親が子供に将来就いてもらいたい仕事、1位は?

 

アデコは4月27日、「将来就いてもらいたい仕事」および「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。調査は2016年11月11日~16日、全国の小・中学生の子を持つ父母1,000名(父親529名、母親471名)と、その子供(6~15歳)1,000名(男女各500名)を対象に、インターネットで行われた。

「将来子供に就いてもらいたい仕事(総合)」

同調査では、まず父母に対し、「子供に将来どのような仕事に就いてもらいたいか」と質問。結果はトップが「公務員」(18.3%)、次いで2位「会社員(サラリーマン・OL)」(14.1%)、3位「医者」(5.7%)となり、比較的安定しているとされている職業につくことを望む親が多いことがわかった。

「将来子供に就いてもらいたい仕事(男子)」

男女別でみると、「男子に就いてもらいたい仕事」では、1位「公務員」(22.3%)。次いで2位「会社員(サラリーマン・OL)」(15.8%)、3位「医者」(6.8%)という結果に。また、前回ランク外だった「建築士・大工」(1.4%)、「先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)」「エンジニア・プログラマー」(どちらも1.3%)の3つが、トップ10入りとなった。

「将来子供に就いてもらいたい仕事(女子)」

「将来女子に就いてもらいたい仕事」では、1位「公務員」(14.2%)、2位「会社員(サラリーマン・OL)」(12.3%)、3位「看護師」(5.2%)という結果に。そのほか、昨年トップ10圏外の「学者・研究者」(1.6%)、「自営業・個人事業主・フリーランス」(1.2%)がランクインした。

「将来就きたい仕事(総合)」

次に、小・中学生に対し、「大人になったらどのような仕事をしたいか」を聞いたところ、昨年に続き「会社員(サラリーマン・OL)」(11.8%)が1位に。続く2位は「医者」(6.2%)、3位は「パティシエ(お菓子職人)」(5.8%)となった。

「将来就きたい仕事(男子)」

「将来就きたい仕事(女子)」

男女別でみると、男子の1位は「会社員(サラリーマン・OL)」(14.4%)で、その割合は昨年(10.2%)から4.2pt増加。一方、女子は3年連続で「パティシエ」(11.0%)が1位となった。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事