【連載】

ビジネスパーソン必見の鉄道活用術

12 スマートEX、どんなときに使うか編

 

12/13

これまで、東海道・山陽新幹線のネット予約システム「エクスプレス予約」は、専用のクレジットカードを持っていないと使用できなかった。最近になって、一部のクレジットカードで使用されていた「プラスEX」(ただし制限が大変厳しく、割引率も低かった)が「エクスプレス予約」に統合され、サービス内容がほとんど変わらなくなった。

それでも、新しい「エクスプレス予約」にも、主要なクレジットカードしか使えないという制限がある。また、「エクスプレス予約」専用のICカードを申し込んでも届くまでに10日~14日程度の時間がかかり、急に出かけるときには対応できないという問題もある。

すぐに使える「スマートEX」

そんなとき、「駅の窓口や自動券売機で買えるじゃないか」といわれるのは、もっともなことだ。乗車直前であっても、3列席の真ん中のような、条件の悪い席ならば空いているかもしれない。また、東海道・山陽新幹線は本数が多いので、直前の席の確保にも混雑時以外ならば苦労しないかもしれない。

たしかにそれはそのとおりである。しかし、急な出張でも、新幹線をスマートに手配できるという方法があることを知っておくのも、大事なことではないか。

9月末に、東海道・山陽新幹線は「スマートEX」という新しいサービスを提供するようになった。これは、ふだん使っているSuicaやPASMOなどの交通系ICカードで新幹線に乗れるようになる、というものである。改札に交通系ICカードをタッチし、改札から出てくる乗車票を受け取り、そこに記されている席に座る。「エクスプレス予約」より価格設定はやや高いものの、登録してすぐに予約することが可能だ。

では、どんな場合に「スマートEX」は便利なのか。たとえば、都心部の会社に勤務し、東京メトロだけで通勤している人がいるとしよう。そういう人が、翌日の大阪出張を命じられた。帰りにJRの駅できっぷを買う、ということもできそうだが、人によってはまったくJRの駅と交差しないということもあるだろう。

その場合、「スマートEX」が有効だ。クレジットカードを持っているのなら、どんなカードでもかまわない。クレジットカードと交通系ICカードをパソコンまたはスマートフォンで登録し、予約する。これで、チケットレスでの東海道新幹線の利用が可能になる。

「スマートEX」のメリット・デメリット

「スマートEX」は、すぐに登録することができるというメリットがある。また、「エクスプレス予約」が使用できないクレジットカードでも、東海道・山陽新幹線にチケットレス乗車できるというメリットもある。

一方で、「スマートEX」は「エクスプレス予約」に比べて、割引額が低いというデメリットもある。東京から新大阪まで、「スマートEX」なら14,250円。「エクスプレス予約」なら、13,370円だ。明らかに「エクスプレス予約」のほうがいい。ちなみに、ふつうにきっぷを買うと、14,450円だ。

「スマートEX」であれ「エクスプレス予約」であれ、気をつけなければいけないことがある。新幹線のきっぷで買う場合、乗車券は「東京23区内」「大阪市内」などと、そのエリアならどこで降りてもいいような制度になっている。たとえば新大阪駅で新幹線を降りて、大阪駅まで乗車しても、運賃は変わらない。

「スマートEX」や「エクスプレス予約」の場合、運賃と特急料金が一緒の料金体系になっている。新大阪駅で新幹線を降り、大阪駅まで行くと、そのぶんの運賃が別にかかるのだ。 この程度の距離なら、問題はないかもしれない。しかし、東京駅で新幹線に乗る場合、金町駅や西荻窪駅といった、23区内だけれども東京駅から離れているJR東日本の駅から利用すると、「スマートEX」だと紙のきっぷを使用するほうが安くなる。もっとも、こういったJR東日本の駅なら、「みどりの窓口」や自動券売機があるから、問題はないのかもしれない。 都心部の職場に通っている人の場合、乗りかえ駅か最寄り駅まで定期券を使い、そこから東京駅まで交通系ICカードで乗車、その交通系ICカードを利用し、新幹線へ。こういった使い方が、現実には想定されているのだろう。

ふだんは出張を命じられないような人、初めて出張を命じられるような人でも、急な出張に対応できる「スマートEX」。もし、東海道・山陽新幹線の予約をどうしようか、と考えている人がいれば、頭の片隅に入れておいていただきたい。

著者プロフィール: 小林拓矢
1979年山梨県甲府市生まれ。早稲田大学卒。フリーライター。大学在学時は鉄道研究会に在籍。鉄道、時事社会その他についてウェブや雑誌・ムックに執筆。単著『早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした』(講談社)。ニッポン鉄道旅行研究会『週末鉄道旅行』(宝島社新書)に共著者として参加。

※画像と本文は関係ありません

12/13

インデックス

連載目次
第13回 交通費の領収書編
第12回 スマートEX、どんなときに使うか編
第11回 駅の中で食べる編
第10回 出張時の交通機関、飛行機と新幹線のどちらを選ぶか編
第9回 列車の中をオフィスとして活用するには編
第8回 新・エクスプレス予約の活用編
第7回 複雑な駅で迷わないためのコツ編
第6回 通勤電車の乗車時間を、どう活用するか編
第5回 電車が遅れたら、どう対応すべきか編
第4回 電車に乗るとき、どの車両に乗るか編
第3回 鉄道アプリ使いこなし編
第2回 交通系電子マネー使いこなし編
第1回 鉄道予約サイト使いこなし編

もっと見る

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事