明石家さんま、宮迫の"ダークグレー"主張に「もうクロやん」

お笑いタレントの明石家さんまが、9日深夜にフジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(9月9日18:30~10日21:24)内で放送された「さんまのお笑い向上委員会SP」で、雨上がり決死隊の宮迫博之に対して不倫疑惑の真相を問い詰めた。

明石家さんま(左)と宮迫博之

同企画では、出演芸人が歴史上の人物になりきり、瓦版屋に扮したさんまを中心に爆笑トークを展開。『週刊文春』で不倫疑惑が報じられた宮迫は、明智光秀に扮する予定だったのが、急きょ"文春"と書かれた弾丸が貫通している「文春砲直撃の侍(八・一一事件で負傷)」に扮した。

そして、ネプチューンの堀内健が宮迫に絡み、「絶対ど突かれる!」という声が上がった場面で、宮迫は「ごめん! すまぬ!」と切腹する仕草を披露。さんまが「まだまだ死ぬとこいっぱい出てくる、このあと」とツッコんだ。

その後、さんまの予告通り、不倫疑惑の真相を尋ねる質問が続出。"オフホワイト"発言について聞かれると、宮迫は「ダークグレーです」と返し、さんまが「もうクロやん。認めたことになる」と指摘すると、「認めてはいません。気持ちがダークグレーだっただけ」と釈明した。また、爆笑問題の太田光が「一線は越えてない?」と聞くと、「越えてないです」と否定。「おぬしー! やったのかー?」「やっただろ」などと直球質問もぶつけられた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事