アウディ「Q7」新型プレミアムSUVは3/16発売 - 軽量化実現、燃費性能も向上

 

アウディ ジャパンは16日、プレミアムSUVの新型「Q7」を全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。「Q7」は2006年に初代モデルが登場し、今回のモデルが2代目となる。

アウディ「Q7」

新型「Q7」は従来モデルより最大で300kgもの軽量化を達成し、空力特性も改善したことで燃費性能が大幅に向上。JC08モード燃費は「3.0 TFSI」で11.7km/リットルとなり、旧エンジンの10.15モード燃費8.6km/リットルと比較しても経済性の高さが際立つ。新規設定の「2.0 TFSI」では12.6km/リットルを実現した。

ボディサイズは初代モデルより若干縮小したが、プレミアムSUVらしい堂々としたスタイリングと広い室内空間を実現。フルデジタルメーターのバーチャルコクピット、大型タッチパッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にした「Audi connect」といったインフォテイメントシステムも搭載する。

安全装備では、自動ブレーキを含む「アウディプレセンス シティ」をはじめ、数々のアシスタンスシステムを標準装備。欧州の衝突安全テスト「Euro NCAP」で最高評価の5つ星を獲得したほか、米国IIHSの安全性評価でも最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定されている。

新型「Q7」の価格は、2.0リットルの直列4気筒ターボエンジンを搭載する「Q7 2.0 TFSI クワトロ」が804万円、3.0リットルのV型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載する「Q7 3.0 TFSI クワトロ」が929万円(ともに税込)。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電