【連載】

25歳のあなたへ。これからの貯"金"講座

14 ケニア人女性ジャーナリストとの会話 - 子どもは何人が当たり前?

 

14/40

写真はケニアのツァボ国立公園

東京は毎日暑い日が続いていますが、夏バテしていませんか。私は先月、ケニアに行ってきました。サファリでキリンもシマウマも見ましたが、主な目的は保健医療に関する取材で、元駐日大使、保健長官(日本の厚生労働大臣に相当します)、地域の病院などを見ました。

どんな取材だったか、[こちら]で全体像を見られます。

ケニアで乳児死亡率が高い理由

ケニアの医療上の課題は、妊産婦死亡率や乳児死亡率が高いこと、そしてエイズなど感染症で亡くなる人が多いことです。

「にゅうじしぼうりつ」って、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。生後1カ月以内の赤ちゃんが、出生1000人当たり、何人亡くなるか、という数字です。日本は本当に少なくて、わずか2.1人。一方、ケニアでは39人。背景には設備の整った病院で生まれるかどうか、という問題があります。日本では多くの人が病院で生みますから、緊急事態が発生しても対応しやすい。

一方、ケニアでは、自宅出産が珍しくないことが、赤ちゃん死亡の多さにつながっています。合計特殊出生率は3.9に達しており、生まれる赤ちゃんも亡くなる赤ちゃんも多い(多産多死)ことが分かります。

こうした状況を変えるため、ウフル・ケニヤッタ大統領は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと呼ばれる、全国民を対象にした医療保険の制度を作ろうとしています。日本では、健康保険証を出せば全国どこでも自己負担は3割程度で診察してもらえます。それと似たような制度を作ろうとしていると考えると分かりやすいでしょう。日本はケニア政府によい条件でお金を貸し、またJICAで保健分野を中心に活躍していた専門家の渡邉学さんを保健省にアドバイザーとして派遣して支援しています。

ケニアの女性ジャーナリストとの間に感じた共通点

1週間にわたる現地取材で、印象に残ったことのひとつが、現地の女性ジャーナリストとの会話でした。「日本にきたことがあって、NHKで研修を受けたのが勉強になった」と話す彼女と日本の少子化について話が及んだ時、私はこんな風に説明しました。

「日本で働く女性にとっては、子どもは0か1か、選択に悩むところ。私は2人いるけれど、仕事を続けている40代女性としては珍しい部類に入ります」 すると、ケニアの女性ジャーナリストはこう言いました。

「それは面白いわ。確かにケニアは平均すると、女性が一生に4人の子どもを産む。けれど、高等教育を受けて都市部で働く女性の考えはだいぶ違う。私の周りだと、働く既婚女性は2人か3人か悩むけれど、働く未婚女性は1人か2人か、で悩むものだから」

彼女は大手テレビ局で保健医療の問題を専門に取材する有名なジャーナリストで、話をした当時は公衆衛生の修士課程に通いながら働いていました。「ふつうのケニア女性」とは、だいぶ違います。彼女との会話はとても自然で日本の女友達と話しているみたい、と思いました。

やはり、豊かになり、女性も教育を受けて自活できる仕事の道が見つかると、子どもの数は減っていくのでしょうか。ケニアで滞在した首都のナイロビは治安が悪く、ホテルやレストラン、住宅地などは壁と鉄条網で囲まれています。「絶対にホテルの敷地内から出ないでください。散歩もダメ」と言われる環境は、夜でも女性が普通に歩いている東京とは全く異なります。

それでも、経済状況や仕事の状況が似ている年の近い女性同士は、似たようなことを考えているんだな……遠いところに来たと思っていましたが、共通点の方が多く感じられるワンシーンでした。

著者プロフィール

●治部れんげ
豊島逸夫事務所副代表。 1974年生まれ。1997年、一橋大学法学部卒業。同年日経BP社入社。記者として、「日経ビジネス」「日経マネー」などの経済誌の企画、取材、執筆、編集に携わる。 2006年~2007年、フルブライト・ジャーナリスト・プログラムでアメリカ留学。ミシガン大学Center for the Education of Woman客員研究員として、アメリカ男性の家事育児分担と、それが妻のキャリアに与える影響について研究を行う。またツイッターでも情報発信している。

