マイナビニュース | テクノロジー | 産業機器/ロボット

関連キーワード

イチオシ記事

小学校でプログラミングを学ぶ意義とは? ロボット教育シンポジウムが開催

WRO JAPANは7月23日、科学技術館(東京都千代田区)において「第9回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」を開催した。

[08:00 8/26]

新着記事

一覧

大成建設、ロボットによる柱鉄骨の現場溶接自動化工法を開発

大成建設は8月25日、軽量かつコンパクトな作業ロボットによる柱鉄骨の現場溶接自動化工法「T-iROBO Welding」を開発したと発表した。

[21:40 8/25]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第21回 行動認識(2) - 動きの特徴量(HOF、MBH)

前回の記事では、Dense Trajectoriesをご紹介しました。今回は、そのDense Trajectoriesでも採用されているHistogram of Optical Flow(HOF)、Motion Boundary Histograms(MBH)を説明したいと思います。

[10:00 8/23]

新着記事

一覧

【連載特別企画】DMM.comのビジネス向けロボット「Palmi」が実現するワークスタイルの未来とは? 第4回 誰でもロボットアプリが作れる? サテライトオフィスが開発中のフレームワークとは

Google AppsやMicrosoft Office 365のデベロッパーであるサテライトオフィスが、2016年4月、ロボットアプリの開発をスタートした。2足歩行ロボット「Palmi(パルミー)」を使って、どんなことができるのか。現在開発しているアプリの内容などを、同社ソリューション事業部プロジェクトマネージャーの荻久保正和氏に聞いた。

[08:30 8/23]

山岳救助をテーマにしたロボットチャレンジが始動、賞金総額は2750万円!

新しいロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge」が2016年10月、北海道・上士幌町の町有林で開催される。これは山岳救助を想定したロボット競技になっており、ドローンやローバーを使って、遭難者の発見・救助を行う。8月19日、都内で事前説明会が開催され、競技の内容について、主催者側から詳しい説明があった。

[10:53 8/22]

KLA、10nm以降のマスク技術に対応したレチクル検査技術を発表

KLA-Tencorは8月16日(米国時間)、10nm以降のマスク技術に対応したレチクル検査装置「Teron 640/SL655」および「レチクルデシジョンセンター(RDC)」を発表した。

[17:50 8/19]

ロボホン開発者と高橋智隆氏のトークショーが19日に開催-二子玉川 蔦屋家電

二子玉川 蔦屋家電は8月19日に、ロボットクリエイターの高橋智隆氏を講師とした、「ロボットクリエイター 高橋智隆 が語る『あなたとロボットの未来』」と題したトーク&サイン会を開催する。

[10:58 8/15]

Lam、次世代メモリへの道を開く低フッ素タングステンALDプロセスを開発

Lam Researchは8月9日(米国時間)、タングステン成膜ソリューション「ALTUSシリーズ」の最新ラインアップとしてフッ素濃度の低いタングステン膜の生成を実現するALDプロセス装置「ALTUS Max E シリーズ」を発表した。

[14:29 8/10]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第20回 行動認識(1) - Dense Trajectories

動画像中から人物の行動を認識する技術もあります。今回は、その行動認識のために開発された「Dense Trajectories」をご紹介いたします。

[10:00 8/9]

アドバンテスト、高密度実装モジュールを採用したSSDテストシステムを発表

アドバンテストは8月8日、高密度実装モジュールを採用することで、従来製品と比べ低コスト化と省スペース化を実現したSSDテストシステム「MPT3000HVM」を発表した。

[09:00 8/9]

SiCウェハの高速生産/素材ロス低減を実現するスライス技術-ディスコが開発

ディスコは8月8日、レーザ加工を活用したインゴットスライス手法「KABRA(Key Amorphous-Black Repetitive Absorption)」プロセスを開発し、SiCウェハ向けに提供することを発表した。

[08:00 8/9]

