中小企業の給与水準、半数以上が「上昇」

 

日本政策金融公庫は2月29日、中小企業の雇用・賃金に関する調査の結果を発表した。有効回答は5,060社。期間は2015年12月中旬。

正社員の給与水準、前年より「上昇」

2015年における正社員の給与水準は、50.4%で「上昇」が最多に。昨年から1.8pt減少した。次いで「ほとんど変わらない」(48.7%)、「低下」(0.9%)となった。

2016年見通しについては、55.4%で「ほとんど変わらない」が最も多くなった。以降「上昇」(43.9%)、「低下」(0.8%)と続いた。

正社員の給与水準

正社員の給与水準上昇の背景について、1位は「自社の業績が改善」(45.3%)。次いで2位は「採用が困難」(14.0%)、3位は「同業他社の賃金動向」(11.8%)。以降4位「物価の上昇」(9.9%)、5位「最低賃金の動向」(8.7%)となった。

賞与については、2015年実績が49.6%で「変わらない」が最も多くなった。以降「増加」(33.1%)、「減少」(12.3%)、「支給せず」(5.0%)という結果となった。

賞与について

賃金総額については、2015年12月では54.3%が「増加」。次いで「ほとんど変わらない」(36.2%)、「減少」(9.5%)となった。2016年見通しについては、48.6%が「増加」だった。次いで「ほとんど変わらない」(47.1%)、「減少」(4.3%)となった。

賃金総額

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・宮野真守、16thシングル「The Birth」のミュージックビデオを公開
[01:46 9/28] ホビー
蒼井翔太、10/19同時リリースのNEWシングル&武道館映像のビジュアル公開
[01:33 9/28] ホビー
『にゃんこデイズ』のTVアニメ化が決定! コミックキューン11月号発売
[01:14 9/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、Blu-ray&DVD第2巻のジャケ写公開
[00:59 9/28] ホビー
[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