【連載】25歳のあなたへ。これからの貯”金”講座

25歳。仕事や私生活それぞれに悩み不安を抱える年齢ではないだろうか。そんな25歳のあなたへ、日本を代表するアナリスト・豊島逸夫ウーマノミクスの旗手・治部れんげがタッグを組んだ。経済と金融の最新動向をはじめ、キャリア・育児といった幅広い情報をお届けする特別連載。こちらから。

14/40

インデックス

連載目次
第40回 本当に女性が活躍している企業を調べるには?
第39回 『節約する人に貧しい人はいない。』中川淳一郎さんから、25歳女性へのメッセージ
第38回 世界で大就職活動中のあなたへ、本当に女性が活躍できる会社の選び方(後編)
第37回 就職活動中のあなたへ、本当に女性が活躍できる会社の選び方(前編)
第36回 「女らしい」より「自分らしい」が楽しい!?
第35回 効率的に働くと「時給」が上がる?
第34回 子持ちの私が『産まなくていいですか?』に涙した理由(後編)
第33回 コミックエッセイ『産まなくてもいいですか?』が描く30代働く女性のリアル(前編)
第32回 変わりつつある日本男子 - 専業パパから共働き希望まで
第31回 原油価格36ドルに急落の衝撃
第30回 フェイスブックCEO、女児出産祝いに保有自社株99%寄付
第29回 テロ組織による「新兵リクルート」が加熱
第28回 どうなる? パリ同時テロの行方
第27回 VW問題の裏側にあるもの
第26回 中国でバーゲンセールの嵐が巻き起こる! 「独身の日」とは?
第25回 小学生の息子と考える「難民や戦争のこと」
第24回 日本にも外国から若者難民が押し寄せる時代
第23回 日本の若者が戦争に巻き込まれるリスクは?
第22回 日本郵政株の「IPOパーティ」が開宴 - 今からでも参加は遅くない?
第21回 日本郵政上場、かんぽ生命はバブルの兆し?
第20回 女性も注目すべき、「男性の有休取得」
第19回 産後もキャリアを積みたいなら、フレックス勤務できる職場を選ぼう
第18回 国際的にも問題視された、日本女性を「黙らせるもの」とは
第17回 働く女性のみなさん、勇気を出して○○しましょう!
第16回 20代OLのみなさん、人生のお手本を「女性の上司」にするのはやめませんか?
第15回 エイズは、助かる。私たちの税金が正しく使われさえすれば
第14回 ケニア人女性ジャーナリストとの会話 - 子どもは何人が当たり前?
第13回 親はあなたのロールモデルか、それとも反面教師か
第12回 母国を捨てる決意をした26歳の女性 - 経済危機のギリシャ・現地レポート
第11回 女性が辞める本当の理由 - あるようでない「多様な働き方」
第10回 米国から逃避するマネー - 株価2万円突破の推進力に
第9回 NYファンドマネージャーの調査結果 - コツコツ日本株買いが増加傾向
第8回 中国経済7%成長鈍化の衝撃 – 中国人はどう動くのか?
第7回 日経平均2万円はバブルだったのか? 読み解くキーワードは「ヘッジファンド」と「長期マネー」
第6回 20代後半女性の転職は「産んでも働ける会社」選びが重要!
第5回 結婚して家を買おうと思ったら、マンションのモデルルームより「保育課」へ行こう
第4回 日経平均2万円から株を買えるか
第3回 日経平均株価2万円接近、震源地のNYヘッジファンドに聞く
第2回 円安だと日本人は貧乏になる!? どうすれば生活を防衛できる?
第1回 日本人の平均月収はアジアトップではない!? 実は日本は余裕がない国

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ガンプラ「RE/100」最新作は『ガンダムZZ』のバウ! 分離変形機構も実現
[20:37 8/27] ホビー
JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」米子に到着 - 9月下旬頃に試運転開始へ
[20:09 8/27] ホビー
[C3TOKYO 2016]セクシーなコスプレコンパニオンが続々 フミナ先輩も
[20:08 8/27] ホビー
[RIZE]WOWOW「NBAバスケットボール」のイメージソングに決定 金子ノブアキ「20周年の皮切りに」
[20:03 8/27] エンタメ
マンガ焚書SF新連載が月スピで、キモカワ虫コメディや「ギャラリーフェイク」も
[19:30 8/27] ホビー