小林麻央、40度の熱との闘い告白「安らぎの瞬間があるからまだ闘えます」

乳がん闘病中で現在入院しているフリーアナウンサー・小林麻央が11日、自身のブログを更新し、40度の熱と闘っていることを明かした。

小林麻央

麻央は「クリアしたと思っていた熱がなかなかおさまらず、38度、39度、40度と、、、毎日、汗をかいています」と告白。「比較的短時間でおさまってくるのが今回の熱の特徴ですが、あたたかいタオルで蒸しながら身体を拭いて、濡れたパジャマを替えるのがとても気持ちよくもあり、一苦労」と打ち明けた。

そして、「仕上げに、冷たいタオルを頭に乗せると鎮まる熱気に、はぁーと思わず 気持ちいい声がでてしまいます」と、その様子を写した自身の写真を掲載。「苦しいことのなかにもひとつ ふたつと安らぎの瞬間があるからまだ闘えます」と力強く記し、40度を示す体温計の写真も「記録」として掲載した。

麻央は同日更新したブログで、退院に向けて鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む手術をしたことを報告し、「在宅治療でも点滴に利用できるので、退院に向けて、ひと安心しました」と安堵。「酸素吸入機の準備もよし!介護ベッドの準備もよし!在宅治療の準備もよし! あとは! いつ退院できるかな。家の空気が恋しいです」と退院が待ち遠しい心境をつづっていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事