亀梨和也、女子高生のプロポーズに神対応 - 「僕から言うから待ってて」

アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也と女優の土屋太鳳が13日、東京・蒲田女子高等学校で行われたW主演映画『PとJK』(3月25日公開)春の交通安全スペシャルイベントに登場した。

土屋太鳳

同作は三次マキによる同名コミックを実写化。イケメンな"P(=POLICE・警察官)"と恋愛初心者の"JK(=女子高生)"が秘密で結婚するという設定と、年の差カップルのピュアなラブストーリーで話題を呼んでいる。恋愛映画初主演の亀梨が警察官・功太役、土屋が女子高生・カコ役となる。

本物の“P”から自転車の交通安全について学んでいた”JK”たちは、サプライズ登場した2人に黄色い悲鳴をあげた。劇中では警察官姿を披露する亀梨に、土屋が「違うドラマでも警察官に扮装するシーンを拝見した時があって、セクシーが漏れてしまうのかなって思ったんです」と心配すると、亀梨は自分のジャケットをまくって確認。亀梨は「今日はちょっとくるぶし辺りからセクシーが漏れてるかな」とお茶目な一面を見せたが、あまり反応がなかったため「女子高生のみなさんの前では、くるぶしからセクシーが漏れるというのは若干滑るということが学べたので、勉強になりました」と反省すると、応援の声がかけられた。

またその場で質問を募ると、「亀梨ラブビーム送って!!」とリクエストを受けた亀梨。「亀梨ラブビームって言葉があるの? ラブビームってどうやってやるの?」とたじたじになりながらも要求通りに手で作ったハートを「ラブビーム!」と送ると女子高生が泣き出し、亀梨は「泣かないでね、ちゃんと(車を)見て帰るんだよ」と声をかけていた。

「どうしてそんなにかっこいいんですか」という質問には、亀梨は「こういう風に応援してくださったりする環境が、自分を律してくれるというか」と真摯に回答。「ああもうだめだなあって時に、周りの人たちの存在が、亀梨和也をしゃんとさせてくれるというか。なので、いっぱい応援してください」とメッセージを贈った。

さらに「亀梨和也さんが大好きすぎて困ってます。結婚してください」と公開プロポーズしたファンに、亀梨が「そういうタイミングが来たら僕から言いますので」と答えると、女子高生たちは絶叫。「引き続き、応援しながら待っていてください」と言うと、ファンは感激で言葉を失っていた。

最後に映画のワンシーンの再現を求められた亀梨は「カコちゃん、結婚しようか」とプロポーズシーンを演じ、大歓声に。「ちょっとまたくるぶし辺りから(セクシーが)漏れ出ちゃって」と照れながらも、最後まで「神対応」を見せた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事