「勤務先はブラック企業」は4人に1人

 

リスクモンスターは2月26日、第3回「仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表した。調査は1月23日~24日、20~49歳の男女600人を対象にインターネットで行われた。

「仕事・会社に対する勤続意欲」

「仕事・会社に対する勤続意欲」を聞くと、第2回調査同様「今後も勤め続けたい」(63.7%)が「勤め続けたくない」(36.3%)を大きく上回る結果となった。

自身の勤務先が「ブラック企業と思うか」と聞いたところ、「勤務先はブラック企業だと思う」(24.5%)、「勤務先はホワイト企業だと思う」(75.5%)という結果に。おおよそ4人に1人は自身が勤務する企業がブラック企業だと感じていた。さらに、男女別・年代別・未既婚別のいずれにおいても約4分の1がブラック企業と回答している。

「自身の勤務先がブラック企業と思うか」

勤労意欲と年収、出世願望との関係性

ブラック企業意識の有無と勤続意欲の関連性では、「勤務先がブラック企業だが、今後も勤めたい」が33.3%と、3人に1人が自身の勤め先をブラック企業と認識しながらも勤め続ける意思を示している。

勤続意欲についての年収別調査では、「今後も勤め続けたい」と回答した割合は、年収が高くになるにつれて高まる傾向の中、年収300万円未満では年収300万円以上に比べて10ポイント以上も回答割合が低い結果となった。

次いで、勤続意欲と出世願望の有無の関係性では、性別・年齢別・未既婚別のすべてのカテゴリにおいて、出世願望がある方が、勤続意欲が高い結果となった。

さらに年収と出世願望の関係性では、「出世願望なし」においては、約30%が「年収300万円未満」であったのに対して、「出世願望あり」においては、「300万円以上の全ての層」において、「出世願望なし」よりも構成比率が高い結果となった。

勤め続けたい理由、勤め続けたくない理由

「今後も勤め続けたい」理由では、1位「職場環境がいいから」(47.4%)、2位「安定した会社だから」(40.3%)、3位「やりがいのある仕事だから」(32.2%)という結果に。

勤め続けたい理由

そのほか、「300万円未満」においては、「残業が少ないから」(32.0%)、「女性が働きやすい職場だから」(21.3%)とライフスタイルに合っていることを理由に挙げているのに対して、「800万円以上」においては、「給料が高いから」(46.7%)、「福利厚生が充実しているから」(30.0%)と待遇の優位性を理由に挙げていることが特徴的だった。

一方、「勤め続けたくない」理由では、1位「給料が低いから」(52.3%)、2位「仕事にやりがいがないから」(34.4%)、3位「職場環境が悪いから」(28.0%)という結果になった。

勤め続けたくない理由

年収別では、「給料が低いから」が、いずれの層でも高い回答率となっている点が見受けられる他、「800万円以上」においては、回答率が0%の項目が多数存在しており、年収が下がるにつれて回答率の高い項目が増加していった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン