有村架純、朝ドラ『ひよっこ』の役作りで5kg増「ご飯を食べれば自然と…」

4月3日からNHKでスタートする連続テレビ小説『ひよっこ』の完成披露試写会が15日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の有村架純、脚本家の岡田惠和が出席した。

連続テレビ小説『ひよっこ』の完成披露試写会に出席した有村架純

連続テレビ小説第96作目となる同ドラマは、東京オリンピックが開催された1964年からスタートする物語。奥茨城の小さな農家に生まれ育った谷田部みね子(有村架純)が、高校卒業後に集団就職で上京した東京・墨田区の人々たちに育まれながらも、成長していく姿を描く。

現在は東京編のロケを行っているという有村は「茨城編のみね子を見て、外見も今とは少し変えて作っていました。今は監督さんと話し合い一生懸命作りながら現場を進めています。宮本信子さんとご一緒した時に、宮本さんから『茨城編のみね子すごいね!』と言われて安心しました」と笑顔。この日上映された第1週の茨城編では5kgも体重を増やしたそうで「ご飯を食べれば自然とああいう形になります(笑)。体重を減らすことの方が大変ですね。茨城編のみね子は色も黒いしお洋服もラフ。実際に見て『あ~田舎もんだな』と思いました(笑)」と感想を述べながら、「大きな出来事が展開していくお話ではありませんが、笑えるところもあったりウルッと胸に来るところも沢山あるので、見ていただく方を色んな気持ちにさせてくれるお話だと思います。私が見た時はあっという間に終わってしまって、早く次回にならないなかと思ったので、皆さんもそう思ってくれると思っています」と自信を見せた。

また、この日は原作と脚本を担当した脚本家の岡田惠和も同席。「やっとこの日が来たかという感じす。第1週を何度も見ましたが、想像を超えるぐらいの上がりだと思っています。長女としてのみね子の有り様というか、見ている方に愛していただけるキャラクターになっているので、いいスタートが切れました」と有村の演技を絶賛していた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事