ホンダ、新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬から開始 - PMCが生産拠点に

 

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは17日、アキュラブランドから発売される新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬に開始し、順次納車を行うことを発表した。

新型「NSX」北米仕様車の量産が4月下旬から開始される

新型「NSX」のグローバル生産拠点は、オハイオ州メアリズビルに設立された「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」。同社にとってオハイオ州で3番目の四輪車生産工場であるとともに、新型「NSX」の開発を行ったホンダR&Dアメリカズのオハイオセンターから程近いメアリズビル四輪車工場に隣接する場所に立地している。

PMCは新型「NSX」のようなスーパースポーツモデルの少量生産に最適な生産設備を備えており、約100名の従業員が、各工程で先進のロボット技術と協調しながら、最高レベルの品質と高いクラフトマンシップを実現しているとのこと。高度な生産技術も多数有しており、現在12件の特許を米国で申請している。

なお、新型「NSX」の3.5リットルV6ツインターボエンジンは、オハイオ州にあるホンダのアンナエンジン工場にて、エキスパートの手により組まれている。

新型「NSX」のグローバル生産拠点、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)

同社は「需要のあるところで生産する」という考えにもとづき、1979年9月から米国で二輪車の現地生産を開始。1982年11月には、日本の自動車メーカーとして初めて米国で乗用車の生産を開始した。以来、北米での現地生産を拡大し、2015年末までの北米における四輪車の累計生産台数は3,000万台を超えている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