ケイシー・アフレック、ジブリ作品の声優を熱望!「僕は変わった声をしてる」

 

俳優のケイシー・アフレックが、自身が出演するSSペンドルトン号の救出劇を描いた映画『ザ・ブリザード』(2月27日公開)を日本のアニメ映画『千と千尋の神隠し』(01年)に例えて紹介した。

映画『ザ・ブリザード』で機関士シーバートを演じるケイシー・アフレック

アカデミー賞ノミネート経験も持つケイシーが本作で演じるのは、沈没が迫るタンカーの統率を急きょ執ることになった機関士シーバート。劇中では極限状態の船内で冷静かつ力強いリーダーシップを見せるケイシーが、吹き替え声優を熱望するほどスタジオジブリ作品の大ファンだと明かした。

ケイシーは本作を「スリルと感動が詰まった、とてもポジティブな映画」と説明。続けて、「美しい映像で奥深い人間ドラマを描いているという点で、僕が大好きな『千と千尋の神隠し』をほうふつとさせるところもある」と表現した。本作でのVFXを駆使した大迫力かつ鮮明な嵐の映像美と、沈没寸前のタンカーで皆が団結していく人間ドラマが、『千と千尋の神隠し』描かれた彩色豊かな世界観と、主人公・千尋の成長ドラマに類似すると部分があるというのだ。

そんなケイシーの夢は、ジブリ作品の声優を務めること。歴代スタジオジブリ作品の英語吹き替えは、『天空の城ラピュタ』(86年)でのムスカ役のマーク・ハミルや『猫の恩返し』(02年)のアン・ハサウェイ、『崖の上のポニョ』(08年)での耕一役のマット・デイモンなど、数多くの有名俳優たちが担当している。その一員を夢見るケイシーは、「僕は変わった声をしていると思う」とアピール。「みんなも僕は魅力的な声をしているって言ってくれるんだ」と周囲から評価されていることも打ち明けた。

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー

本音ランキング