ホンダ、新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬から開始 - PMCが生産拠点に

 

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは17日、アキュラブランドから発売される新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬に開始し、順次納車を行うことを発表した。

新型「NSX」北米仕様車の量産が4月下旬から開始される

新型「NSX」のグローバル生産拠点は、オハイオ州メアリズビルに設立された「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」。同社にとってオハイオ州で3番目の四輪車生産工場であるとともに、新型「NSX」の開発を行ったホンダR&Dアメリカズのオハイオセンターから程近いメアリズビル四輪車工場に隣接する場所に立地している。

PMCは新型「NSX」のようなスーパースポーツモデルの少量生産に最適な生産設備を備えており、約100名の従業員が、各工程で先進のロボット技術と協調しながら、最高レベルの品質と高いクラフトマンシップを実現しているとのこと。高度な生産技術も多数有しており、現在12件の特許を米国で申請している。

なお、新型「NSX」の3.5リットルV6ツインターボエンジンは、オハイオ州にあるホンダのアンナエンジン工場にて、エキスパートの手により組まれている。

新型「NSX」のグローバル生産拠点、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)

同社は「需要のあるところで生産する」という考えにもとづき、1979年9月から米国で二輪車の現地生産を開始。1982年11月には、日本の自動車メーカーとして初めて米国で乗用車の生産を開始した。以来、北米での現地生産を拡大し、2015年末までの北米における四輪車の累計生産台数は3,000万台を超えている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] ホビー
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル