『バットマンvsスーパーマン』日本人女優としてTAOが出演! 妖しい秘書役

 

2大ヒーロの対決を描く『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(3月25日公開)の新場面写真が3日、公開され、日本人女優として唯一出演するTAO(30)の姿が明らかになった。

レックス・ルーサーの秘書、マーシー・グレイブス役を務めるTAO

TAOは14歳の時に日本でモデルデビューした後、パリコレをはじめミラノやロンドンなど世界各国で活躍。そして、『ウルヴァリン: SAMURAI』(13年)のヒロイン・マリコ役に抜てきされ、ハリウッド映画デビューを果たし、その後もテレビシリーズなどに出演してきた。

本作で演じるのは、バットマンとスーパーマンの影で不穏な動きを見せる謎の男レックス・ルーサーの秘書、マーシー・グレイブス。マーシーが劇中で見せる立ち回りについては、すでに公開された予告編にヒントが隠されているという。公開された場面写真は、暗躍するレックスの計画の鍵となる、謎の物体を移動させているマーシーを捉えた1枚。凛(りん)とした表情を見せる一方で、どこか危なげかつ怪しげな雰囲気を醸し出しており、2大ヒーローの衝突に何らかの影響を及ぼす女性であることがうかがえる。

TAOは、今回の抜てきについて「歴史的な超大作に出演でき、信じられないくらいうれしかった」と感激。加えて、「(ザック・スナイダー)監督が私のモデル時代のある写真がすごく気に入ったようで、そこからインスパイアされ、劇中では黒縁のメガネをかけています」とビジュアル面での背景を明かした。

クリストファー・ノーランが製作総指揮を務める本作は、特殊能力を持たず、頭脳と格闘スキルで夜の街に横行する犯罪に立ち向かうダークヒーローのバットマンと、絶対的正義のヒーローにして地球最強の男・スーパーマンのバトルを描いた物語。現在、YouTubeの関連動画再生回数は1億5000万回を超えるなど、世界のファンから期待が高まっている。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア

本音ランキング