LG、"壁に張る"有機ELテレビを国内投入 - 65型で100万円

LGエレクトロニクス・ジャパンは3月16日、4K HDR対応の有機ELテレビ「OLED W7P」「OLED E7P」「OLED C7P」を発表した。1月の「CES 2017」で披露されていた"壁張り"スタイルのWシリーズなど、設置スタイルの異なる3シリーズが国内投入される形だ。発売は4月上旬で、価格はいずれもオープンとなっている。

推定市場価格(税別)は以下の通り。

  • OLED 65W7P (65V型): 1,000,000円前後
  • OLED 65E7P (65V型): 800,000円前後
  • OLED 65C7P (65V型): 700,000円前後
  • OLED 55C7P (55V型): 500,000円前後

OLED W7P

OLED W7P

OLED W7Pは、パネルの薄さ約3.9mmを実現した有機ELテレビ。ディスプレイを一枚の絵のように広げた「Picture-on-Wall」デザインを採り入れ、ディスプレイを専用ブラケットで壁に直接貼り付けて設置する。なお、ディスプレイとバータイプのスピーカーを組み合わせたスタイルを採用。サウンド面については後述する。

薄さは約3.9mm

HDRの方式は、「HDR10」「Dolby Vision」のほか、今後のソフトウェアアップデートにより「HLG(ハイブリッドログガンマ)」にも対応予定。さらに「Active HDR」技術により、HDRのエンコードされたメタデータ(映像本来の明暗情報、色彩情報)を徹底的に引き出し、本来の色彩に限りなく近い映像を実現するという。

ピーク輝度を前モデルに比べて25%アップさせたほか、輝度レベル(APL)が50%以下のシーンにおける輝度処理を改良。これにより、明るいリビングでも美しい映像を楽しめるとしている。また、映像内の明度や輝度を制御する独自アルゴリズム「高輝度補正」を向上させており、部分的な輝きを際立てて映し出すという。

色彩情報の処理能力を高める「True Color Accuracy」技術を搭載。色の再現性は2016年モデルの6倍におよび、BT.2020も十分にカバーできるとしている。通常の映像のダイナミックレンジを拡大、HDR品質に近づける「HDR Effect」機能も向上しており、明るい領域と暗い領域でそれぞれ最適な色補正を施すという。

スピーカー部

「Dolby Atmos」に対応し、内蔵スピーカーのみでオブジェクトオーディオを実現。「鳥の鳴き声が頭上から聞こえる」「車のエンジン音が右から左に流れる」など、物体が移動するさまをサウンドで効果的に表現できる。

スピーカー部にはDolby Atmosとの親和性を追求し、新開発の「ムービングスピーカー」を搭載。上方向に2基のハイトスピーカーを備えており、テレビの電源を入れると自動でせり上がる。スピーカーはアレイタイプのため、音が四方に拡散せずに天井で反射し、頭上から降ってくるようなサウンドも実現できる。

電源を入れるとハイトスピーカーがせり上がる

スマートテレビ機能にも注力しており、「webOS 3.5」を搭載。画面上のアイコンをクリックするだけで視聴中の番組に関連したWebサイトやYouTubeのコンテンツを検索できる。このほか、よく使うアプリをスムーズに呼び出せる「お好みボタン」、文字を最大500%まで拡大できる「マジックズーム」、YouTubeのお気に入りコンテンツを登録できる「マイコンテンツ」などの機能を利用できる。

  • チューナー: 地上/BS/110度CSデジタル×2基
  • 実用定格出力: 60W(10W+10W+10W+10W+10W+10W)
  • 出入力端子: HDMI入力×4、ビデオ入力×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×3(うちUSB 3.0対応×1)、有線LAN×1
  • Wi-Fi: ○
  • サイズ: 145.0×82.5×0.4cm(ディスプレイ部)
  • 重量: 7.6kg

OLED E7P

OLED E7Pは、ガラス製バックカバーに極薄パネルを組み合わせた「Picture on Glass」デザインを採用するモデル。高画質技術など、基本性能は「OLED W7P」と共通している。

OLED E7P

  • チューナー: 地上/BS/110度CSデジタル×2基
  • 実用定格出力: 60W(10W+10W+10W+10W+10W+10W)
  • 出入力端子: HDMI入力×4、ビデオ入力×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×3(うちUSB 3.0対応×1)、有線LAN×1
  • Wi-Fi: ○
  • サイズ: 146.1×87.7×6.2cm
  • 重量(スタンド含まず): 21.2kg

OLED C7P

OLED C7Pは、最薄部約4.6mmで、横からだとブレードのように見えるという「Blade Slim」デザインを採用したモデルだ。基本性能は「OLED W7P」「OLED E7P」と共通。

OLED C7P

  • チューナー: 地上/BS/110度CSデジタル×2基
  • 実用定格出力: 40W(10W+10W+10W+10W)
  • 出入力端子: HDMI入力×4、ビデオ入力×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×3(うちUSB 3.0対応×1)、有線LAN×1
  • Wi-Fi: ○
  • サイズ: 145.3×83.3×4.7cm(65型)、123.0×71.0×4.7cm(55型)
  • 重量(スタンド含まず): 22.8kg(65型)、17.3(55型)

同日、LGエレクトロニクス・ジャパンは製品発表会を開催した。発表会レポートは追って掲載する

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事