スタジオジブリ鈴木プロデューサーが新作に言及、「宮﨑駿監督は毎日会社に来ている」

鈴木敏夫プロデューサー

都内・ベルサール六本木で開催された丸紅新電力の新電気料金プラン発表会にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが登場し、ジブリの新作について言及した。

鈴木氏によると、宮﨑駿監督は毎日会社に来て三鷹の森ジブリ美術館用の短編を製作中であるという。また、鈴木氏個人としては、押井守監督の最新映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』(5月20日公開)の日本語版のプロデュースを担当。そして待望のジブリとしての新作については、9月公開予定の劇場アニメ『レッドタートル THE RED TURTLE』がフランスで足掛け10年にわたって製作されており、短編アニメ『岸辺のふたり』が高い評価を受けたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット氏が監督を務めていることが紹介された。

発表会では、丸紅新電力がスタジオジブリとタイアップして実現した環境重視の新料金プラン「プランG」についての説明が行われた。ジブリは同社の新CMを担当している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事