首都圏の高学歴な親が選ぶ小学校区ランキング、1位は?

 

住まいサーフィン(スタイルアクト運営)は8月31日、1都3県(東京、埼玉、神奈川、千葉)における各小学校内の居住者最終学歴に占める四大卒以上の割合と、推計世帯年収ならびに新築マンション価格に関する調査結果を発表した。

1位は「番町小学校区」

居住者の最終学歴が四大卒以上の割合が最も多かった地域は、東京都千代田区「番町小学校区」で64.3%。番町小学校は公立名門小学校として知られ、同地域は2017年公示価格で最も高額な住宅地を含む学区でもある。マンション購入希望者の中でも非常に人気があるという。

2位は神奈川県川崎市麻生区の麻生小学校区で60.7%。同地域は、新百合ヶ丘駅近隣が学区域で、学区内に大手財閥系デベロッパーが供給した大規模分譲マンションがある。推計世帯年収も949万円と高額だ。

3位は千葉県浦安市の日の出南小学校で59.5%。同地域は、新浦安駅南側に1975年以降一体開発された地域に位置。大手財閥系デベロッパーが供給した大規模分譲マンションや大規模戸建て分譲区画、大手重化学工業の企業社宅などが学区域に含まれる。

上位10学区の推計平均世帯年収は1,000万円を上回り、住まいサーフィンは「各小学校区の同年収と四大卒以上割合の相関は0.74と一定の相関関係にある」と推測している。なお、東京都を除く3県では、70㎡に換算した新築ファミリータイプマンションの推計平均価格が4,000万円以下の小学校区もあったという。

学区別最終学歴調査 東京都ランキング

学区別最終学歴調査 神奈川県ランキング

学区別最終学歴調査 埼玉県ランキング

学区別最終学歴調査 千葉県ランキング

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事