「マザーボード」最新記事一覧

最新チップセットを搭載したマザーボードのニュースをお届け。

関連キーワード

ヘッドライン

ASUS、高耐久マザーボード「TUF」シリーズにX299搭載モデル

ASUSTeK Computerは7月13日、高耐久仕様のマザーボード「TUF」シリーズの新モデルとして、チップセットにIntel X299を搭載した「TUF X299 MARK 1」および「TUF X299 MARK 2」を7月14日に発売すると発表した。24時間365日の連続稼働が必要なPCなどを想定した設計を採用する。どちらも価格はオープン。

[16:42 7/13]

ASUS、X299搭載のゲーミングマザーボード「ROG STRIX X299-E GAMING」

ASUSTeK Computerは7月13日、チップセットにIntel X299を搭載したゲーミングマザーボード「ROG STRIX X299-E GAMING」の国内販売を発表した。M.2スロットにヒートシンクを搭載するほか、冷却ファンの取り付けも可能となっている。7月14日の発売を予定し、価格はオープン。

[12:29 7/13]

MSI、メインストリーム向けのX299マザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」

台湾MSIは7月12日、Intel X299チップセット搭載マザーボードの新モデルとして、コストパフォーマンスを重視した、メインストリーム向けのゲーミングマザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」を発表した。7月14日の発売を予定し、店頭予想価格は税別42,980円。

[18:37 7/12]

MSI、OC向け機能を搭載したX299マザーボード「X299 XPOWER GAMING AC」

台湾MSIは7月12日、Intel X299チップセット搭載マザーボードの新モデルとして、オーバークロック性能の追求をうたう「X299 XPOWER GAMING AC」を発表した。デジタル制御の14フェーズ電源回路を備え、CPUによっては5GHz超のオーバークロックも狙えるという。7月21日の発売を予定し、店頭予想価格は税別61,980円。

[18:03 7/12]

ASRock、「グラボ13枚刺し」が可能なマイニング向けマザーボードを国内販売

マスタードシードは6月30日、ASRock製マザーボード「H110 Pro BTC+」の取り扱いを発表した。COMPUTEX TAIPEI 2017で公開されたマイニング向けの製品で、13基のPCIeスロットを備えており、13枚のグラフィックスカードが装着できる。7月7日の発売を予定し、店頭予想価格は税別14,800円前後。

[22:49 6/30]

ASRock、Ryzen対応のMini-ITXマザーボード 2モデル

マスタードシードは6月30日、AMD Ryzenシリーズに対応したMini-ITXマザーボードとして、AMD X370チップセットを搭載した「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」とAMD B350チップセットを搭載した「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の取り扱いを発表した。いずれも7月12日の発売を予定し、店頭予想価格は「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」が税別18,500円前後、「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が税別14,800円前後。

[19:44 6/30]

ASUS、CPU液冷ヘッドを標準搭載するE-ATXゲーミングマザーボード

ASUSTeK Computerは29日、CPU用の液冷ヘッドを搭載するIntel Z270マザーボード「ROG MAXIMUS IX EXTREME」を発表した。ROGブランドに属するE-ATXマザーボード。CPU用の液冷ヘッドを標準で搭載。簡単に液冷PCを組み立てられる。6月30日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は84,500円前後(税込)。

[20:22 6/29]

ASUS、AMD X370チップセットを搭載するROGゲーミングマザーボード

ASUSTeK Computerは29日、ROGブランドのゲーマー向けATXマザーボード「ROG STRIX X370-F GAMING」を発表した。AMD X370チップセット搭載のゲーマー向けマザーボード。ROGブランドに属しており、ゲーム用の機能を多数搭載する。6月30日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込27,000円前後。

[19:53 6/29]

GIGABYTE、X299マザーボードを国内でお披露目 - ハイエンドでもゲーミングに注力

GIGABYTEは6月27日、Intelの最新CPU「Core X」シリーズに対応するX299チップセット搭載マザーボードの発表会を開催した。同社のX299マザーボードは、ゲーミングブランドの「AORUS」を軸としたラインナップ。すでにCOMPUTEX TAIPEI 2017で公開された製品だが、あらためて日本市場に向けてのお披露目となった。

[05:00 6/29]

ASUS、X299搭載の「PRIME X299-DELUXE」と「PRIME X299-A」を6月27日に発売

ASUSTeK Computerはこのほど、チップセットにIntel X299を搭載したマザーボード「PRIME X299-DELUXE」および「PRIME X299-A」を6月27日に発売すると発表した。店頭予想価格は「PRIME X299-DELUXE」が税込67,000円前後、「PRIME X299-A」が税込46,000円前後。ASUSではX299搭載マザーボードについて7製品を日本市場に投入するとしているが、残りの5製品については発売日・価格ともに未定となっている。

