買い物の「おつり」で気軽に資産運用が行えるスマホアプリ「マメタス」登場

ウェルスナビは5月17日、日々の買い物の「おつり」を積み立て、気軽に資産運用が行えるアプリケーション「マメタス」を発表した。「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」で資産運用を開始し、積立を設定しているユーザー向けに5月末より提供を開始する。

マメタスは、ウェルスナビの資産運用サービスを提供するロボアドバイザー「WealthNavi」を活用したスマートフォン向けアプリケーション。毎日のクレジットカードでの買い物の「おつり」をロボアドバイザーのWealthNaviが資産運用してくれる。毎月1回、貯まった「おつり」を銀行口座から自動的に引き落とす仕様で、おつりは100円、500円、1000円から選択可能。対応OSはiOS10.0以上。Android版も後日提供するとしている。

マメタスの利用イメージ

WealthNaviは、「『長期・積立・分散』による資産運用を自動化することで、20-50代の働く世代の資産運用をサポート」(同社)してくれるサービス。ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成し、適切な資産配分の維持や積立投資の継続など合理的な投資を行うという。手数料は預かり資産の評価額の1%(年率、消費税別)。資産運用方法はホワイトぺーパーとしてWeb上に公開される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事