知英、ミニスカでスラリ美脚披露! ハーレイ・クイン愛も語る

元KARAで女優の知英が21日、都内で行われた映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台挨拶に出席。ミニスカ姿で美脚を披露した。

知英

アメコミの代表格であるDCエンターテイメントと日本の低予算フラッシュアニメ『鷹の爪』がタッグを組んだ同作で、ハーレイ・クインの声を演じた知英。「声優のお仕事は2回目なんですが、今回はセリフもいっぱいあって、難しいセリフもあった」と振り返り、「普段からハーレイ・クインというキャラクターがとても好き。悪役なんですけどジョーカーを"プリンちゃん"と呼んで、大好きすぎなかわいいところもとっても好きでした」とハーレイ愛を語った。

また、『鷹の爪』の魅力を聞かれると、「予算を表に出しているのがまずおもしろい。あと、くだらない話をしてそれに笑っちゃうっていうのがすごく魅力的だと思います」とアピール。司会者が「みなさん褒めてますよ!」と言うと、知英も「褒めてますよ!」と伝え、「みなさんもそういうところが好きですもんね?」と観客に問いかけると拍手が起こった。

舞台挨拶には知英のほか、バットマン役の山田孝之、ジョーカー役の安田顕、FROGMAN監督、バト田とスパ田(着ぐるみ)が出席。キャストと監督は、胸にタイトル題字、背中に「予算崩壊」と書かれたオリジナルTシャツ姿で登場し、監督が「舞台挨拶の予算を残していなかったと言われ…」と『鷹の爪』らしい苦しい状況を打ち明けた。

監督は「すいません」と申し訳なさそうにしていたが、知英は「Tシャツすごい好きですよ。楽な感じが。チームって感じがする」とうれしそうにコメント。安田が「初めましてですけどね」とツッコむと、「はじめまして」と2人で挨拶を交わし、会場から笑いが起こった。

『鷹の爪』劇場版第9弾となる本作は、DCエンターテイメントとタッグを組むという格差コラボが実現。DCの中のジャスティス・リーグに所属するスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役にはジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインの3人が登場する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事