[23:09 6/26]

ASRock、"Taichi"などIntel X299搭載マザーボード 4モデル

マスタードシードはこのほど、Intelの最新CPU「Core X」シリーズに対応したX299チップセットを搭載するASRock製ハイエンドマザーボード 4モデルの取り扱い開始を発表した。「X299 Taichi」は6月28日、そのほかの3モデルは7月の発売を予定する。

[20:54 6/26]

ASUS、Intel H270を搭載したROGブランドのMini-ITXゲーミングマザーボード

ASUSTeK Computerは22日、ROGブランドのゲーマー向けMini-ITXマザーボード「ROG STRIX H270I GAMING」を日本市場向けに販売すると発表した。高音質オーディオ機能や、ネットワークゲームの通信優先度を高める「GameFirst IV」といった、ゲームを快適にプレイする上で有用な機能を備える。6月23日の発売を予定する。店頭予想価格は税込19,500円前後。

[17:27 6/22]

リンクス、Z270チップセットを搭載したWi-Fi対応Mini-ITXマザーボード

リンクスインターナショナルは22日、Intel Z270チップセットを搭載するMini-ITXマザーボード「ECS Z270H4-I」を発表した。Intel I-219VとRealtek RTL8118ASによるデュアルGigabit Ethernet LANに加え、通信速度433Mbps(理論値)のIEEE802.11acに準拠した無線LAN機能も備える。7月1日に発売し、店頭予想価格は16,178円(税込)。

[16:49 6/22]

GIGABYTE、「AORUS」ブランドのX299搭載ゲーミングマザーボード 3モデル

GIGABYTEは6月20日、Intel Core Xシリーズに対応したIntel X299搭載のゲーミングマザーボード3モデルを日本市場向けに販売すると発表した。6月26日に発売し、店頭予想価格は税別39,800円から。また、これに合わせて店舗にて予約の受付を開始している。

[23:08 6/20]

MSI、Intel X299搭載マザーボード4モデルを27日に発売 - 予約特典も用意

台湾MSIは6月20日、Intelのハイエンド向け新CPU「Core X」シリーズに対応するX299チップセットを搭載したマザーボード4モデルを日本市場向けに販売すると発表した。6月27日の発売を予定し、本日より予約の受付を開始する。なお、一部モデルでは予約すると特典をプレゼントするキャンペーンも実施する。

[18:30 6/20]

ASRock、M.2スロット搭載のマイクロATXマザーボード「H110M-G/M.2」

マスタードシードは6月16日、ASRock製マザーボードの新製品として、チップセットにIntel H110を搭載し、PCI Express 2.0 x4接続に対応したM.2スロットを備えたマイクロATXモデル「H110M-G/M.2」の取り扱い開始を発表した。6月23日の発売を予定し、店頭予想価格は税別7,750円。

[22:31 6/16]

BIOSTAR、6,480円のA320チップ採用Ryzen対応マイクロATXマザーボード

アユートは15日、台湾BIOSTAR製のAMD Ryzen対応マイクロATXマザーボード「A320MH PRO」を発表した。AMD Ryzenに対応するAMD A320チップセット搭載のマイクロATXマザーボードで、1万円以下となる手頃な価格が特徴。6月16日に発売する。価格はオープンで店頭予想価格は6,480円前後(税別)。

[17:08 6/16]

ASUS、Core Xシリーズ向けのX299マザーボード7製品を日本市場へ投入

ASUSTeK Computerは15日、同社がCOMPUTEX TAIPEI 2017で発表したIntel X299チップセット搭載マザーボードを、日本市場向けに発売すると発表した。「ROG RAMPAGE VI EXTREME」や「ROG RAMPAGE VI APEX」、「ROG STRIX X299-E GAMING」など計7製品を投入する。各製品の発売日・価格は未定。

[21:50 6/15]

MSI、Intel Optaneメモリを標準搭載するIntel Z270チップセットのATXマザー

台湾MSIは6月10日、Intelの最新メモリ技術「Optaneメモリ」を標準で搭載するATXマザーボード「Z270 TOMAHAWK OPT BOOST」を発売した。M.2ポートに16GBのOptaneメモリを搭載しており、HDDをキャッシュしてパフォーマンスを向上させる。店頭予想価格は23,480円前後(税別)の見込み。

[07:00 6/12]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASUSが「Core X」シリーズ向けのX299マザーボードを公開

ASUSTeK Computerは、COMPUTEX TAIPEI 2017の期間中に同社製マザーボードの新製品を紹介するメディア向け説明会を開始。Intelが発表したハイエンドCPUに対応するIntel X299チップセットを搭載したマザーボードを公開した。スタンダードのPrimeシリーズから2モデル、高耐久のTUFシリーズから2モデル、ゲーミングブランドROGから3モデルの計7モデルを投入予定だという。