川崎重工、東京・お台場に一般客も対象としたロボットショールームを開設

川崎重工業(川崎重工)は8月5日、東京ロボットセンターショールーム「Kawasaki Robostage」を東京・お台場に開設し、8月6日より営業を開始すると発表した。

[18:47 8/5]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第4回 急成長する車載イメージング/半導体市場

今回のディスプレイ産業フォーラムから、新たに車載イメージング市場に関する独立した市場予測が加わった。車載イメージングは、リアビューカメラの搭載や衝突防止機能などのADAS機能の搭載により2021年までの年平均成長率は2桁の伸びが予想される。

[07:00 8/5]

リコーインダストリアルソリューションズ、焦点距離12mmの広角FAレンズ

リコーインダストリアルソリューションズは8月4日、画面サイズ1型9メガピクセルまで対応の画像処理用手動絞りレンズ「RICOH FL シリーズ」5機種(焦点距離16mm、25mm、35mm 、50mm、75mm)に加え、新たに焦点距離12mmのレンズを8月8日に発売すると発表した。

[16:30 8/4]

認知症予防・健康寿命の伸長が期待できる赤ちゃんロボット「スマイビS」

ミサワホームは8月4日、グループ会社のニュー・ライフ・フロンティアが認知症予防や健康寿命の伸長などが期待される赤ちゃんロボット「スマイビS」を同月より高齢者や介護事業者向けに発売すると発表した。価格は15万1200円(送料込み)。

[15:49 8/4]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第3回 スマホ・テレビ・モニタなどアプリ分野の動向

中小型液晶ディスプレイのけん引役であるスマートフォン市場では、その需要に飽和感が2016年上期では見られた。下期に新型iPhoneの登場などにより挽回が期待できるとはいえ、通年の出荷数量は前年並みとなる可能性が高い。

[07:00 8/4]

光で絵を描けるロボットおもちゃ、クラウドファンディングで予約販売開始

JellyWareは8月3日、東芝の光で絵や文字を書く技術と音声・映像活用クラウドサービス「RECAIUS」の音声合成技術の提供と支援を受けて、光で絵を描くことができるロボットおもちゃ「wordee」を開発し、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で予約販売を開始したと発表した。

[18:04 8/3]

ZMP、物体検出機能を搭載したステレオビジョンシステムを出荷開始

ZMPは8月3日、ステレオカメラ「RoboVision2」を用いた物体検出機能を搭載した「ZMP RoboVision2 物体検出パッケージ」の出荷を開始したと発表した。

[15:02 8/3]

IDT、高速データ通信機器向け12出力クロックジェネレータを発表

IDTは、10/40および100Gビットイーサネットシステムのような複雑なシステム環境が必要とする高性能なタイミングを可能とする85フェムト秒のRMS位相ジッターを実現した12出力クロックジェネレータ「8V49NS0312」を発表した。

[11:08 8/3]

東芝、最大定格40V/2.0Aの2chステッピングモータドライバICの量産を開始

東芝は、最大定格40Vで定格電流2.0Aのバイポーラ・2chステッピングモータドライバ「TC78S122FNG」の量産を8月5日より開始すると発表した。

[08:30 8/3]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第2回 パネル業界・部材業界の生き残り作戦

大手FPDメーカーを2015年の売上高および出荷パネル面積の規模で分類すると、図5に示すように、ダントツでトップ争いを繰り広げる韓国勢、今は中小規模だがぐんぐん成長する新興の中国勢、第2グループ以下を引き離そうと必死の韓国勢と急成長で第2グループに入ろうとする中国勢に板挟み状態の台湾勢に3分類できる。

[07:00 8/3]

しつけもできる犬型ロボット「CHiP」発売- DMM.com

DMM.comは2日、米国のロボット玩具メーカー「WowWee Group Limited」(以下、WowWee)が開発した犬型パートナーロボット「CHiP(チップ)」の国内販売を開始することを発表した。同社のロボット販売サイト「DMM.make ROBOTS」にて本日11:00より予約受付を開始し、9月下旬より発売する。

