新海誠監督『君の名は。』の真実を初告白 - 今まで話せなかったこととは?

大ヒットを記録し社会現象にもなったアニメ映画『君の名は。』の新海誠監督が、11日に放送されるTBS系特番『3・11 7年目の真実』(14:00~15:54)で、今までどこにも話してこなかった同映画の真実を初告白する。

『君の名は。』の新海誠監督

東日本大震災の発生から7年目に入る日に放送される『3・11 7年目の真実』。新海監督は、東日本大震災が発生した4カ月後に被災地を自分の足で歩き、「1枚の絵」を描いている。それから6年が過ぎ、今月初めにもう一度同じ場所を訪ねた。そして、新海監督が膳場貴子キャスターに「今まではどこにも話せなかったこと」を告白。『君の名は。』の真実が初めて明かされる。

そのほか、番組では被災地のさまざまな真実を検証。原発事故の影響が今も続く「福島第一原発沖の海」はどうなっているのか探るため、ダイバー仲間からレジェンドと呼ばれる82歳のダイバーが潜水調査を行う。また、津波で児童74人、教職員10人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校で教員をしていた父親を亡くした大学生や、小学校6年生の時に母親を亡くし、「震災に絶対負けたくない」と甲子園を目指してついにセンバツのマウンドに立った高校球児の今に迫る。

地震が発生した14時46分には、東京で行われる追悼式、さらに被災地の岩手、宮城、福島から中継で人々の祈る姿を伝える。エンディングでは、子供たちを特集。東日本大震災が起きた年に生まれた赤ちゃんはこの春に小学校入学、小学生だった子は中学生や高校生になり、職人を目指し励む者もいる。東日本大震災を経験した子供が、それをどう乗り越え、どこへ歩み出そうとしているのかを伝える。

潜水調査の模様

(C)TBS

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事