『クロスボーン・ガンダム』幻の4機目「X-0」が立体化、銀の装甲を塗装で質感再現

2018年1月発送予定「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 クロスボーン・ガンダムX-0」(7,992円/税込)

バンダイが展開するロボットアクションフィギュア「ROBOT魂」より、漫画雑誌『ガンダムエース』(KADOKAWA)で連載された漫画作品『機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト』に登場するクロスボーン・ガンダム幻の4機目「X-0」が立体化されることが明らかになった。「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 クロスボーン・ガンダムX-0」として、現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。2018年1月発送予定で、価格は7,992円(税込)。

「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 クロスボーン・ガンダムX-0」では、その特徴的な銀の装甲をメタリックシルバーの全塗装で再現。トーンを落としたシルバーで、高級感と重厚な雰囲気を演出している。さらにメイン武装のバタフライバスターは、サーベルモードとガンモードの2形態が再現でき、ガンモードは腰のハードポイントに接続が可能となっている。また、フェイスパーツが2種付属しており、差し替えでフェイスオープン状態も再現することができる。

(C)創通・サンライズ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事