予定されている。

[19:10 9/7]

JR東海「集中旅客サービスシステム」東海道本線岡崎~豊橋間で10/1運用開始

JR東海は10月1日、東海道本線岡崎~豊橋間で導入準備を進めていた「集中旅客サービスシステム」の運用を開始する。駅係員が不在となる早朝や夜間にサービスを停止していたきっぷの購入・精算・ICカードへのチャージなど、列車を運行するすべての時間帯で行えるようになる。9月30日をもって駅係員によるきっぷの販売は終了となる。

[18:42 9/7]

2017年09月06日(水)

「東京メトロ90日間全線パス」抽選で180名に当たるプレゼントキャンペーン

東京メトロは地下鉄開通90周年記念イベントのプレ企画として、有効期間中に東京メトロ線内を何度でも利用できる「東京メトロ90日間全線パス」が抽選で180名に当たるプレゼントキャンペーンを実施する。「東京メトロ90日間全線パス」は無記名タイプの磁気式乗車証で、有効期間は2017年10月27日から2018年1月24日まで。

[21:49 9/6]

京王電鉄、新型車両デビューで「5000系運行開始記念乗車券」9/17先行発売も

京王電鉄は16年ぶりに導入される新型車両5000系の営業運転開始に合わせ、「5000系運行開始記念乗車券」を発売すると発表した。新型車両5000系を描いたD型硬券4枚を1セットとして、3つ折りの専用台紙に封入した。専用台紙には5000系の写真をはじめ、新型車両のコンセプトや特徴・スペックも記載される。

[20:55 9/6]

鉄道ニュース週報 第86回 阪急電鉄の伊丹空港連絡線構想は「勝算あり」実現性は高い?

9月1日、全国紙などが一斉に阪急電鉄の空港直結線構想を報じた。宝塚本線曽根駅から分岐し、大深度地下を経由して伊丹空港を結ぶ。路線長約3~3.5km、予算は1,000億円から数千億円と、記事によりばらつきがある。実現すれば梅田~伊丹空港間の所要時間は15分程度、最速で12分程度になるかもしれない。

[10:00 9/6]

2017年09月05日(火)

JR西日本、大阪環状線玉造駅リニューアル工事着手 - 「まが玉」モチーフも

JR西日本は4日、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、玉造駅のリニューアルに着手すると発表した。駅構内店舗は約750平方メートルを全面リニューアル。コンコースも改装し、壁面・床面・天井の美装とLED照明化を行う。駅構内店舗を中心としたリニューアルを行うとともに、地域のランドマークとしての役割強化をめざす。

[21:55 9/5]

小田急電鉄・JR東海、臨時特急「富士山トレインごてんば号」共同で10/9運行

静岡県御殿場市と小田急電鉄・JR東海の3者はこのほど、10月9日開催の「ごてんば線まつり」と富士山が楽しめる臨時特急「富士山トレインごてんば」号を小田急線新宿駅からJR御殿場駅まで運転すると発表した。小田急電鉄のロマンスカー・MSE(60000形)6両編成が使用され、座席は全車指定席となる。

[21:46 9/5]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事