「AVアンプ」最新記事一覧

スピーカーを鳴らすためのアンプ機能に、映像信号や音声信号の選択・切り替え機能、ドルビーやDTSなどサラウンド音声のデコード機能などを組み合わせたもの。ホームシアターシステムの中核となる製品で、AVレシーバーとも呼ばれる。主なメーカーはヤマハ、パイオニア、オンキヨーなど。

関連キーワード

ヘッドライン

ソニー初のAtmos対応AVレシーバー - DSPを3基搭載、テレビラックに置ける

ソニーは5月9日、同社初のDolby Atmos対応AVレシーバー「STR-DN1080」を発表した。発売は6月17日で、希望小売価格は税別77,800円。仮想スピーカーを出現させる「スピーカー・リロケーション」に対応。また、5.1.2chのスピーカー配置でも7.1.2chのサラウンド再生を体験できる「ファントム・サラウンドバック」機能を利用できる。

[13:00 5/9]

テクニクスの"いい音"があなたの街に! 移動式のトレーラー試聴室、発進!

パナソニックのハイエンドオーディオブランド「テクニクス」から、5月に発売される「グランドクラス」新製品のデビューに合わせて、移動式の試聴ルーム「Technics Sound Trailer」が完成。ゴールデンウィークに東京の六本木で開催される音楽イベントに向けて出発した。

[21:01 4/25]

ヤマハ、ネットワーク機能が充実したAtmos・DTS:X対応のAVレシーバー

ヤマハは4月19日、オブジェクトオーディオ、ハイレゾ再生、HDRに対応したAVレシーバー「RX-V583」を発表した。発売は5月下旬。価格は税別72,000円。5.1.2chのスピーカー構成が可能で、上からの音を鳴らすためのプレゼンススピーカーは3種類から選べる。DACチップはバーブラウン製で、DSD 5.6MHzやPCM 192kHz/24bit(AIFF、WAV、FLAC)に対応する。

[12:31 4/20]

オンキヨー、DTS:X・Dolby Atmos・DSD 11.2MHz対応の7.2ch AVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは14日、オンキヨーブランドより、5.2.2ch環境でのDTS:XやDolby Atmosに対応するAVレシーバー「TX-RZ820(B)」を発表した。4月下旬より発売する。価格は128,000円前後(税別)。

[18:52 4/14]

オンキヨー、DTS:X・Dolby Atmos対応で9万円のAVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは13日、オンキヨーブランドのAVレシーバー「TX-NR676E(B)」を発表した。4月下旬より発売する。希望小売価格は90,000円(税別)。DTS:XとDolby Atmosのオブジェクトオーディオ再生に対応。旭化成エレクトロニクス製「AKM 384kHz/32bit DAC」を搭載し、ハイレゾ再生が可能となっている。

[09:43 4/14]

パイオニア、6.5万円でDolby AtmosとDTS:Xに対応するAVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは21日、パイオニアブランドのAVレシーバー「VSX-832(B)」を発表した。4月上旬より発売する。価格は65,000円(税別)。Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトオーディオに対応するほか、HDR規格「HDR10」「Dolby Vision」、ハイレゾ音源の再生にも対応する。

[21:18 3/21]

オンキヨー、TVまわりに設置しやすい薄型のネットワークAVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3日、オンキヨーブランドの薄型ネットワークレシーバー「TX-L50」を発表した。10月中旬より発売する。価格は65,000円前後(税別)。

[19:25 10/3]

デノン、11chアンプ搭載でDolby Atmos・DTS:X対応のAVレシーバー

ディーアンドエムホールディングスは9月16日、デノンブランドのプレミアムAVレシーバー「AVR-X6300H」「AVR-X4300H」を発表した。発売は10月中旬。希望小売価格は、AVR-X6300Hが280,000円で、AVR-X4300Hは160,000円(いずれも税別)。

[19:49 9/16]

パイオニア、11chアンプの最上位AVレシーバー - ストリーミング曲も高音質

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月8日、パイオニアブランドのAVレシーバー「SC-LX901」「SC-LX801」「SC-LX701」を発表した。発売は9月上旬で、希望小売価格は、SC-LX901が410,000円、SC-LX801が350,000円、SC-LX701が233,000円(いずれも税別)。

[14:39 8/8]

オンキヨー&パイオニアのAVレシーバーにDTS:X対応ファームウェアを提供

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは7月25日、同社のAVレシーバーやAVアンプ計10製品に、DTS:Xに対応するファームウェアアップデートを提供すると発表した。

[19:55 7/25]

ヤマハ、最上位機の技術を搭載したAtmos・DTS:X対応の11.2ch AVレシーバー

ヤマハは22日、Dolby AtmosやDTS:Xに対応したAVレシーバー「RX-A3060」など3モデルを発表した。8月上旬より順次発売する。

[20:05 7/22]

ヤマハ、Dolby Atmos・DTS:X対応の7.1chミドルクラスAVレシーバー

ヤマハは7月14日、AVレシーバー「RX-A860」「RX-V781」を発表した。発売は7月下旬。希望小売価格はRX-A860が110,000円で、RX-V781が96,000円(いずれも税別)。

[19:00 7/14]

パイオニア、天井の反射音を補正するAVレシーバー - Atmos・DTS:X対応

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月30日、パイオニアブランドのAVレシーバー「SC-LX501」を発表した。発売は7月中旬で、希望小売価格は185,000円(税込)。

[19:10 6/30]

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー

ヤマハは5月24日、AVレシーバー「RX-V581」「RX-V481」を発表した。発売は6月上旬。希望小売価格は、RX-V581が72,000円で、RX-V481が61,000円(税別)。

