蓮佛美沙子がウエディングドレス姿を披露、遠藤憲一「親みたいな気持ちだ」

女優の蓮佛美沙子が、15日に放送される関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00~22:54)の最終話で、ウエディングドレス姿を披露する。

ウエディングドレス姿を披露した蓮佛美沙子

蓮佛演じる娘・花澤美蘭が、同い年の大道寺保(遠藤憲一)と結婚しようとするのが許せない紀一郎(渡部篤郎)に巻き起こる騒動を、林宏司のオリジナル脚本でコミカルに描く同ドラマ。蓮佛がウエディングドレス姿で撮影したのは都内のホテル。父・紀一郎に反対され続けてきたこれまでのストーリーを振り返りながら「道のりは長かった」と感慨にふけた。

遠藤は撮影中「蓮佛っちゃんにウエディングドレスを着せてあげたかった」と何度も言っていたそうで、この姿を見て「きれいだね!」と喜んでいたが、同時に「親みたいな気持ちだ」と正直な心境を吐露。これには蓮佛も心の中で「そこは彼氏としての立場じゃないんだ!」と突っ込んだそうだ。

この最終話では、美蘭の母・静香(和久井映見)が離婚届を置いて家を出て行ってしまい、紀一郎も左遷を命じられるなど、花澤家が崩壊の危機に。静香は戻ってくるのか、紀一郎は2人の結婚を許すのか…その結末が明らかになる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事