【連載】

イマドキ「学童保育」はこんなにも進化しています

6 成績保障の"塾タイム"と利用実態に迫る - 「ステラキッズ佃教室」

6/18

前回に引き続きご紹介するのは、東京都中央区にある「ステラキッズ佃教室」。個別指導塾「数教研」を母体とし、学童と塾を兼ねている。送迎完備や学校便りのチェックから宿題におやつと、指導員が親の負担を軽減。帰宅後の時間を親子の会話にあててほしいと望む。

いよいよ"塾タイム"開始

経営母体が全国に約150教室を有する個別指導塾の「数教研」なので、学童で利用する教材も、数教研オリジナルの問題集だ。最初に学力テストをし、各自のレベルに合った段階からスタート。子ども同士を競わせることはしない。学年相応の問題を解いている子もいれば、まだ学校では習っていない割り算にチャレンジしている子もいる。内容は読んで進められるペーパーで、個別に導入と途中で指導員が教えてくれる。

部屋いっぱいに大きなテーブルが。自分の名前が書かれたファイルが置いてある場所がその日の席となる

勉強だけじゃなく外遊びも。宿題のあとは、我先にと外出用の揃いの青い帽子を取って外出準備

教科は国語と算数で、各3枚程度のペーパーをこなし、できたら指導員か添削

ペーパーは国語と算数を1日に各3枚以上。国語はひらがなや漢字、文法など、算数はタイルの数で視覚的に数字を見る水道方式を基礎に取り入れている。終わった子から添削をしてもらう。

「いまこれやってるの! 超簡単。はいもうできた」 「見て見て~。こういうプリントやるんだよ」

子どもたちが楽しんでペーパーに取り組んでいて、自信に満ちているのが分かる。

しかし、そこでふと疑問がわいた。学童に来る頻度で、子どもによって進度がかなり違ってくるのではないかと。それに、1日にペーパー3枚程度で成績が伸びるのか。

その疑問に対し、小林さんは「確かに通う日数によって差は出ますので、差が出過ぎないように1日あたりのペーパーの調整はします。ですが、これは指導のもとに行って効果が出るものなので、宿題にはしません」とのこと。カリキュラムの進め方が学校とは根本的に違い、効率的に国語と算数を学び、早く次の内容へ進んでいくのだそうだ。

料金と利用の仕方は?

今回話を伺った教室長の小林直記さん

学習に重きを置く家庭に魅力的な学童ではあるが、気になるのは料金だ。13時~19時の基本料金は、週2で3万5,000円、週3で5万1,000円、週4で6万5,000円、週5で7万8,000円と決して安くない。公設の学童と比べると1つ桁が違う。

利用状況を見ると、週2は27%、週3が30%、週4が19%、週5が24%(2015年5月)とばらついている。「ステラキッズ」は、公設学童と掛け持ちしたり、他の習い事に通っていたりする子も多いのだ。

佃教室で一度に利用できる定員は27名。在籍する小学1年・小学2年各15名、小学3年・小学4年各1名を、最大人数を超えないように調整をしている。来年度には、今の倍あるフロアで、スタッフと募集人数を拡大するとのこと。ステラキッズは全3教室あり、一番古い両国教室ができたのは3年前、次いで佃教室、そして今年亀戸教室が新設された。それぞれ年長から小学6年までに対応していく。

  一般的な学童が小学3年までしか通えないところから言われるようになった「小4の壁」もなく、長く通えるのもメリット。一方で、行動範囲が広がり、友達とのつながりも強まる小学4年が、学童に通うかという疑問もある。ただ、同施設の場合、学童であると同時に塾という側面も強いので、一般的な学童と一緒には語れない。

参考までに、ここ以外の塾に通う必要性を小林さんに聞いてみると、「特に算数の基礎に重きを置いているので、学習面では不必要かもしれないが、受験対応の塾は別」とのこと。受験を見据えるなら、志望校対策が取れる塾との併用が良いのかもしれない。

実際に通っている小2男児の保護者の方も、「高学年になったときもできれば塾の感覚で利用したいと思っているのですが、年齢差のある子どもたちが同じ空間で集中して課題に取り組めるのかどうか」と話していた。塾経営で培ったノウハウをいかに生かすのか。今通っている子どもたちが高学年になったときが「ステラキッズ」のさらなる真価が発揮されるときかもしれない。

6/18

インデックス

連載目次
第18回 速読講座、野菜栽培、ネイティブによる英語教室まで! - 「クランテテ三田」
第17回 東京都港区の「クランテテ三田」は、日本流のモンテッソーリ教育を実践
第16回 絵本「ぐりとぐら」のパンケーキ作りに挑戦! 「食楽スクール(ぐりぐら)」
第15回 レシピ考案から調理まで実践--神奈川県横浜市の「食楽スクール(ぐりぐら)」
第14回 東京都杉並区の「いおぎみんなの学校」、高学年の受験対策も開講予定
第13回 元広告マンが考えた理想の学童 - 東京都・杉並区「いおぎみんなの学校」
第12回 食材にも食器にも妥協は許さない「環優舎」(東京都・南麻布)
第11回 月額20万円でも入所待ち - 東京・南麻布「環優舎」のこだわり
第10回 体育館や屋上広場、菜園もある民間学童「内藤アカデミー」
第9回 神奈川県・川崎市「内藤アカデミー」、野菜栽培や果物狩りで自然と触れ合う
第8回 オールイングリッシュの学童タイムに潜入! 「Kids Duo大泉学園」
第7回 東京都・練馬区「Kids Duo大泉学園」、ネイティブの先生と英語で会話
第6回 成績保障の"塾タイム"と利用実態に迫る - 「ステラキッズ佃教室」
第5回 東京都中央区「ステラキッズ佃教室」、学童と塾のいいとこどり!
第4回 放課後はワクワクの本物体験を! 「新渡戸文化アフタースクール」
第3回 東京都・東高円寺に、一流講師によるプログラム充実のアフタースクールが
第2回 保護者も「安心・安全」と納得の「キッズベースキャンプ豊洲・東雲」
第1回 東京都・東雲「キッズベースキャンプ」には施設内にクライミングコースが!

もっと見る

人気記事

一覧

2017年5月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事