【連載】

独身の恋愛、これがNG!

1 過去のエッチ体験を話してはいけない

  • <<
  • <

1/10

恋愛において、決して"最重要"ではないけれど、無視できないファクターの一つがパートナーとのエッチ。そんな、パートナーとのエッチで「これだけはしてはいけない」事を挙げてみました。「心の相性はバッチリなのに、エッチの相性はイマイチ」などと考えているあなたは必読です。

まずは「過去のエッチ体験を相手に話してはいけない」。聞かれてもいないのにペラペラと自分からパートナーに話してしまうのはNG。過去の経験人数を、まるで武勇伝のように語るのもダメ。ましてや、アブノーマルなエッチ体験などを語るのは言語道断です。パートナーがイマドキの草食系男子なら「ガチでドン引き」するのは必至でしょう。エッチの回数を重ねて、お互いの嗜好をそっと探り合いながら徐々に手の内を明かすのが定石です。いったんハードルを下げてしまうと、そこが心の境界線となり、パートナーが要求してくる行為や愛情表現がエスカレートする危険性も否めません。食事に例えるなら、フルコースの料理を前菜なしでいきなりメインディッシュから食べさせてしまうのではなく、段階を踏んでいき、一番おいしいものにまでたどり着く過程を楽しむべきです。その過程に比例して、得られる喜びや快感も増していくはずです。

恋愛やエッチで昔の恋人と比べてはいけない

次は「恋愛やエッチで昔の恋人と比べてはいけない」。過去は過去、「以前のパートナーとはこうだったのに」「前のパートナーはこうしてくれたのに」などと比べるのはナンセンスです。あなたは、恋愛の内容や、エッチまでを含めて今のパートナーを選んでいるはず。恋愛やエッチのシチュエーションは千差万別。「こうだったのに」「こうしてくれたのに」と、今と昔を比べて不満を募らしていると恋愛の破綻は時間の問題かも。あからさまに要求することなく、言葉や行動で巧みにパートナーを自分の嗜好に誘導すればいいのです。

自分の価値を維持したいなら、過去の恋愛体験やエッチ体験の全てを白日の下にさらしてしまうより、多少なりとも秘密の部分を残しておくことも必要です。ただし、秘密が多すぎるのはダメ。パートナーが疑心暗鬼に陥り、束縛されることが多くなったりする可能性も。パートナーの表情や心情をうかがいながら、適度に小出しにするのがベストです。そうすることで、パートナーに長く愛され、大切にされる、「愛され体質」を作ることができることでしょう。

<著者プロフィール>
坂田陽子
1977年、福岡県生まれ。20代の半ばから恋愛に関するカウンセリングを開始する。数多くの相談案件を解決した経験から、独自の恋愛論を展開し、各メディアで人気に。現在では、日本国内のみならず海外からも恋愛相談を受け、その相談件数は年間1万件以上にも上る。2010年にNPO法人・日本結婚紹介業協会との連携で認定資格「恋愛アナリスト」を制定し、恋愛に起因する悩みを持つ人を救済するための後進の育成も手掛ける。
坂田陽子の恋愛力アップ相談教室
http://lovelabo.separate.jp/sakatayoko/

  • <<
  • <

1/10

インデックス

連載目次
第10回 「別れるくらいなら死ぬ」と言ってはいけない! 別れ際の心得
第9回 放任主義気取りが恋愛をだめにする!?
第8回 付き合い始めで語ってはいけない人生設計のアレコレ
第7回 連絡は毎日あって当然!? 恋人に自分のルールを押し付けてない?
第6回 ●●を理由に結婚してくれない男には要注意
第5回 「今すぐ会いたい」の言葉に喜んではいけない!
第4回 このままだと"モンスターカノジョ"になってしまう!
第3回 カレシの急な出張はウソかも!?
第2回 カノジョの「こんなの初めて」は初めてじゃない!?
第1回 過去のエッチ体験を話してはいけない

もっと見る

人気記事

一覧

2017年4月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事