人を殺したはずが自殺として処理され…?環望のサスペンスが電子雑誌で始動

「泪ー泣きむしの殺し屋ー」第1話の扉ページ。

本日3月15日に配信がスタートした電子マンガ雑誌・毒りんごcomicのvol.13(双葉社)にて、環望の新連載「泪ー泣きむしの殺し屋ー」が始動した。

「泪ー泣きむしの殺し屋ー」は平凡なOL・仲里泪が、殺人を犯してしまう場面から始まるサスペンスアクション。「警察に捕まってしまう」と気が動転していた泪だったが、なぜかその犯行は公にならず、自殺として処理されてしまう。不思議がる泪のもとに1台のスマホが届いたことから、彼女の運命は大きく動き始める。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事