無痛分娩の経験者、約半数は「痛みがあった」

ベビカムは10月19日、無痛分娩についての調査結果を発表。2017年9月1日~7日の期間、妊娠・出産経験のある人880名を対象にインターネット上で行ったもので、無痛分娩を選んだ理由や出産への不安、分娩方法についての満足度などを明らかにしている。

無痛分娩の経験者に聞きました!

はじめに、無痛分娩の経験があるかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人は23%。約4人に1人が無痛分娩での出産を経験していた。無痛分娩を選択した理由については、「痛みが軽減されるから」(85.7%)が最も多く、次いで「産後の回復が早いから」(66.1%)が続いた。

「無痛分娩を選択した理由は?」

次に分娩の際の痛みについて調査した結果、36.9%の人が「痛みはほとんどなかった」と回答。「少しだけ痛みがあった」(29.2%)、「痛みがあり、つらかった」(23.2%)という回答もあり、同社は「病院によって方針がさまざまだったり、出産が計画通りに進まなかったりすることによるようです」とコメントしている。

「分娩で痛みはありましたか?」

また出産に際しての不安の声として、「どの程度痛みが軽減されるかは人によってまちまちだと聞いていたので、自分はちゃんと効果があるのか不安でした。あと、無痛分娩用の背中のチューブを入れる処置が本当に大丈夫なのか不安でした」、「24時間対応ではなく、麻酔科医のいる時間帯でないと無痛分娩できなかったこと。計画分娩ではなかったので、いつお産が始まるか不安でした」などが寄せられている。

その上で、無痛分娩での満足度を聞いたところ、「満足」が59.5%、「やや満足」が22.0%で、合わせると約8割の人がある程度の満足を得ていることが分かった。さらに次回も無痛分娩を希望するという人は79.8%にのぼった。

「無痛分娩の満足度は?」

満足と答えた人の理由としては「産んだ後も疲れてなくて、子どもとじっくり対面したり、すぐに動けたりしたのがよかったです」「落ち着いて出産できること。計画出産なので家族の予定も合わせやすい」といった声があった。

やや不満と答えた人からは、「ある程度子宮口が開かないと麻酔を打つことができなかったのですが、陣痛が始まってもまったく子宮口が開かず、かなり長い時間陣痛に耐えるはめになりました。産む瞬間の痛みは軽減されたものの、ここまでの陣痛に耐えなければいけないのなら、無痛分娩の意味はなかったのではと思うほど、つらかったです」という意見も寄せられている。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月21日の運勢

イチオシ記事

新着記事