[21:59 5/24]

デノン、Dolby Atmos・DTS:X対応のAVレシーバー「AVR-X2300W」

ディーアンドエムホールディングスは5月17日、デノンブランドから7.2ch対応のAVレシーバー「AVR-X2300W」「AVR-X1300W」を発表した。6月中旬に発売する。希望小売価格(税別)は、AVR-X2300Wが85,000円、AVR-X1300Wが57,500円。

[19:02 5/17]

ソニー、4K HDR対応の7.1ch AVアンプ「STR-DH770」

ソニーは4月25日、AVアンプ「STR-DH770」を発表した。発売は5月1日で、希望小売価格は税別40,000円。

[14:08 4/25]

ソニー、フロントスピーカーのみでサラウンド再生するハイレゾAVアンプ

ソニーは4月25日、AVアンプ「STR-DN1070」を発表した。発売は6月18日で、希望小売価格は税別72,000円。

[13:00 4/25]

オンキヨー、Atmos・DTS:X両対応の7.2ch AVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月30日、AVレシーバー「TX-NR656」を発表した。発売は4月下旬で、希望小売価格は90,000円(税別)。

[20:44 3/30]

パイオニア、HDR伝送やGoogle Castに対応したハイレゾAVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月28日、パイオニアブランドのAVレシーバー「VSX-831」を発表した。4月下旬より発売する。価格は77,000円(税別)。

[19:28 3/28]

オンキヨー、DTS:XやDolby Atmosに対応した7.2ch AVレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月24日、DTS:XやDolby Atmosに対応したオンキヨーブランドのAVレシーバー「TX-RZ810(B)」を発表した。発売は4月下旬で、価格は128,000円(税別)。

[15:03 3/25]

ヤマハ、HDRの伝送に対応した5.1ch AVレシーバー「RX-V381」

ヤマハは24日、HDR映像の伝送に対応した5.1ch AVレシーバー「RX-V381」を発表した。発売は4月上旬で、希望小売価格は48,000円(税別)。

[20:09 3/24]

オンキヨーとパイオニア、AVアンプのDTS:X対応アップデートを発表

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは15日、オンキヨーブランドのAVレシーバー「TX-RZ800」「TX-NR646」と、パイオニアブランドのAVアンプ「SC-LX89」「SC-LX79」「SC-LX59」の計5製品に、DTS:Xに対応するファームウェアアップデートを提供すると発表した。

[15:49 3/15]

テクニクス、リファレンスクラスのプレーヤー内蔵アンプ「ST-G30」

パナソニックは3月8日、テクニクスブランドのミュージックサーバー「ST-G30」と、ネットワークオーディオアンプ「SU-G30」を発表した。完全受注生産で、発売は4月22日。希望小売価格(税別)は、ST-G30が500,000円、SU-G30が400,000円。

[19:24 3/8]

マランツ、幅304mmのハイレゾプリメインアンプ - USB DAC搭載

ディーアンドエムホールディングスは11月4日、マランツブランドからUSB DAC搭載のハイレゾ対応プリメインアンプ「HD-AMP1」を発表した。発売は12月上旬で、希望小売価格は140,000円(税別)。

[21:21 11/4]

ヤマハ、幅314mmのUSB DAC搭載プリメインアンプ「A-U671」 - ハイレゾ対応

ヤマハは21日、USB DAC機能を搭載したプリメインアンプ「A-U671」を発表した。発売は11月中旬。価格は税別60,000円。

[13:00 10/21]

フォステクス、96kHz/24bit対応のUSB DACを搭載したパーソナルアンプ

フォステクスは10月13日、ハイレゾ対応のUSB DACを搭載したパーソナルアンプ「PC200USB-HR」を発表した。発売は10月中旬で、希望小売価格は17,800円(税別)。

[15:35 10/13]

ヤマハ、ネットワーク機能が豊富なハイレゾ対応フルサイズレシーバー

ヤマハは10月6日、ハイレゾ対応ネットワークレシーバー「R-N602」を発表した。発売は10月下旬で、希望小売価格は64,800円(税別)。

[13:00 10/6]

マランツ、Dolby AtmosやDTS:X対応の9.1chフラッグシップAVレシーバー

ディーアンドエムホールディングスは9月16日、マランツブランドより、AVレシーバーのフラッグシップモデル「SR7010」を発表した。発売は10月上旬で、希望小売価格は230,000円(税別)。

[10:08 9/17]

ヤマハ、スリムタイプの5.1ch AVレシーバー - DSD 5.6MHz対応

ヤマハは14日、5.1ch対応のスリムタイプAVレシーバー「RX-S601」を発表した。発売は10月上旬で、希望小売価格は税別67,000円。

[13:21 9/14]

パイオニア、DTS:XやAtmos対応のフラッグシップAVアンプ「SC-LX89」など

オンキヨー&パイオニアは9月10日、パイオニアブランドのAVアンプ「SC-LX89」「SC-LX79」「SC-LX59」を発表した。発売は10月中旬で、希望小売価格は、SC-LX89が395,000円、SC-LX79が295,000円、SC-LX59が210,000円(いずれも税別)。

[17:55 9/10]

AVアンプ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ>AVアンプ)

AVアンプ トップへ
スピーカーを鳴らすためのアンプ機能に、映像信号や音声信号の選択・切り替え機能、ドルビーやDTSなどサラウンド音声のデコード機能などを組み合わせたもの。ホームシアターシステムの中核となる製品で、AVレシーバーとも呼ばれる。主なメーカーはヤマハ、パイオニア、オンキヨーなど。

人気記事

一覧

新着記事