本物のおばけに出会える!? ハロウィンに行きたい海外最恐スポット5選

世界最大級の総合旅行サイト「エクスペディア」の日本語サイト「エクスペディア・ジャパン」はこのほど、同サイトがすすめるハロウィン最恐スポット5選を発表した。

「ドラキュラの城」(ルーマニア・トランシルヴァニア)

怨念渦巻く不気味な海外のハロウィン最恐スポットは、以下の通り。

「ドラキュラの城」(ルーマニア・トランシルヴァニア)
ドラキュラの城のモデルとされているブラン城。残虐な処刑や政治を行ったことから「串刺し王」という異名を持っていたウラド3世は「ドラキュラ」のモデルとなった人物で、この城に住んでいたという伝説がある。この城は観光スポットとして有名だが、中は迷路のように複雑。ドラキュラの城を探検する時はドラキュラに襲われないよう、注意が必要だ。
【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 6万9,400円~

「ドラキュラの城」【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 6万9,400円~

「カタコンベ」(フランス・パリ)
花の都パリにある、おどろおどろしいハロウィンスポット。パリ市内にある世界最大の地下墓地であるカタコンベには約600万人以上の遺骨が納骨されていて、壁にずらりと骸骨が並ぶカタコンベの入口には「止まれ! ここは死の帝国である」という文言が刻まれている。ダークな観光スポットとして、ハロウィンの季節にピッタリの場所となっている。
【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万6,300円~

「カタコンベ」【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万6,300円~

「地下通路」(スコットランド・エディンバラ)
スコットランドのいわくつきの地下通路、ブレア・ストリート・ヴォールトは、かつて身分の低い人々が暮らしていた場所。中世には殺人鬼によって殺された死体が多数置かれており、その後数々の心霊現象が記録されるなど、ヨーロッパでも有数の心霊スポットとなっている。通路内を歩く体験ツアーに参加し、幽霊を探してみてはどうだろうか?
【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万9,200円~。

「地下通路」【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万9,200円~

「イースト・エンド」(イギリス・ロンドン)
イギリスでもっとも有名な未解決事件といえば、19世紀に発生した"切り裂きジャック"による猟奇殺人事件。イースト・エンドは、この事件の犠牲者の多くが見つかった現場として有名だ。現地のガイドとのツアーでは、イースト・エンドの薄暗い通りにある当時の犯行現場や、犠牲者が最後に目撃されたバーを回ることができる。
【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 8万5,700円~。

「イースト・エンド」【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 8万5,700円~

「骸骨教会」(イタリア・ローマ)
イタリア・ローマにあるカプチン・修道会博物館、通称「骸骨教会」。14世紀に建てられたこの教会には、約4,000人分もの人骨が収められており、そのうち約1,000人分が壁や祭壇、シャンデリアなど教会内部の様々な装飾に用いられていることで有名。ハロウィンの季節に一度、訪れてみてはいかがだろうか?
【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万3,000円~

「骸骨教会」【AIR+割】航空券+ホテル価格:4泊5日 7万3,000円~

同サイトでは、「今年は日本を飛び出して、ハロウィンを体験してみてはいかがでしょうか」と推奨している。

※2017年10月5日現在。旅行期間10月23日~10月27日の4泊5日/2名。1名料金。

※値段は、検索時によって異なる

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事