ショーンK、騒動後初の肉声で涙ながらに謝罪「本当に本当にごめんなさい」

 

経歴詐称疑惑を受けてメディア活動を自粛することになった経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏が19日、レギュラーを務めていたFMラジオ局・J-WAVEの放送でメッセージを寄せ、今回の騒動を涙ながらに謝罪した。

ショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏

ショーンK氏は、レギュラーを務めていた番組『MAKE IT 21』が放送される予定だった同日21時の冒頭に、今回の騒動後、初めての肉声となる事前録音したメッセージを寄せ、「リスナーの皆さん、関係者の皆さん、この度はとてつもないご心配とご迷惑をおかけしてしまい、お詫びの言葉も見つかりません。ただただ、心から申し訳なく思っています」と謝罪。

続けて、「今回の取り返しのつかない事態の発端の責任はこの私にあります。このことを重く重く受け止め、長らくの休業、メディア活動の停止を決断いたしました」と自粛の理由をした。

2000年10月からスタートした同番組については「私そのものでした」と表現した上で、「いろんなことがありましたが、毎週マイクの前に座り、皆さんとつながることで、どれだけ救われたか分かりません」「思い出は尽きません、本当にありがとうございました」と感謝。今回の騒動後にも多くの応援メッセージが送られてきたことを明かし、「何とお礼を伝えていいか言葉が見つかりません。またいつか、どこかでお会いできることを信じて、それを勇気に生きていきます」とコメントした。

そして最後に「リスナーの皆さん、関係者の皆さん、愛するスタッフ、本当に、本当にごめんなさい。申し訳ございませんでした。そして長い間ありがとうございました」と、謝罪と感謝の言葉で締めくくった。

J-WAVEは、ショーンK氏側から無期限でメディア活動を停止するという申し出を受け、「今後の『MAKE IT 21』の放送継続は難しいと判断しました」として番組の終了を決定。きょう19日から、同番組の放送時間は、音楽番組『THE MUSIC SPECIAL』を放送していくとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ

本音ランキング