「メガミデバイス」第6弾・弓兵が登場、第5弾・忍者と組み合わせで侍モードに

2018年1月発売予定「朱羅 弓兵」(6,264円/税込)

ホビーメーカー・コトブキヤが展開する"美少女×メカニック"をテーマとしたシリーズ「メガミデバイス」の第6弾として新たに「朱羅 弓兵」が2018年1月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は6,264円(税込)。

「メガミデバイス」は、全高14cmの可動美少女素体にウェポンやアーマーを装着して楽しむ"近未来のバトルホビー"を想定した組み立て式のプラモデルシリーズ。素体には、浅井真紀氏による新設計素体"マシニーカ"を採用している。

今回は、第5弾「朱羅 忍者」と同様に、Nidy-2D-氏がデザインを担当。弓兵をモチーフとしたアーマーを身に着けた武装モードとアーマーを脱いだ素体モードがパーツ差し替えで再現できる。また「朱羅 忍者」と装甲を組み合わせるギミックがあり、大刀を装備して侍モードになる。

加えて大弓、大刀など多彩な武器パーツが付属。色々な戦闘シーンを想定して遊ぶことができる。さらに塗装済み顔パーツ3種、PVC製の手首が左右それぞれ5種、瞳やマーキングなどのデカールも同梱される。

商品価格は6,264円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2018年1月を予定している。なお、コトブキヤショップ(立川本店、秋葉原館、大阪日本橋、エキナカ秋葉原)購入特典として「特別カラー髪の毛パーツ」がプレゼントされる(なくなり次第終了)。

(C)KOTOBUKIYA・RAMPAGE (C)Masaki Apsy

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事