オダギリジョー、黒木華の意外なギャップ明かす「こう見えてパンク好き」

俳優のオダギリジョーが5日、都内で行われた4月12日スタートのTBS系ドラマ『重版出来!』(毎週火曜22:00~22:54、初回15分拡大)の完成披露特別試写会で、女優の黒木華の意外な一面を明かした。

『重版出来!』完成披露特別試写会に出席した黒木華とオダギリジョー

本作で連続連続ドラマ初主演を果たす黒木について、オダギリは「すばらしいですね」とコメント。「みんなのイメージもそりゃよかろうと思うんですけど、それをたまに裏切る大阪の血みたいのが見え隠れするんです。そこが僕はすごい好きで」と話した。

続けて、「みなさんきっと静かなお人形さんみたいなイメージかもしれませんが、とんでもないですよ」と発言。どういう意味だろうと観客がざわつく中、「一番最初にいいなと思ったのは、こう見えて意外にパンクが好きなんですって。そこがまずイメージと違って素敵だなと」と黒木の意外な一面を明かした。

黒木は好きなパンクバンドを聞かれると、シド・ヴィシャスやセックス・ピストルズと返答。また、「松重(豊)さんもそうなんです。仲間なんです」と言うと、松重は「これからパンク親子として…」と笑いを誘った。

本作は、2014年に日本経済新聞「仕事マンガランキング」第1位を獲得し、『月刊!スピリッツ』で連載中の松田奈緒子作の同名漫画を原作とする物語。コミック雑誌『週刊バイブス』の編集部を舞台に、新人編集者の黒沢(黒木)が、一癖も二癖もある編集部員や漫画家、営業担当、書店スタッフたちを巻き込み、ライバル雑誌に打ち勝とうと奮闘する姿を描く。

試写会には、主人公の新米編集者・黒沢心役の黒木華、黒沢を指導する先輩編集者・五百旗頭敬役のオダギリジョー、コミック営業部担当・小泉純役の坂口健太郎、週刊バイブス編集長・和田靖樹役の松重豊、週刊バイブス編集部員役の安田顕、脚本家の野木亜紀子が出席した。

左から安田顕、坂口健太郎、黒木華、オダギリジョー、松重豊

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事