アニメ「ぼのぼの」、山口監督は「原作以上に30年、40年と続けたい」

 

左から山口秀憲監督、いがらしみきお、桃野陽介(モノブライト)。 (c)いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン

いがらしみきお原作のテレビアニメ「ぼのぼの」の先行試写会が本日3月26日に都内で行われ、いがらしのほか、監督の山口秀憲、主題歌を歌うモノブライトの桃野陽介が出席した。

2話分の視聴を終えたあとには鼎談がスタート。20年ぶり2度めのテレビアニメ化について聞かれたいがらしは「ここ3年ぐらいは『ぼのぼの』のグッズを出してまして、それに反響があったので私の中でもちょっと色気が出て、もう一度アニメをやりたかった(笑)」と笑わせつつ、「それが奇しくも『ぼのぼの』連載30周年の今年に実現したということは、ひとつのめぐり合わせみたいなもので、うれしく思ってます」とコメントした。

原作のファンだという桃野は主題歌を提供することに対し「物心ついたときから『ぼのぼの』というマンガがあったので、僕にとっては歴史的な物に歌を作るという感覚が強い。『奈良の大仏に主題歌作ってください』みたいなことなんです、ホントに」と思いを明かす。

アニメを観たいがらしは「監督が『あんまり子供向けにしない』と言っていたので、それがストンとわかるものがあった」、桃野は「自分の中のマンガのイメージがあって、それと同じ“間”で観れましたね。いい意味で説明がない世界観にもこだわってるなという感じがして楽しかったです」と賞賛。

山口監督はアニメの今後について「1回だけ観ても『面白かった』って言ってもらえる作品になればいいかなと。『今週見逃したから(視聴を)切ろう』ではなくて、久しぶりに観ても『やっぱり変わらず面白いな』って思っていただけるようなアニメとして、原作以上の30年、40年、やっていけたらいいなと思うような感じを目指しております」と野望を語った。

アニメ「ぼのぼの」は4月2日よりフジテレビで放送される。

フジテレビ「ぼのぼの」

初回放送:2016年4月2日(土)4:52~5:00

(c)いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー

本音ランキング