【連載】

鉄道ニュース週報

9 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?

 

9/45

九州新幹線(西九州ルート)が面倒なことになっている。2月24日、JR九州が武雄温泉駅で在来線列車と新幹線列車を乗り換える「リレー方式」を提案したと報じられた。佐賀県知事も長崎県知事も前向きな態度だ。早期完成のためにはやむなし、という。

九州新幹線(西九州ルート)の略図

新聞報道などによると、博多~長崎間は現在の乗換えなしの在来線特急列車だと1時間48分。「リレー方式」では乗換え時間を5分としても1時間35分かかるという。過去の例を見ると、新幹線が開業した場合、在来線特急列車よりも料金は上がる。直通列車と、乗り換えて13分早く着くとはいえ割高な新幹線。利用者にとってどちらが良いだろう?

そもそも、博多~長崎間の新幹線ルートは名前が面倒だ。報道で用いられる「長崎新幹線」は俗称である。国の新幹線整備計画では「九州新幹線(長崎ルート)」。建設当事者の鉄道・運輸機構と長崎県、佐賀県は「九州新幹線(西九州ルート)」と表記している。経由地の佐賀県への配慮といわれている。本誌でも「九州新幹線(西九州ルート)」の検索結果が多い。本稿でも「九州新幹線(西九州ルート)」で話を進める。

九州新幹線(西九州ルート)は複雑な経過を経て、フリーゲージトレインを採用する。理由は在来線区間と新幹線区間が混在するからだ。博多~新鳥栖間は鹿児島ルートに乗り入れる。新鳥栖~肥前山口間は長崎本線、肥前山口~武雄温泉間は佐世保線で、武雄温泉~長崎間はフル新幹線規格になった。つまり「新幹線~在来線~新幹線」となるわけで、直通する列車として、異なる軌間を走行できるフリーゲージトレインの開発が進められた。2012年に着工したときの開業予定は2022年度末だった。

しかし、フリーゲージトレインの開発は難航している。それでも政府与党は2015年1月、武雄温泉~長崎間のフル規格区間について、「2022年度末の予定を前倒しする」意向を示した。これはフリーゲージトレインの技術開発とは関係なく、新幹線開業後の利益を見込んで、建設費を前倒しする方針になったからだ。

フリーゲージトレイン試験車両。2014年に完成し、九州の新幹線・在来線区間で走行試験も行われた

ところが、フリーゲージトレインの開発はさらに難航する。2015年12月には、国土交通省はフリーゲージトレインの開発の遅れを理由として、博多~長崎間の開業が2022年度に間に合わないと公表した。

長崎県側としては納得しがたい。「長年の悲願がかない、やっと2022年度の開業が決まった」「さらに前倒しする可能性もある」として期待が膨らんでいた。持ち上げられて突き落とされるような思いだ。フル規格区間は準備できても、2022年度に開業できない。フリーゲージトレインの試作車を営業運転で使うという案もあるけれど、試作車の数が少ない。予定する運行本数には足りない。

そこでJR九州が持ち出した次善の策が「リレー方式」である。ただし、前述のように「リレー方式」は現在の博多~長崎間特急「かもめ」と比べて18分しか短縮されないし、乗換えが必要。料金も上がる。武雄温泉駅について、在来線と新幹線を同じホームで乗り換える仕様に改修すると、約7億円も費用が増えるという試算もある。これも運賃や料金に上乗せされるはずだ。

通勤時間帯の18分短縮は魅力的で、わずか5分程度の時間短縮のために各駅停車から快速電車に乗り換える人は多い。しかし、1時間半以上も乗車し、ほとんどの客が座った状態でくつろげる特急列車について、18分短縮のための乗換えは歓迎されるだろうか?

中途半端な形で開業するくらいなら、フリーゲージトレインの完成を待つか、改めて全区間をフル規格で作るか、在来線区間を改軌して、山形・秋田新幹線のような新在直通タイプにしたほうが良いのではないか?

与党の九州新幹線(西九州ルート)検討委員会は、自治体とJR九州の意向を踏まえ、3月中に方向性を定めたいという。どうか利用者の立場も踏まえて議論してほしい。

9/45

インデックス

連載目次
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事