[11:00 8/2]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第1回 将来有望なAMOLEDへ投資が集中

市場調査会社IHS主催の「2016年後期ディスプレイ産業フォーラム」が7月27日~28日の2日間、東京都内で開催され、世界規模のフラットパネルディスプレイ(FPD)産業の今年前半の市場調査結果や、同年後半以降の動向を予測が発表された。

[07:00 8/2]

オムロン、超精密制御技術搭載のプログラマブル多軸モーションコントローラ

オムロンは7月29日、超精密モーション制御技術を搭載した「プログラマブル多軸モーションコントローラ CK3E」3形式と「産業用PCプラットフォーム IPC プログラマブル多軸モーションコントローラ NY51□-A」2形式を年8月1日に発売すると発表した。

[17:32 7/29]

ファナックとNTTが協業 - アナリティクスプラットフォーム提供

ファナックとNTT、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTデータは7月28日、、ファナックが開発を進めているCNC(コンピュータ数値制御装置)やロボット、周辺デバイス、センサなどを接続して製造・生産を最適化するためのアナリティクスを提供するオープンプラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system(FIELD system)」の早期確立とサービス開始に向け、エッジコンピューティング技術とICT基盤活用などに係る協業を行うことに合意した。

[16:01 7/29]

NEDO、ロボットビジネスの人材育成を行うスクールを大阪工業大学に開設

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月28日、サービス分野のロボットビジネスを創出できる人材育成を行う「ロボットサービス・ビジネススクール」を年内にも大阪工業大学内に開設すると発表した。

[17:09 7/28]

シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など

金沢工業大学(金沢工大)は7月28日、シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見したと発表した。

[11:44 7/28]

オムロン、生産現場でのIoT活用を推進する産業用PCプラットフォームを発表

オムロンは7月27日、生産現場におけるIoT活用や高速高精度オートメーションを実現する「産業用PCプラットフォーム(IPC)」を8月1日に一斉発売すると発表した。

[11:52 7/27]

2016年の半導体製造装置市場は1%成長ながら2017年は2桁成長へ - SEMI

SEMIは7月12~14日に米カリフォルニア州サンフランシスコにて開催された同団体主催の展示会「SEMICON West 2016」において、世界半導体製造装置および材料市場の最新動向を紹介し、2016年の製造装置市場は横ばいながら、2017年は大きく成長する見通しであることを明らかにした。

[07:00 7/27]

イクシスリサーチ、神奈川県川崎市で橋梁点検用ロボットの実証実験を実施

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月26日、NEDOプロジェクトにおいてイクシスリサーチが開発した橋梁点検用ロボットの実証実験を神奈川県川崎市内で行ったと発表した。

[16:53 7/26]

Telit、半導体製造関連設備を準リアルタイムで管理できるポータルサービス

Telit Wireless Solutions(Telit)は7月26日、半導体製造関連設備の動作の準リアルタイム管理を可能とする「secureWISEビジネスマネジメントポータル」の提供を開始すると発表した。

[15:29 7/26]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>産業機器/ロボット)

 トップへ
産業分野やロボット技術などの話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[C3TOKYO 2016]「ラブライブ!サンシャイン!!」グッズが続々 業界の熱視線も
[14:44 8/27] ホビー
「エヴァ」初のHDリマスター版がBSプレミアムで放送!5.1chサラウンドで
[14:32 8/27] ホビー
さんま、女子アナとの飲み会を計画!?「彼女がほしい」辻井伸行のため
[14:30 8/27] エンタメ
[大竹しのぶ]共演者が“関西弁”絶賛 「誰に習ったん?」の突っ込みに「忘れましたよ」
[14:22 8/27] エンタメ
[高橋愛]地元・福井県坂井市アンテナショップの一日店長 浴衣姿でまんじゅう配り
[13:45 8/27] エンタメ