細川たかしの"キティ好き"にマツコら衝撃 - きっかけは少年隊の植草克秀

歌手の細川たかしが、19日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』(毎週木曜23:00~23:30)で、ハローキティが大好きという意外な一面を明かし、ナインティナインの矢部浩之とマツコ・デラックスを驚かせた。

細川たかし

矢部が「楽屋をあるものでいっぱいにしているそうですね?」と切り出すと、細川は「キティちゃんの話ですね」と返し、自身の楽屋の様子を公開。「1メートル四方のやつを縫い合わせて楽屋に敷いたり、布団も全部あるんですよ。毛布も枕もキティちゃん」と説明すると、共演者は「えー!」と驚いた。

そして、「休める。昼の部と夜の部の間に横になったらだいぶ違いますよね。寝てるとね、キティちゃんっていいよね」と満面の笑みで話すと、矢部もマツコも爆笑。細川は「あれで寝てると、よしっ夜の部も頑張ろうっていう気になる」と続け、「非常に明るい。すごく楽屋全体も明るくなる」と熱弁した。

いつから好きなのか聞かれると「もう30年にはなる」と明かし、きっかけについては「プレゼントしてもらった。少年隊にかっちゃん(植草克秀)かな」と説明。「何かをくれて、かわいいねってなって、そこから話がドッといって、全部キティにしろって」と笑った。

ちなみに、キティグッズを持ち歩くことはなく、楽屋のみだそう。「毛布はすごくいい。でっかい毛布の真ん中にキティちゃんがドーンと。あれ着たら最高!」とキティへの愛あふれるトークはさらに続き、「ただのピンクではダメ?」と聞かれると、「それじゃダメでしょ。やっぱかわいいキティちゃんがいないと、あれがいないと進まないよね」と語った。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事