「Google Chrome」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

Googleお役立ちテクニック - Gmail、もしもの喪失に備えてバックアップする

Gmailでは、メールのすべてはオンラインのサーバーに保存されていますが、オンラインのサービスなので、突然のトラブルでメールデータを失うリスクもゼロではありません。もしものときに備えて、バックアップを作成しておくと安心です。

[00:00 1/24]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの空き容量を増やす(その3)

Gmailは、GoogleフォトやGoogleドライブとストレージ容量を共用しています。Gmailの容量が足りなくなったときは、GoogleフォトやGoogleドライブで不要なファイルを整理して空き容量を増やせないか試してみましょう。

[00:00 1/23]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの空き容量を増やす(その2)

前回、受信したGmailのなかから、ファイルサイズの大きなメールを取り出して削除する方法を説明しました。今回は古いメールだけを取り出して、削除する方法を紹介しましょう。

[00:00 1/17]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの空き容量を増やす(その1)

Gmailは、メールを整理する必要があまりありません。受け取ったメールをすべて保存している人も多いでしょう。仮に容量がいっぱいになると、新しいメールの送受信ができなくなります。このようなときは、不要なメールを削除して必要な空き容量を確保します。

[00:00 1/16]

Chrome、Safari、Operaの自動入力機能を利用した情報窃取に注意

fossBytesに1月11日(米国時間)に掲載された記事「Your Chrome, Safari, And Opera Browsers Might Be Leaking Your Private Information」が、ブラウザが提供している自動入力機能がユーザーの個人情報の窃取に悪用される危険性があると伝えた。各種ブラウザのうち、Chrome、Opera、Safariがこの攻撃の影響を受け、Firefoxはこの影響を受けないという。

[09:54 1/13]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの連絡先を管理する・連絡先情報を取り込む

Gmail以外のメールサービスやメールクライアントを利用していた場合に、連絡先情報をGmailへと持って行くことができます。数が多いときは、一人ひとり登録し直すよりも効率的に、連絡先情報を登録できて便利です。

[00:00 1/10]

Googleお役立ちテクニック - Gmailに連絡先を登録する

Gmailでは、一度でもメールを送信すると、送信先のアドレスが連絡先に登録されます。2回めからは、メールアドレスの一部を入力して表示される候補から、送信先のアドレスを選べるようになります。連絡先にはアドレス以外にも、いろいろな情報を登録できます。せっかくなので、使いやすく整理しておきましょう。

[00:00 1/9]

Googleお役立ちテクニック - Gmailでサブのメールアドレスを瞬時に作成する

今回はGmailのエイリアス機能を使ってみましょう。Gmailでは、1つのメールアドレスを起点として、いくつものメールアドレスを作成することができます。たとえばオンラインサービスなどに複数のアカウントを作りたいとき、とても便利な機能です。

[00:00 12/27]

Googleお役立ちテクニック - GmailをiPhoneで受け取る

外出先でメールをチェックするのに、今ではスマートフォンが欠かせません。Androidなら、アカウントを設定するだけでGmailを受け取ることができますが、iPhoneでは登録が必要です。そこで今回は、iPhoneでGmailを受け取る方法を紹介します。

[00:00 12/26]

Googleお役立ちテクニック - Gmailで同じ検索を繰り返すときは「クイックリンク」

Gmailを上手に使っている人は、検索演算子をバリバリ使っているというイメージがありますが、記号ようなコマンドを覚えるのはなかなか大変です。そこで使いたいのが、「クイックリンク」です。

[00:00 12/20]

Googleお役立ちテクニック - Gmailを1クリックで返信とアーカイブを同時に行う

Gmailではメールを「アーカイブ」して整理します。アーカイブすればメールが受信トレイから非表示になり、受信トレイがすっきりします。ところで、メールに返信するとき、「送信」ボタンをクリックしたあと、「アーカイブ」をクリックするという人がいたら、今回のカスタマイズを強くおすすめします。

[00:00 12/19]

Google、2017Q1にChromeでHTML5をデフォルト化 - Flash全面無効に

Google Chromeチームは12月9日(米国時間)、「Chromium Blog: Roll-out plan for HTML5 by Default」において、これまでアナウンスしてきたようにHTML5のデフォルト化への作業を進めると発表した。向こう数日の間に1%ほどのユーザーに対し有効化し、2017年2月の段階ですべてのユーザーに対してHTML5のデフォルト化を実施すると説明している。

[09:43 12/13]

Googleお役立ちテクニック - Gmaiiでお手軽ToDoリストを作成する

メールで頼まれ事や用事が増えることは多々あります。その場で対処できない用件は、忘れないようにメモしておくという人も多いでしょう。いわゆるToDo管理ですが、紙のノートや専用のToDoアプリを活用するくらいなら、いっそのことGmailで行ってはいかがでしょう?

