岡田准一、"知ったかぶり"をしていた苦い「シュガー時代」を振り返る

  [2016/03/01]

V6の岡田准一が1日、都内で行われた主演映画『エヴェレスト 神々の山嶺』のフレッシャーズ限定試写会に、共演の阿部寛、尾野真千子とともに登場した。

映画に出演する阿部寛

尾野真千子

同映画は夢枕獏の小説『神々の山嶺』(角川文庫・集英社文庫)を映像化したもので、標高8,848m、氷点下50℃という過酷な環境を舞台に、エヴェレストの謎を追う山岳カメラマン・深町を岡田准一、天才クライマー・羽生を阿部寛、2人の男性に運命を翻弄される女性・涼子を尾野真千子が演じる。

同試写会は、作品のテーマである「挑戦」にちなんで、4月から新社会人となる学生を集めたもので、自らの新社会人時のエピソードを聞かれた岡田は、アイドルグループ・V6としてデビューしたときの話を披露。大阪から出て来て、すぐにデビューとなってしまった岡田は、最初の3年位のことを覚えていないと語る。「ふつうはJr.期間という研修生として、踊りやいろいろなことを学んでやっとデビューをするんです。うちのメンバーの長野(博)くんという、ご飯とかにこだわってる方は、10年くらいジャニーズJr.をやってデビューしています。(自分には)そういう経験が全然なかったので、最初にグループで出たドラマでは、本当に怒られました」と新人時代を振り返った。

その後5~6年経つと、今度は知ったかぶりをする「わかったつもり時期」に入ったという。岡田は「僕で言うと、"シュガー時代"というのがあります(笑)。自分には何かがあるはずだと信じて、おかしくなる時期がみなさん来ると思うんですけど」と前置きをしながら、「あまりごはんを食べないようになって、でも糖分をとらなければ死んじゃうので、角砂糖を食べながら打ち合わせをするとか、本当によくわからない時代がありました(笑)」と、自分の苦い経験を思い出していた。

新社会人からの質問コーナーでは、「社会人としての仕事を楽しくする秘けつはありますか?」と仕事についての質問が飛んだ。阿部は、岡田の「シュガー時代」の話を受けて「僕の"シュガー時代”は、やらされてる感じがあって。お金も入ってきたんだけど、楽しくなかったですね。苦労をわかりはじめるのに5~6年かかりましたが、わかりはじめてから今にきていると思います」と自身の経験を語った。

岡田も「楽しくなってくるのは、周りの意図に気付く時だと思います。上司だったりクライアントだったり、この人はこういうつもりで準備してくれたんだなとか、作品のカットは理由があるんだなとかわかってくると関係も出来上がってくるし、楽しくなる。理解することを辞めないでほしいですね」とアドバイスを送った。

また、社会人へのエールを求められると、尾野は「私は『がんばれ』という言葉が嫌いでした」と話しはじめ、周囲を驚かせた。「自分がこんなにがんばっているのにどうしてこれ以上頑張らないと行けないのか。でも、がんばれという言葉を無理やり好きになって、いろんな人に『がんばれという言葉が好きなんです』と言っていたら、自然と前に進んでいました」と語ると、会場の新社会人たちも大きくうなずいていた。

最後に、主演の岡田は「20代というのは、しんどいことも多いです。自分は頑張っているのになんで認められないんだろうとか、みんな経験することです。でも30代になったら、自分はどれくらいか知ることができる、20代はそれを探す時期だと思うから、できるだけたくさんの方といい関係を築いて下さい。応援しています」と、20代の若者たちにエールを送った。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー

本音ランキング