BIGLOBE、Android OSを搭載した小型IoT端末「BL-01」の開発キット

 

ビッグローブは2日、GPSや加速度センサーなどを備え、データ通信も可能な小型Android端末「BL-01」開発キットの提供を開始した。基本的に企業向けとなり、価格は35,000円(税別)。

「BL-01」開発キット

今回のBL-01開発キットでは、Googleの標準SDKに対応した一般的なAndroid 4.4.2向けアプリ開発環境があれば、自由にBL-01向けのアプリを作れる。専用の開発ツールなどは必要ない。BL-01本体は1.6型タッチパネルディスプレイを持ち、3軸加速度センサーとGPSを搭載する。

単独でデータ通信も可能なので、ウェアラブル端末やIoT端末としての利用が可能。ビーコンと組み合わせた子供の見守り、医療機器などの物品管理、各種センサーからの情報をクラウドにアップロードするゲートウェイ、といった利用例を挙げている。

そのほかBL-01の主な仕様は、CPUがCortex-A7(1.0GHz)、メモリが512MB、ストレージが4GB、ディスプレイ解像度が220×176ドット。OSはAndroid 4.4.2。nanoSIMカードスロットを装備し、通信機能は3G(2.1GHz)、IEEE 802.11 b/g対応無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載する。

電源は620mAhの内蔵リチウムイオンバッテリで、連続待ち受け時間は約3日、充電時間は約150分。BL-01本体は、IPX5およびIPX7相当の防水防塵仕様となっている。本体サイズはW47×D15.6×H41mm、重量は36g。

「BL-01」の主な仕様

現在の採用実績としては、福島県会津若松市における「路面情報等のオープンデータ活用実証実験」などがある。舗装路面管理ソリューションを提供するバンプレコーダーとBIGLOBEが協業し、会津若松市の道路パトロール車を含む公用車や民間のバスなどに(10台)、BL-01を設置する予定。このシステムでは、走行中に道路の舗装状況をBL-0の加速度センサーで検知し、エンジンを停止すると異常箇所のGPS情報といった走行データを自動的にサーバに送信。地図データと組み合わせ、舗装道路の異常箇所を可視化する。

会津若松市「舗装路面情報管理オープンデータ活用実証実験」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (6) hidden属性の指定法
[09:30 8/28] 企業IT
NEWS小山「僕は何でもやります!」- くりぃむ有田に代役出演イジられ宣言
[09:00 8/28] エンタメ
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、第2期の新キャラなど最新情報を公開
[09:00 8/28] ホビー
「ハイレゾ」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電
スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」スタート! - 気になる画質は? 使い勝手は?
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電