ビートたけし、人生で最もキリっとした朝は「有名女優と朝を迎えたこと」

お笑いタレントのビートたけし、劇団ひとり、ハライチの澤部佑、ブルゾンちえみ、ブリリアン(with B)の徳田浩至、杉浦大毅が6日、都内で行われたアサヒ飲料の缶コーヒー『WONDA』新CM発表会に出席した。

左から澤部佑、劇団ひとり、ビートたけし、徳田浩至、ブルゾンちえみ、杉浦大毅

同社は、『ワンダ モーニングショット』の新CM「キリッとした朝」編と『ワンダ 金の微糖』の新CM「濃いやつが来た」編を9月7日より全国で放映開始。「キリッとした朝」編は、ビートたけし、劇団ひとり、澤部が同商品を飲むと"神スイング"をした稲村亜美の映像が出てきてキリッとした朝を迎える内容で、「濃いやつが来た」編は、ビートたけしらが勤める会社の新たな社員となったブルゾンちえみが、キャリアウーマン風の金髪姿で書類をばらまきながら登場するという内容となっている。

CM発表会が行われたこの日は、稲村亜美以外の出演者が登壇。新たな社員として入社した金髪姿のブルゾンちえみに対して劇団ひとりは「ピッタリハマっているからこれでいいんじゃないかと思いますよ」と違和感がない様子で、澤部も「俺は撮影現場で普通のブルゾンちえみだと思いました。自然すぎていいよ!」と絶賛。至って普通な回答の2人に不満のビートたけしは「私はフランス座出身なので、金髪ヌードの昔を思い出しましたね」と笑わせて、「誰が(ブルゾンちえみと)やるか楽しみですね」と下ネタも全開。続けてCMで演じた部下たちに、同商品にちなんだ「これまで最もキリっとした朝は?」とビートたけしが質問するも、「宮迫は一線を越えてません。二線は越えたと」と笑いを誘いつつ、自らの回答として「私は人生でキリっとした朝は、ある有名女優とホテルで朝を迎えたことです」と仰天発言まで飛び出した。

また、同CMシリーズ初登場となったブルゾンちえみに、MCが「この3人を恋人にするなら誰?」という質問を投げ掛けると「東京オリンピックまで英語を喋れるようになりたいので、海外にいたことがあるひとりさんに英語を教えてもらいたいです」と劇団ひとりを指名。それを聞いたビートたけしは「何気なく聞いてたら喋れるのあるじゃん。それで俺のECCがダメになったんじゃん」と毒舌をはくなど、この日はビートたけしの独壇場だった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事