三吉彩花、空港で20歳を迎えビールで乾杯「苦かったですね(笑)」

モデルで女優の三吉彩花が23日、都内でファースト写真集『わたし』(10月25日発売 2,980円税別 文藝春秋刊)の発売記念イベントを行った。

ファースト写真集『わたし』の発売記念イベントを行った三吉彩花

今年6月18日に20歳を迎えた三吉。同書は、その節目に人生観が変わると言われるインドで10代最後の1週間を過ごしながら撮影したそうで、撮影地をインドにした理由を聞かれると「そんなに詳しくはなかったんですけど、写真集の撮影では想像のつかないところで撮ってみたいという希望があって、周りの方に勧めていただきました」と明かし、インドの雰囲気については「私はすごく好きでした。人もすごく温かいですし、景色もキレイで、一番大事な1週間をインドで過ごせてよかったなと思います」と笑顔を見せた。

また、写真集のお気に入りには、ガンジス川の川辺で佇んでいるカットを挙げ「ガンジス川は写真や映像でしか見たことがなかったので、実際に行ってみたら、そこでいろいろと感じて、お仕事のことや家族のこと、友だちのことやこれからどう人生を生きて行こうとか、落ち着いて冷静になって考えられた場所だったので、お気に入りの写真です」と説明。髪の毛を切った写真も収められているそうで「今までずっとロングだったので、それを切るという決断も、自分の中では大きな決意を持ってだったんですけど、自分でハサミを入れられるのもなかなかない経験なので、躊躇なく思い切りました」と吐露し、「40cmくらい切ったんですけど、直後はサッパリしました」と語った。

10代最後の1週間はどのような心境だったか聞かれると、「成人に近づいていったのですごく緊張していましたね。でも実感はなく20歳になっても大きな変化はないので、不思議な1週間でした」と回顧し、20歳を迎えた瞬間については「日本時間で20歳になったときはシンガポールの空港にいたので、スタッフの皆さんにビールで乾杯していただきました」とコメント。初めのビールの味については「苦かったですね(笑)。まだちょっとお疲れ様の最初のビールが美味しいというところにはたどり着いていないですね」と打ち明けた。

20歳になっての抱負については「これからもお芝居やモデル業やそれ以外のことも、いろいろと幅広くやりたいなと思っているので、そこを自分でもいろんな意見を言わせていただきつつ、皆さんと楽しくお仕事をしていけたらなと思います」と語った。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事