[19:23 6/10]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASUSはRyzen Threadripperに気合十分! X399マザー「ROG ZENITH EXTREME」

ASUSTeK Computerは、COMPUTEX TAIPEI 2017の期間中に同社製マザーボードの新製品を紹介するメディア向け説明会を開始。そこでAMDが2017年夏の投入を予定する最大16コアのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」に対応した、X399チップセット搭載モデル「ROG ZENITH EXTREME」を公開した。

[15:39 6/10]

ASUS、AMD B350搭載のゲーミングマザーボード「ROG STRIX B350-F GAMING」

ASUSTeK Computerは6月7日、チップセットにAMD B350を搭載したRyzenシリーズの対応ゲーミングマザーボード「ROG STRIX B350-F GAMING」を日本市場向けに販売すると発表した。「ROG」ならではのゲーム向け機能を数多く搭載する。6月9日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込17,000円前後。

[18:06 6/8]

ASUS、機能を絞ったシンプルなX370マザーボード「PRIME X370-A」

ASUSTeK Computerは6月7日、チップセットにAMD X370を搭載したRyzenシリーズ対応のATXマザーボード「PRIME X370-A」を日本国内向けに販売すると発表した。搭載する機能を絞ったシンプルなモデルで、コストパフォーマンスを重視する。6月9日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込20,500円前後。

[17:47 6/7]

ASUS、Intel B250搭載のMini-ITXマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」

ASUSTeK Computerは6月6日、チップセットにIntel B250を搭載したMini-ITXサイズのゲーミングマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」を日本市場向けに発売すると発表した。サウンドやネットワークを中心にゲーム向け機能を盛り込む。6月9日の発売を予定し、価格はオープン。店頭予想価格は税込15,000円前後。

[17:21 6/6]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - BIOSTARが10GbE+U.2搭載X299マザー展示、Ryzen向けのマイニング用マザーも

>BIOSTARはIntel X299チップセットを搭載する新モデルとして、E-ATXフォームファクタのハイエンドモデル「X299GT9」を展示していた。最上位の「GT9」ということで、7つの拡張スロットはすべてPCI Express x16。そのほか10GbE、U.2×2ポート、ヒートシンク付きのM.2スロットなど、豪華な仕様に仕上がっている。

[15:27 6/2]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - MSIがX299マザー5モデル公開、上位モデルはM.2スロットも「FROZR」で冷却

COMPUTEX TAIPEI 2017で発表となったIntelの新CPU「Core X」シリーズ。これをサポートするIntel X299も同時に公開され、各マザーボードメーカーから搭載モデルが登場している。台湾MSIは5モデルを展示。新製品では、M.2スロットの冷却機能を強化する。

[19:12 6/1]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASRockが10GbE搭載のX399マザーを展示、Ryzen向けのMini-ITXマザーも

非常に紛らわしくてしかたないのだが、X399は、AMDの次世代ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」向けのチップセットである。一方、以前の記事で紹介したX299はIntelの次世代ハイエンドCPU「Core X」向けであり、当然ながら両者には何の関係もない。本記事で紹介するのは、ASRockブースで展示されていたX399の方のマザーボードだ。

[19:23 5/31]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - GIGABYTE、PCIe x16スロットも光るAORUS GamingなどX299マザー5製品

台湾GIGABYTEは、COMPUTEX TAIPEI 2017において、Intel X299チップセットを搭載したLGA2066対応のマザーボードを5製品展示していた。中でも力を入れているのが、ゲーミングモデルで「AORUS」ブランドとして4製品を投入する予定だ。

[09:05 5/31]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASRockが「グラボ13枚刺し」が可能なマイニング用マザーをデモ

ASRockといえば、"変態マザー"(褒め言葉)の元祖ともいえるメーカーであるが、市場での存在感が増すにつれ、手堅い製品が増えてきたというのが昨今の印象。しかし、2017年のCOMPUTEXでは、久しぶりにASRockらしい変なマザーボードを見ることができた。それが、ビットコインのマイニング用という「H110 Pro BTC+」である。

[22:54 5/30]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASRock、なんとフル機能を詰め込んだX299チップセット搭載Mini-ITXマザー!

Intelが発表したIntel Core Xシリーズに合わせて、ASRockはCOMPUTEXの自社ブースにて、Intelの新チップセット「X299」を搭載するマザーボードを6種類展示した。中でも注目なのは「X299E-ITX/AC」である。なんと、Mini-ITXフォームファクタながら、機能がてんこ盛りの変態的(褒め言葉)マザーボードなのだ。

[22:39 5/30]

マザーボード バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>マザーボード)

マザーボード トップへ
最新チップセットを搭載したマザーボードのニュースをお届け。

人気記事

一覧

新着記事