ディカプリオが父親の顔を見せる『レヴェナント』ポスター公開

 

第88回アカデミー賞で最多12部門にノミネートされている俳優レオナルド・ディカプリオ主演『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)のポスタービジュアルと特別映像が26日、公開された。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ポスタービジュアル

オスカー4冠に輝いた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務める本作は、一人の男のサバイバル・アドベンチャーと人間の偉大な精神力を描いた作品。過去4作でアカデミー賞にノミネートを果たすもいまだ無冠のディカプリオが、悲願のオスカー獲得を狙う。

公開された映像では、ディカプリオ演じるヒュー・グラスの父親としての姿が見られる。熊に喉を裂かれ瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターのグラスは、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルドに見捨てられ置き去りにされてしまうばかりか、愛する息子を殺されてしまうが、"生きる"という純粋な意志によって復活。大自然の驚異の中、冬の寒さに耐え、交戦する部族の激しい襲撃を交わしながら、「息子を殺したやつらに絶対に復讐する」と自らに誓い、約300kmの旅を進んでいく。

この役作りについて、ディカプリオは「追求したのは、生き残ろうとする本能の一番奥にあるものを見つけ出すことだった」と明言。続けて、「父と息子の絆は、とても強い力で彼を突き動かす」と口にする。アカデミー賞2年連続受賞がかかっているイニャリトゥ監督も、「父と息子の愛を丁寧に描いた。それが本作の核となっている」と説明した。

イニャリトゥ監督の言葉を裏付けるように、公開されたポスターでは、小さな息子をいとおしそうに抱くグラスが上部に大きく描かれている。その一方で、息子のために復讐に燃える姿も捉えており、異なる2つの表情が見られる。


(C)2016 Twentieth Century Fox

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】JR西日本の車両・列車 第21回 阪和線用新型「225系5100番台」いよいよ7/1デビュー
[22:59 6/30] ホビー
結婚したくない理由、独身男性の2割が「経済的に不安」
[22:52 6/30] マネー
「ばくおん!!」キャラ&愛車のラバーマスコット、カプセル自販機に登場
[22:42 6/30] ホビー
クレジットカード不正使用被害額、3カ月で37億円 - 前期比39.6%増
[22:31 6/30] マネー
アニメ「この美術部には問題がある!」キャスト集合の放送直前特番
[22:31 6/30] ホビー

本音ランキング