スマホ証券「One Tap BUY」が日本株の取り扱い開始

 

One Tap BUY(ワンタップバイ)は2月13日、証券取引アプリ「One Tap BUY」で「まるごと日本株」(日本株ETF(上場投資信託)3本)のサービスを開始する。

「One Tap BUY」まるごと日本株 画面推移

まるごと日本株では、"誰にでもカンタンに"というOne Tap BUYの特徴はそのままに、日本株ETFも3タップ、1,000円から取引できるという。ユニークな「乳牛」「ブル(牛)」「ベア(熊)」アイコンで、乳牛は日経225連動、ブルは日経225の2倍連動、ベアは日経225の逆連動のETFを表す。

買いの取引コストは無料。2017年3月末までは日本株スタートキャンペーンにつき、売りの取引コストも無料となる(4月からスプレッド(基準価格×0.3%))。

同社では、「個別株を選ぶよりも容易に、『今日、市場全体が上がるのか下がるのか』だけに集中して売り買いするカンタンさがメリットです。日経225を通じた日本株との出会いで、日本株への興味と関心をさらに高めていただければと思っています」とコメントしている。

One Tap BUYは、1,000円以上1,000円単位で30銘柄の米国株式に投資できるスマホ証券。売買したい株を選んで、金額を決めて、確定する"3タップ"で、24時間売買できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事