[00:00 12/13]

Chrome「FlashよりHTMLを優先」デフォルト化 - Chrome 56で100%に

米Googleがデスクトップ版の「Chrome」ブラウザでHTML5のデフォルト化を完了するまでのロールアウト計画を明らかにした。Chrome 55ではユーザーの1%で「FlashよりHTMLを優先する」が有効になり、Chrome 56安定版で100%になる。

[10:04 12/12]

Googleお役立ちテクニック - Gmailで返信定型文を使う

1度限りの返信ならその場で内容を考えて作成すればよいのですが、メールへの決まった返信が多い人におすすめしたいのが「返信定型文」です。

[00:00 12/12]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの受信トレイを自在に操るショートカット

前回、メール処理に便利なショートカット4選をお届けしましたが、Gmailを使ううえで、ぜひとも覚えておきたいショートカットはまだあります。今回は受信トレイでスレッドを操作するのに便利なショートカットを紹介します。

[00:00 12/7]

Googleお役立ちテクニック - Gmailをサクッと処理するショートカットキー

毎日何通ものメールを処理するのは、なかなか大変です。今回はメールを読んだあとすぐに使えるショートカットを4つ紹介します。メール処理が面倒に感じている人は、ぜひ試してください。

[00:00 12/6]

Googleお役立ちテクニック - Gmailをオフラインで利用する

Gmailは便利ですが、インターネットへの接続がないと利用できません。ノートPCでメールをチェックしたいときなど、インターネットへの接続を確保しなければならないのが面倒なこともあります。そんなとき、Chrome用アプリ「オフラインGmail」が便利です。

[00:00 11/29]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの背景を変える

Gmailには、背景に写真やイラストを表示するテーマ機能があります。デフォルトのテーマもシンプルでよいですが、テーマを変えるだけで、印象が大きく変わります。バラエティ豊かなテーマが用意されているので、一度のぞいてみてはいかがでしょう。

[00:00 11/28]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの送信を取り消す

メールを書いている途中で誤って送信してしまったり、感情的なメールを勢いに任せて送信してしまったり……という失敗はありませんか? Gmailには「送信取り消し」機能が備わっており、メールを送信した直後なら、送信を取り消せます。普段使うことはあまりありませんが、いざというときに知っておくと誤送信を防げるはずです。

[00:00 11/22]

Chrome、SHA-1 サポート廃止計画を発表

Google Chromeチームは11月16日(米国時間)、「Google Online Security Blog: SHA-1 Certificates in Chrome」において、2017年1月に安定版としてリリースが予定されているChrome 56からSHA-1を使った証明書のサポートを削除すると伝えた。これまで発表してきた廃止計画を着実に実施するステップを進めている。

[18:00 11/21]

Googleお役立ちテクニック - Gmailのフィルタ機能でメールを自動処理する

Gmailのフィルタを使うと、格段にメールの処理が楽になります。フィルタはメールが受信トレイに届いたときに、さまざまなアクションを行う機能です。今回はフィルタの作成方法を紹介します。

[00:00 11/21]

Googleお役立ちテクニック - Gmailに署名を追加する

Gmailでは、送信メールに挿入される署名を自由に作成できます。Gmailから送信できるアドレスを複数登録している場合でも、アカウントごとに署名を使い分けることができます。今回は署名の作り方と設定方法を説明します。

[00:00 11/15]

Googleお役立ちテクニック - Gmailに送信アドレスを追加する

Gmailでは、ほかのメールアカウントを登録してGmailで確認できますが、届いたメールに返信をするとGmailのアドレスでメールが送信されます。メールアドレスを使い分けるうえで、不都合なこともあるでしょう。こんなときは、Gmailに送信アカウントを登録すれば解決です。

[00:00 11/14]

Googleお役立ちテクニック - Gmail以外のメールアドレスをGmailで確認する

メールアカウントを複数持っている人も多いでしょう。Gmailですべてのメールを確認できるようにすれば、メールの管理を一カ所に集約できて便利です。今回はほかのアカウントをGmailで確認する方法を紹介します。

[00:00 11/8]

Googleお役立ちテクニック - Gmailのメール削除と復元

Gmailでは基本的にメールを削除しません。Gmailの容量は15GBと余裕があるので、いちいち削除しなくても困ることがほとんどないのです。とはいえ、残しておきたくないメールはやはり削除してしまうのがよいでしょう。今回はメールの削除と復元について紹介します。

[00:00 11/7]

Googleお役立ちテクニック - Gmailの新着をデスクトップ通知で受け取る

普通のメールと比べて、Gmailは新着メールの着信がわかりにくいと感じている人も多いでしょう。Chromeの拡張機能を使ってメールチェッカーを導入してもいいのですが、ここではGmailの標準機能である「デスクトップ通知」を使う方法を紹介します。

[08:36 11/1]

Googleお役立ちテクニック - GmailとGoogleドライブを使ってファイルを送る

誰かに写真やファイルを送りたいときは、メールにファイルを添付します。しかし送りたいファイルが25MB以上あるとき、そのままではメールに添付できません。そこで今回は、Gmailの新規メールにファイルを添付して送る基本と、そのままでは送信できない巨大なファイルを添付して送信する方法を紹介します。

[00:00 10/31]

Googleお役立ちテクニック - Gmailで知っていると便利な検索演算子(2)

Gmailの便利な検索演算子を覚えておくと、メールを取り出すのが楽になります。今回は、メールのラベルや保存場所を指定して検索するコマンドを中心に紹介します。とくに「label:」は、ほかのコマンドの代用としても使える便利な演算子です。これ1つを覚えておくだけでも、広く応用できます。

[00:00 10/25]

Googleお役立ちテクニック - Gmailで知っていると便利な検索演算子(1)

Gmailでは検索機能を使ってメールを取り出しますが、「去年の今ごろ、マイナビニュースのHさんから送られてきたpdfファイル付きのメールを探したい」といったときは、検索演算子を使うと便利です。今回は、知っていると便利な検索演算子を紹介します。

[00:00 10/24]

Google Chrome バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (パソコン>ソフト>Google Chrome)

Google Chrome トップへ

人気記事

一覧

新着記事