【特集】

東京国際アニメフェアのかわいいコンパニオンがズラリ勢ぞろい!

 

3月22日から25日にかけて、東京ビッグサイトにて開催された「東京国際アニメフェア2007」。アニメに関連する企業がブースを出展し、2007年度の今年は会場に訪れた人も初の10万人を超えたと発表された。この人気ぶりを受け、2008年も「東京国際アニメフェア2008」として、2008年3月27日(木)から30日(日)までの4日間、東京ビッグサイトにて開催されることがすでに決定している。

写真はバンダイナムコグループのブース。大型モニターのほか多数の出展物が並び、このように多くの来場者が訪れていた

会場を回ると目を引くのが、新番組の情報告知がされている各ブースの大型スクリーンやモニター。そして美人・かわいいコンパニオン、コスプレイヤーの方々だ。彼女たちは、自分担当ブースのチラシやグッズを来場者に配ったり、番組説明したりと大忙し。また、ブースによっては番組のキャラクターのコスプレをして広報活動をしていたりもする。

そんな忙しい中、撮影に協力してもらったコンパニオン、コスプレイヤーの方々をピックアップ。癒されること間違いなし! おまけもあるので、最後までじっくり見てもらいたい。

各ブースのコンパニオン

日本工学院のコンパニオンは、ピンクと白のメイドさん姿

手塚プロダクションは『ブラックジャック』にちなんだ黒と白の衣装でブースを案内

日本テレビ放送網は『デスノート』のTシャツを着用してプロモーション

 

ポニーキャニオンは、『英國戀物語エマ 第二幕』と『月面兎兵器ミーナ』のコスプレでプロモーション

フジテレビジョン東映アニメーションとブースが隣ということもあり『ゲゲゲの鬼太郎』からネコ娘が登場(?)

大人の色気が漂うコンパニオンの方々。『マクロス』シリーズや『創星のアクエリオン』の河森正治氏が属するサテライトのブースにて

サンライズのブース前で『超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!』のチラシを配っていたコスプレイヤー

竜の子プロダクションのコンパニオン。『マッハガール』や『アクビガール』の「FROM MUSIC with アクビガール」のプロモーションをしていた。また、『鴉-KARAS-』に登場する"ゆりね"のコスプレイヤーも

ブロッコリーブースの『ギャラクシーエンジェる~ん』に登場する、リリィ・C・シャーベットのコスプレイヤー

WOWOWのブース前で小冊子を配っていたコンパニオン。表紙は6月にアニメがスタートする『Devil May Cry

電通ブース前で『デルトラクエスト』のバッグを配布していたコンパニオン

コナミは、企業イメージカラーの赤と白のコスチューム。手に持っているのは『コミック三国志マガジン』(メディアファクトリー刊)の小冊子

練馬アニメーション協議会のブースでは『京四郎と永遠の空』や『School Days』のコスプレイヤーが

東芝エンタテインメントは、『京四郎と永遠の空』のコスプレイヤーが同番組をプロモーション

メディアファクトリーのブースには『一騎当千 Dragon Destiny』から、関羽雲長と呂蒙子明のコスプレイヤーが同番組を強烈にアピール!

おまけ

右からケロロ、タママ、ギロロが来場者をお出迎え

ゆりねとアクビ、マッハガールの貴重なコラボレーションカット

日本テレビ放送網には、ルパン三世の愛車が展示されていた

トムス・エンタテインメントのブースには、プレイステーション 2用ゲームソフト『ルパン三世 ルパンには死を、銭形には恋を』で、峰不二子が愛用するハーレーダビッドソンXL1200Sを展示

ガイナックスは『天元突破グレンラガン』に登場する主役メカのグレンラガンを用意。会場内を練り歩き、注目を集めていた

日本動画協会では、『まんがはじめて物語』に登場するモグタンとの「じゃんけん大会」などが行われた

(写真: 小林伸)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[後妻業の女]大竹しのぶが金持ち老人の財産を狙う女を熱演 ありそうな話にゾクッ
[22:23 8/26] エンタメ
[ひなこのーと]演劇コメディーマンガがテレビアニメ化
[22:12 8/26] ホビー
主人公は元かかし? 演劇コメディ『ひなこのーと』のTVアニメ化が決定
[22:02 8/26] ホビー
『ジョジョ』第4部、第22話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[22:00 8/26] ホビー
玖保キリコと吉谷光平の直筆サイン色紙当たる、ねこまみれ&いぬまみれ企画
[21:39 8/26] ホビー

本音ランキング