鈴木砂羽の舞台騒動、午前ニュースで放送時間1位 - 午後番組も相次ぐ

女優・鈴木砂羽(44)が主演と初演出を務める舞台『結婚の条件』で上演初日2日前に2人の出演女優が降板した問題が、14日午前10時までの情報・報道番組で最も取り上げられたことが、テレビ番組の調査会社エム・データの発表により明らかになった。

鈴木砂羽

各番組の放送開始から朝10時までの累積報道時間で、鈴木の舞台降板問題は1時間54分48秒で芸能と総合ランキングトップ。総合の2位以下は「O-157集団食中毒 3歳女児死亡」(1時間41分55秒)、「台風18号 日本列島を直撃するコースか」(1時間40分51秒)、「安倍晋三首相 インド訪問」(1時間28分13秒)、「東京足立区 住宅の蛇口から下水処理水」(34分14秒)だった。

また、芸能の2位以下の順位は「レディーガガ 線維筋痛症を公表」(25分33秒)、「ソフトバンク 白戸家CMシリーズ」(17分31秒)、「加藤一二三 イベントで世界史熱弁」(14分28秒)、「小出恵介 深夜に少女連れ回しで書類送検」(10分45秒)。

鈴木に土下座を強要されたとして共演女優・鳳恵弥(36)、牧野美千子(52)が降板した今回の問題。舞台は代役を立てて13日に初日を迎え、終演後には鈴木が報道陣の取材に応じ、土下座の強要を否定しながら、周囲の支えで初日を迎えたことに関して涙ながらに感謝の言葉を述べた。

14日10時以降の番組でも、『ノンストップ!!』『バイキング』『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)、『ゴゴスマ』(TBS系)、『ミヤネ屋』『news every.』(日本テレビ系)などが取り上げた。『グッディ!』では、鳳恵弥と牧野美千子の所属事務所社長・関口忠相氏が生出演。経緯を説明した上で土下座の強要はあったと反論し、2人が自ら降板したことなどについても否定。互いに言い分が食い違う状況が続いている。

エム・データが発表している「今朝のランキング」はNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放送開始から午前10時までに放送された報道・情報番組の露出量をカテゴリー別に集計(NHK『おはよう日本』、日本テレビ『Oha!4』『ZIP!』『スッキリ!!』、TBS『はやドキ!』『あさチャン!』『白熱ライブビビット』、フジテレビ『めざましテレビアクア』『めざましテレビ』『とくダネ!』、テレビ朝日『グッド!モーニング』『羽鳥慎一モーニングショー』、テレビ東京『Newsモーニングサテライト』)。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事